【再犯?!】和歌山県の永長勇哉消防局員の経歴は?過去にも盗撮!? | ゆるゆる世間の気になること

【再犯?!】和歌山県の永長勇哉消防局員の経歴は?過去にも盗撮!?

地域

和歌山市で2022年6月に女性のスカートを盗撮していたとして、消防局員の永長勇哉容疑者が逮捕されました。

永長勇哉容疑者は懲戒免職処分になってしまったのですが、実は過去にも盗撮をしていた経歴があり、今回その件について調べてみました。

スポンサーリンク

永長勇哉 消防局員が起こした2022年の盗撮

和歌山市は6月に迷惑防止条例違反で逮捕された市の消防局員の男(39)を12日付けで懲戒免職処分にしました。男は5月、市内のリサイクルショップで女性2人のスカートの中にスマートフォンを差し入れて盗撮していたということです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/448c1e90a7a742e46e2d1986eb159c5d3239fe48

事件を起こしたのは5月で、50代女性のスカートにスマホをかざして盗撮をしようとしていた模様です。

スポンサーリンク

永長勇哉 消防局員は過去にも盗撮していた?

永長勇哉 消防局員は実は過去にも盗撮の経歴がありました。

その時は懲戒免職ではなく、6ヶ月の停職処分だったようです。

現場の状況としては、2015年に和歌山市内のレンタルビデオ店で女性のスカートにスマホをかざしていた所、従業員に見つかり逃走

マンションの敷地内で一度捕らえられた後、通報中に従業員の目を盗んで更に逃走し、警察は防犯カメラから特定し逮捕に至りました。

1度目の停職処分で反省したかと思いきや2度目をしてしまったために消防局としても責任をもって懲戒処分にしたのでしょう。

スポンサーリンク

世間の声|2度目に対して

盗撮の再犯率は36%のようで、多くの方がまた同じ過ちを繰り返してしまうようです。

永長勇哉 消防局員も抑えられなかったのでしょう。

2度目って….盗撮の再犯率高すぎ….

反省してなさすぎる。

これからも被害に合う女性が怖い思いをする可能性があるのは許せない。

公務員はストレスが多いのかな?

公務員という税金が支払われている場の人が犯罪を起こすなんて示しがつかなすぎ。

スポンサーリンク

まとめ

今回は永長勇哉 消防局員の過去の盗撮について調べてみました。

2度目については以下の記事から

タイトルとURLをコピーしました