大阪府泉大津 修学旅行で懲罰待機させた中学校校長の名前は? | ゆるゆる世間の気になること

大阪府泉大津 修学旅行で懲罰待機させた中学校校長の名前は?

事件

大阪府泉大津の市立中学校で、修学旅行中に異性の部屋で過ごしてルールを破った生徒2名が真夏のバスに待機させられて校長が厳重注意を受けました。

今回は、この中学校の校長についての情報について調べてみました。

スポンサーリンク

大阪府泉大津の中学校

今回、この件が起きたのは大阪府泉大津の市立誠風中学校であることが判明しています。

修学旅行で、岐阜県の飛騨高山に行った最終日に生徒が体調不良を訴えました。

スポンサーリンク

誠風中学校の校長の名前は?

今回の、一歩間違えれば熱中症で死亡していた可能性があるこの件

誠風中学校の校長の名前は向井説行さんであることが分かっています。

こちらの誠風中学校のホームページに今回の修学旅行の件についての反省文とともに書かれていました。

スポンサーリンク

まとめ

誠風中学校の校長の名前は向井説行であることが分かりました。

今回の件は熱中症の危険がある真夏のバスの中ということは健康面にかけていました。

しかし、ルールを違反した生徒も悪く、どちらか一方が悪いとするのも違います。

バスに2時間以上も待機させたというのは、生徒側の普段の態度にもよっぽど教員がしびれを切らした可能性も考えられるので真相解明が待たれます。

タイトルとURLをコピーしました