【ワンパンマン(ONE PUNCH MAN)】 211話 ネタバレ考察 神々の目覚め | ゆるゆる世間の気になること

【ワンパンマン(ONE PUNCH MAN)】 211話 ネタバレ考察 神々の目覚め

地域

サイタマとガロウの戦いもついに終盤

サイタマの技をことごとくコピーして強くなっていくガロウに対し、サイタマはどうなっていくのか?

今回はワンパンマン211話について考察、解説していきます。

スポンサーリンク

神々の目覚め

タイトルは「神々の目覚め」

扉絵ではガロウとサイタマが拳をあわせているシーンが描かれており背景は宇宙が描かれ二人によって何かが始まることが感じられます。

神々とつくことからもガロウとサイタマの二人を神々に例えているとしか思えない美しい扉絵となっています。

スポンサーリンク

モードサイタマでコピーするも

ガロウはモードサイタマを使うことで、サイタマの強さをコピーして強くなっていきます。

亜空間ゲートを多用してサイタマにパンチを食らわせるも、サイタマも反撃のパンチでカウンター

サイタマは、強くなっていくガロウの行動が読めてるかのように動いていきます。

そしてサイタマは、マジちゃぶ台返しで巻き上げた瓦礫を使って瓦割りをガロウに向かって放ちます。

ガロウがムカデ仙人を一刀両断した時に使った技を同じ描写で使い、サイタマがガロウの技をコピーします。

スポンサーリンク

そのためなんだろ?とは

ガロウの技をコピーして瓦割りを放ったサイタマは次の言葉を放ちます。

「俺の本気をコピーして俺を越えようってんだろ? やってみろよ そのためなんだろ?」

このセリフの「そのためなんだろ?」は「サイタマに本気を出させるためにジェノスを殺したんだろ?」と言う意味ですね

サイタマは、ガロウがジェノスを殺した意味を既に分かっていたようですね。

サイタマが瓦割りをコピーしたのも

「お前(ガロウ)は俺をコピーしたんだろうけど、その強くなったお前(ガロウ)を俺はコピーしてやったぜ。超えてみろよ」

と挑発するためでしょうね

スポンサーリンク

リミッター解除

サイタマの力をコピーして強くなっていくにも関わらずサイタマは更に強くなっていく

ここでガロウは疑問に思います。

「追いつけない….. いや離されている!?」

ほとんどの読者が

え?サイタマって強さカンストしてんじゃないの?と思ったことでしょう。

キングとの会話でも「俺はもうつよくなれないらしい」と言ってましたもんね。

しかし、過去にジーナス博士が放った「彼はリミッターがはずれていた」

ここから推測するに、サイタマは強さを制限する鎖などなく、成長できないという考え自体おかしいことが分かります。

ここまで予測してキングやジーナス博士の発言を考えていたら凄すぎますよね。

マグマにも即対応

154話でサイタマがマグマ風呂に入るシーンがありますが、そこでも最初はあつがっていたものの、すぐ慣れて、これもリミッターが外れていたがゆえに成長していたわけです。

スポンサーリンク

211話タイトル 「二乗」の真実

2話前の211話のタイトルは「二乗」

サイタマをコピーするも成長速度で離されていくガロウ

この成長速度について、サイタマは二乗で成長していることを示唆しているのかもしれません。

213話で伏線回収を考えて211話でタイトルを考えていたとなると凄いですよね!

スポンサーリンク

村田雄介先生のツイートとマジ嚔(くしゃみ)

そして成長しすぎたサイタマが放った必殺マジシリース「マジ嚔(くしゃみ)」

これで木星の表面を吹き飛ばします。(成長速度おかしい….)

ワンパンマン213話は2022年7月21日に公開されたのですが、ここで作者の村田雄介さんは同日に意味深なツイートをしていました。

の岩戸は開かれるだろう

これはまさにマジ嚔で木星の表面(アメノウズメ)が吹き飛ばされて、未知の存在である神の話が開始されることが示唆されています。

今後が期待ですね!

スポンサーリンク

木星から地球へ

マジ嚔で吹き飛ばされた後、ガロウはサイタマを突き放し亜空間ゲートで地球へ逃げていきます。

そして勝利を確信するも何故か真後ろにサイタマが?!

なんとサイタマは吹き飛ばされた直後に強烈なオナラをすることで一緒に亜空間ゲートに追いつき地球へ

そしてガロウの顔面に向かってパンチをし、仮面で覆われたガロウの顔が顕になりました。

スポンサーリンク

不吉な未来

地球へ到着したサイタマとガロウ

早く殺せよというガロウ

しかしサイタマは「お前を殺さないでくれってのがあのガキの遺言でもあるからさ」

と少年タレオとの約束を果たすつもりで殺さない方向へ

サイタマが「遺言」と言ってる意味として、ガロウが周りを見渡すとそこにはタレオの死体が….. 自分がタレオを殺してしまったことに泣き叫ぶガロウ

211話で市民やヒーローに対して「不吉な未来」とガロウは言ったはずが、実のところはガロウの心の支えであったタレオが死んでしまうというガロウにとっての「不吉な未来」が訪れてしまいました。

スポンサーリンク

サイタマとジェノス、ガロウとタレオの比較

「真っ先に救済したかったヤツ(タレオ)も俺のせいで」と嘆くガロウにサイタマは

「すがっていたのでは?」と投げかけるジェノスのコアを持ったサイタマの姿が….

ガロウは「あの力を持った人間がマトモな精神でしられる訳がねぇ」とある事を悟ります。

サイタマがガロウに対してあんなに怒りをあらわにし異常な力を発揮できていたのは、サイタマがジェノスにすがっていた、つまり大切な存在だっただったからなのです。

ジェノスタレオは、サイタマガロウにとっての人らしくあれる存在であり、ヒーローとして認めてくれる存在だったのです。

スポンサーリンク

時間の逆行 旧約聖書のオマージュ?!

ガロウはサイタマに「お前これからどうするんだよ?」というと

ガロウは「頼みがある」と言い、

ガロウは自分が成し得なかった「俺の拳」の最終最高奥義をサイタマに伝授するために技をコピーしてくれとお願いします。

技を開始しようとするガロウ、すると同時に神が突然現れ

「黙れ 没収だ」と言い放ち

ガロウの力と命をホームレス帝のように没収しようとします。

そしてガロウは足からにされていきます。

どうして塩にされていったのかというと、旧約聖書の「ロトの妻の塩柱」が関係していると思われます。

旧約聖書で、神に振り返るなと言われたのに振り返ってしまったロトの妻が塩柱にされた話があり、ガロウも神に逆らってサイタマに力を授けようとして塩柱にされてしまいます。

Wikiより引用 死海のほとりのソドム山にある「ロトの妻の塩柱」

技を伝授する中でサイタマの体を構成する素粒子が反粒子となり時間が逆行します。

スポンサーリンク

ゼロパンによる決着

そしてサイタマが時間を逆行する途中で「不吉な未来」と発言するガロウを発見

そしてそのガロウに対してパンチを放ちます。

「木星の衛生で異常成長をとげたパンチ、それが時間を遡り放つ前に炸裂した」

因果が逆転し、絶対不可避のワンパンならぬゼロパンによる決着

ゼロパンがどういうことかというと

今回は、木星での戦いで得た「後で得たはずの力」のパンチが、それを得るよりも前にガロウへ炸裂したわけです。

スポンサーリンク

まとめ ジェノス生きてる世界線へ

ゼロパンが炸裂した後、未来のサイタマと過去のサイタマが融合し、皆がまだ生きていてガロウが吹き飛ばされている時間軸となります。

ガロウは何が起こったのかわからない様子で神からもらった力が漏れていきます。

そしてジェノスも生き返り、サイタマに会えた嬉しさで頭突きを食らわせます笑

211話はこれで終了します。

今後はこの神が何者なのか? ガロウはどうなるのか?について関心が高まっていきますね!

タイトルとURLをコピーしました