ブックオフオンライン

記事一覧

‘SKET DANCE’ に関する記事一覧

開盟ランチタイムショーにて放送事故が発生

2009/08/25 
[SKET DANCE]
武士

私立開盟学園の給食の際に流れる「開盟ランチタイムショー」。

その記念すべき初のTVスペシャルの放送中、いきなりの放送事故が起きてしまった。

今回の放送は女子人気ナンバー1、榛葉道流くんによる料理教室。ハンバーグを作る、という主旨の内容だったようだが、一緒に出演をしている生徒会のメンバー、安形惣司郎くんはやる気がまったくなし、浅雛菊乃さんは機嫌が悪いと、開始早々怪しい雲行きを見せていた。

案の定、番組中ではハンバーグのタネでキャッチボールをしたり、あさりの酒蒸しといったメニューにないものを安形くんが作り出すなど進行は滅茶苦茶。

さらに、主役であった榛葉さんも料理酒の匂いを嗅いで泥酔、共演者を口説き、その後、料理酒を求めて大暴れするなど、収集がつかなくなったところで強制終了となった。

いきなりの放送事故を起こしてしまった「開盟ランチタイムショー」だが、次回は科学の中馬鉄治先生による「やさしい爆弾作り講座」が決定しており、さらなる危険なテーマに、放送部の手腕が問われるところである。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

伝説のクソゲー「壊れてしまった特別な真理子」

2009/06/02 
[SKET DANCE]
武士

マニアの間でエンディングが感動的と大人気のゲーム「壊れてしまった特別な真理子」。
山野辺邦夫教諭(地理担当)の依頼によりスケット団がそのクリアーに乗り出した。

この「壊れてしまった特別な真理子」、クソゲーだけに使えるハードからしてすでに特殊。「ファンシーユンピョウター」なるハードでプレイをしなくてはならない。
「ファンシーユンピョウター」はコントローラーのボタンがA~Uの21個、十字キーに至っては凸ボタンと下ボタンが存在しないという操作性の悪さを誇っている。

さて、そんな「ファンシーユンピョウター」で遊ぶ「壊れてしまった特別な真理子」だが、主人公のマリコ(OL)を操り、不倫相手の上司を倒すのが目的というアクションゲーム。一見「スーパーマリオ」とそっくりだが、「ドラゴンクエスト」のようなRPGパートや3Dダンジョンパート、謎解き要素のアドベンチャーパートなど随所にプレイヤーを飽きさせない要素が盛りだくさんだ。

スケット団の面々は果たしてこの難解なゲームをクリアーできるのか? 感動のエンディングを目指し、彼らの挑戦が始まる。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

ボッスンに双子の兄弟現る

2009/05/20 
[SKET DANCE]
武士

スケット団リーダーの藤崎佑助くん(ボッスン)に双子の兄弟がいたことが発覚。しかもその兄弟とは、藤崎くんのライバル、生徒会執行部の椿佐介くんとのこと。

藤崎くんは出産時に両親をふたりとも交通事故で亡くしており、母親の親友が彼を代わりに育てていた。ところが出産時、じつは藤崎くんには双子の兄弟が一緒に生まれていたという秘密が発覚。

ふたりを取り上げた産婦人科医である椿くんの養父によると、交通事故を起こしてしまった責任感、自分たち夫婦には子供がいなかったこと、母親の親友に子育てふたり分の負担は背負わせられない、そういった思いから椿くんを内緒で引き取ることを決心したようだ。

今まで犬猿の仲とされながらもどこか似ている雰囲気を持っていた藤崎くんと椿くん、それぞれがそれぞれの育ての親から真実を聞かされた今、どんな行動に出るのか?
今後のふたりの動向に注目が集まる

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

ロマンさん、ついに漫画家デビューへ

2009/02/24 
[SKET DANCE]
武士

漫研所属の早乙女浪漫さん(17)が高校生漫画家としてデビューを飾った。
気になるデビュー作は「やにわにテンプテーション」。『別冊マーガリン』にて「金のジャムバター賞」に入賞、審査で一番注目を浴びた漫画として即読み切り掲載となったようだ。

浪漫さんは日頃から少女漫画のようなリアクションや発想で「ロマンティックボマー」との異名を持ち、その持ち味を十分に活かした内容が今回の高評価に繋がったとのこと。

実際に「やにわにテンプテーション」を読んだボッスンさんによると、「内容や絵はむちゃくちゃだがスルーできないおもしろさがある」とコメント。

自身の夢であった漫画家デビューを果たした浪漫さん、今後の活躍が非常に楽しみである

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

グレートビッグジャンボラーメン、敗れる

2009/02/03 
[SKET DANCE]
武士

全国でも最難関を誇る超重量ラーメン、その名も「グレートビッグジャンボラーメン」がついに破られ完食された模様。

グレートビッグジャンボラーメンは麺8玉に野菜炒めがのって総重量7kgというオバケラーメン。しかも完食したのは女子高生というのだから驚きである。

今回、完食を果たしたのは高橋千秋さん(ソフトボール部キャプテン)。彼女は学校でも大食い早食いと有名で、その食べるスピードは凄まじく、食べる瞬間が見えないため、「消えるキャプ食い」と称されている。

今回のラーメンも開始3分で半分を消化、楽勝かと思われた。
ところが、ここで高橋さんが煮卵を食べられないことが発覚。5分で他の具は全て完食したものの、煮卵は残ってしまう。

煮卵を食べたらリバースしてしまう、と訴える高橋さんに対し、周囲は「煮卵をソフトボールの白球と見立てては?」と提案。
その提案が功を奏し、高橋さんは見事完食。

ここに伝説を残した。

[追記]
その後、完食を果たした高橋さんだが、公園にて寂しげな後姿を目撃されている。
ラーメンをリバースしてしまったのか? その真相は定かではない。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

スケット団、新バンド結成

2008/07/20 
[SKET DANCE]
武士

開盟学園の学校行事「カイメイ・ロック・フェスティバル」に向けて、藤崎佑助さん(ベース)、鬼塚一愛さん(ギター)、笛吹和義さん(ドラム)の3人がバンド「The Sketchbook」を結成した。

もともと3人はそれぞれ別のメンバーとバンドとして出場を予定していたが、藤崎さんのバンドはギター担当が右腕骨折、鬼塚さんのバンドはメンバー全員がヤバ沢ウイルス(インフルエンザ)に感染、笛吹さんのバンドは音楽性の違いにより解散と3人のバンドとも空中分解していた。

そこでスケット団のリーダーでもある藤崎さんが他のふたりを誘い、スケット団でのフェス出場を目指し、新バンドを結成した。

また、フェスにはスケット団のライバルでもある「生徒会」の出場も決まっている。スケット団と生徒会は今までにTV番組の企画などでの対決をしてきたこともあり、今回も何らかの衝突が起こることは間違いないと思われる。

現在フェスには11組のバンドが出場を決定、当日の盛り上がりが非常に楽しみである。

武士(221) 週刊少年ジャンプ

吉彦くんが生まれて初めてのホームラン

2008/05/13 
[SKET DANCE]
河野

先日スケット団が作った紙芝居を却下した唐松源三郎校長が、またスケット団に依頼をした。前回同様、孫の吉彦くん(小学一年生)の子供らしい笑顔が見たいので、今度は一緒に遊んでほしいというもの。

部長のボッスンこと藤崎佑助くんらがいろんな遊びを提案するものの、なかなか乗り気ではなかった吉彦くんだったが、公園での野球には興味を持ったらしく、生まれて初めて打ったホームランの感触に酔いしれていた。相当うれしかった様子。唐松校長が望んでいた子供らしい笑顔も見れた。

数日後、感謝の気持ちとして「あまったからくれてやる」という手紙と一緒に高級ソファが部室に届いた。吉彦くんの父親は大手家具メーカーの社長だった模様。

河野(177) 週刊少年ジャンプ

創作桃太郎に「それ却下デース☆」

2008/04/22 
[SKET DANCE]
河野

ボッスンこと藤崎佑助くんが部長を務める、私立開盟学園高等学校・学園生活支援部、通称スケット団はこれまでにもさまざまな依頼を解決してきたことで有名だ。今回の依頼者は唐松源三郎校長で、その依頼内容は孫の吉彦くん(小学一年生)の子供らしい笑顔が見たいので創作紙芝居を作ってくれというものだった。

スケット団はこの依頼に対し、桃太郎をベースにアレンジを加えた紙芝居を創作した。
冒頭の「むかしむかし、あるところに」を「時はそう遠くない未来、○△×-251地区に」と変更して、SFテイストを盛り込むなど大胆なアレンジを加えた。また、回想シーンに登場したおばあにゃんの女学生時代の流行語「それ却下デース☆」は後に重要なキーワードになると伏線を張ったものの、最後まで出てこなかった。

なお、校長の感想は「それ却下デース☆」だった。

河野(177) 週刊少年ジャンプ