ブックオフオンライン

記事一覧

‘NARUTO’ に関する記事一覧

謎の男、ペインさんの正体が発覚

2009/02/24 
[NARUTO]
武士

輪廻眼を操る6人の忍、ペインさん。倒しても倒しても復活するということで、その能力の謎の解明が急がれていた。
そしてついにその正体が発覚した模様。

ペインさんの正体は自来也さんの3人の弟子のひとり、「長門(ながと)さん」。その術の仕組みは、長門さんが死体に打ち込んだ受信機に対してチャクラ信号を送り、6体の死体を操るというもの。そして、本体が無事であれば、6人を復活させることも、他の死体を補充することも可能のようだ。
また、この術の使用には本体である長門さんが、チャクラ信号を送信するために効率的な高い場所に位置する必要があるとのこと。

つまり、6人のペインさんはラジコンのようなもので、本体を倒すことが弱点となっている。

以上のようについにペインさんの謎を解明した木の葉側。本体である長門さんを捜索し、反撃の機会を狙っている。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

ナルトさん、修行の成果を発揮

2009/01/27 
[NARUTO]
武士

木の葉の里のピンチに駆け付けたナルトさん、6人のペインさんのうち、早くも4人を撃破、ペインさんを圧倒している。

ナルトさんは、修行の成果である「仙術」を操り、ペインさんふたりを打撃でKO、さらに必殺技である「螺旋手裏剣」を発動、3人目を撃破。

その後、口寄せされたガマ文太さんの口の中にペインさんをおびき寄せ、両手で「螺旋丸」を繰り出す「螺旋連丸」を繰り出し、4人目の撃破に成功と、修行の成果を見せつけた。

暁との対戦に備え、妙木山にて仙術修行をしていたナルトさんだが、木の葉の里を壊滅に追い込んだペインさんをたったひとりで追い込むなど、もはや木の葉最強の忍びといっても過言ではないだろう。

五代目火影である綱手さんが力を失ってしまった今、木の葉の未来はナルトさんにかかっている。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

木の葉隠れの里が壊滅

2008/12/24 
[NARUTO]
武士

忍び五大国中、最強の里である木の葉隠れの里が壊滅した。

壊滅に追い込んだのは雨隠れの忍、ペインさん。木の葉隠れの里の上空より、「神羅天征」の術を発動、里の中心から外側に向けすさまじい衝撃波を発生させた。
その衝撃により里のすべての建物は吹き飛び、正確な被害や生存者は現在のところ不明。

今回、ペインさんは死体を操る謎の術を主体に、たった7人(そのうち死体が5体)で里を攻撃、対する里側はなす術もなく壊滅させられてしまった。
だが、木の葉最強の忍び、うずまきナルトさんが現場に口寄せされるという情報も入っており、この2人の激突は間違いないだろう。

もし、ペインさんが勝利した場合、尾獣すべての力を暁が集めることになるため、この戦いに忍びの世界の平和がかかっていると言っても過言ではない。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

【訃報】はたけカカシさん、死去

2008/11/12 
[NARUTO]
武士

木の葉の里のコピー忍者、はたけカカシさんが亡くなった。享年29歳。現在、木の葉の里を襲撃中のペインさんとの戦闘において殉職。どうやら、秋道チョウジさんをかばい、すべてのチャクラおよびスタミナを使い果たしてしまったことが原因のようだ。

カカシさんは5歳で下忍、6歳で中忍、13歳で上忍になった「木ノ葉隠れ」きっての天才忍者で、29歳とそのあまりにも早い死に、周囲の落胆は相当のものと思われる。

木の葉の里では、うちはサスケさんの里抜け、多くの上忍の殉職、伝説の三忍の自来也さんの死、そして今回のカカシさんの死など次々とその戦力に大きな犠牲がでており、今後の存続も危ぶまれる事態に陥っている。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

木の葉の里に6人のペインが襲撃

2008/10/06 
[NARUTO]
武士

「暁」のリーダー、ペインさんが九尾の尾獣を手に入れるべく、木の葉の里を襲撃した模様。ペインさんは伝説の3忍と呼ばれる自来也さんを倒すほどの実力で、最強の術と呼ばれる輪廻眼を操る6人の忍びである。
現在は木の葉の里で能力解明が行われているようだが、まだまだその能力は明らかになっていない。

そのペインさんが木の葉の里を襲撃を予定している、ということで結界班による結界が張られていたようだが、ペインさんは結界を正面から突破。里内にて口寄せやミサイルのような兵器を発射するなど、早くも大きな被害が出ているようだ。

奇襲ということもあり、今のところ戦況はペインさんが有利のようだが、うずまきナルトさんが仙術による修行を終えた、との情報も入っており、これから木の葉の里の反撃が行われることは間違いないと思われる。

武士(221) 週刊少年ジャンプ

「鷹」、八尾の尾獣を撃破

2008/09/08 
[NARUTO]
武士

うちはサスケさん率いる「鷹」が八尾の尾獣、キラービーさんを撃破、捕獲した模様。

キラービーさんは尾獣の力を解放し、牛の体にタコの8本の足を持つという怪物に変身、岩山を一撃で吹き飛ばすなど、「鷹」を圧倒する力を見せていた。

だが、負傷したサスケさんを身を呈して守る仲間たちにサスケさんが発奮。新たな「万華鏡車輪眼」を解放、消えない黒炎「天照」を発動し、キラービーさんを撃破した。

さらに、今まで「天照」を発動したら最後、すべてを燃やしつくすまでは誰にもコントロールすることはできなかったが、新たな「万華鏡車輪眼」を手に入れたサスケさんは今回の戦いの中で「天照」の黒炎を制御することに成功したとの情報も入っている。

今回、八尾を手に入れたことにより、尾獣を集める「暁」は九尾以外の尾獣をすべて集めたことになった。

尾獣の力を手に入れた「暁」と新たな力を身に付けたサスケさん率いる「鷹」。木の葉の里との全面戦争は時間の問題と思われる。

武士(221) 週刊少年ジャンプ

八尾の尾獣、その真の姿は「巨大な牛」

2008/08/25 
[NARUTO]
武士

現在、うちはサスケさんらと交戦中の八尾の人柱力、キラービーさんが尾獣の力を解放した模様。キラービーさんの真の姿は牛の体にタコの8本の足を持つ怪物だった。
しかもその姿は岩山よりも大きく、サスケさんら「鷹」のメンバーも思わず言葉を無くしてしまうほどのサイズ。

キラービーさんは第一段階の尾獣のチャクラを身にまとった状態で、すでにサスケさんらを圧倒していたが、真の姿を現すことでさらにパワーアップした模様。

それに対し、「鷹」はリーダーのサスケさんは幻術を破られたうえ、大ケガを負い治療中。他のメンバーの攻撃もほとんど通用していない。
打倒木の葉のために結成された「鷹」だが、初陣にて早くも危機的状況に陥っているようだ。

武士(221) 週刊少年ジャンプ

八尾の人柱力、尾獣の力を解放か

2008/08/12 
[]
武士

八尾の人柱力「キラービー」さん(本名不明)が自身の持つ八尾の力の解放を宣言した。どうやら、現在交戦中でもある、うちはサスケさんが率いる「鷹」との決着を一気につける算段のようだ。

この八尾の力を持つ雷の国の忍、キラービーさん、戦いの最中にラップを歌ったり韻を踏んだライムを考えているなど、ちょっと変わった忍のようだがその実力は折り紙つき。
7本の刀を自在に操り、うちはさんの必殺技「千鳥」と同じように刀にチャクラを流すことができ、うちはさんを翻弄する場面も見られている。

キラービーさんは現在、4対1という圧倒的不利な戦いを強いられており、八尾の力を解放することで切り抜けることができるのか。その真の力に注目が集まるところである。

武士(221) 週刊少年ジャンプ

ナルト、妙木山での修行へ

2008/07/14 
[NARUTO]
武士

木の葉の忍者、うずまきナルトさんが新たな修行に入ることが判明した。
ナルトさんの師匠である自来也さんを倒したペインさんを倒すために仙術の修行に入るようだ。

さらに、今回の修業は自来也さんの師匠であるガマ仙人が自来也さんにたたきこんだというスペシャルコースとのことで、ナルトさんのさらなるパワーアップが期待されている。

それに対し敵対する「暁」では、自来也さんを倒し、何度死んでも生き返るという能力を持つペインさん自らが木の葉の里せん滅のため動き出した。
現在木の葉の里では自来也さんが最後に残したメッセージを解読し、ペインさんの謎を解くための研究が急がれている。

また、うちはサスケさんが率いる「鷹」も八尾の人柱力を求め「雷の国」に訪れているようだ。
「木の葉」「暁」「鷹」三つ巴の戦いがますます激化すると思われ、今後の動向に注目が集まっている。

武士(221) 週刊少年ジャンプ

うちはサスケさん、木の葉殲滅を宣言

2008/06/03 
[NARUTO]
武士

うちはサスケさんが出身でもある、木の葉の里の殲滅を宣言した。それに伴い、サスケさん率いる小隊も「蛇」より「鷹」に名称が変更された。

サスケさんはなぜ、自身の出身でもある、木の葉と戦う決心をしたのか?

もともとサスケさんは、家族やうちは一族を殺したサスケさんの兄でもある、うちはイタチさんを追い、木の葉の里を脱藩していた。その後、イタチさんを倒し、復讐を果たしたサスケさんであったが、同じくうちは一族である、うちはマダラさんの情報提供により、イタチさんについての真実を知ったとのこと。

マダラさんによると、イタチさんはうちは一族と木の葉の里の戦争を止めようとしており、その中でも、弟のサスケさんだけは殺すことができず、その後もサスケさんには憎まれながらも、兄としてサスケさんを見守るような行動を取っていたようだ。

サスケさんは真実を知り、木の葉の里への復讐を決意した模様。さらに、サスケさんの目には新たな車輪眼の力も備わったとの報告もある。
また、サスケさんに情報提供をしたマダラさんだが、以前に木の葉の里を追い出され、今でも憎んでいる、といった発言をしており、今回の情報提供にも何かの企みがあるかと思われる。今後、マダラさんの動向にも注目したい。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,