ブックオフオンライン

記事一覧

‘BLEACH’ に関する記事一覧

黒崎さん、現世に復帰へ

2009/11/11 
[BLEACH]
武士

現世と尸魂界のはざまにある虚圏(ウェコムンド)にて戦いを続けていた黒崎一護さんだが、虚圏での戦いを終え、決戦の場である現世・空座町(からくらちょう)への移動を開始した模様。

破面(アランカル)側には、No.0を持つ最強の十刃(エスパーダ)、ヤミー・リヤルゴさんが残っていたようだが、その対応として死神側の隊長格らが登場。黒崎さんに代わり戦闘を開始した。

また、破面側のリーダー、藍染惣右介(あいぜんそうすけ)さんを倒せる可能性があるのは、藍染さんの能力に影響を受けていない黒崎さんのみ、ということが発覚。黒崎さんは最後の希望として期待を一身に背負うことに。

現在、現世では、藍染さん率いる破面側が優勢ということもあり、黒崎さんの参戦は死神側にとっては非常に心強い味方となるのは間違いないだろう。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

「破面」チーム内紛か、ハリベルさん戦闘不能へ

2009/09/30 
[BLEACH]
武士

ここまで死神3人を相手に孤軍奮闘を続けていた第3十刃のハリベルさんだが、決着は「破面(アランカル)」チームの総大将、藍染惣右介(あいぜんそうすけ)さんによる、まさかの同士討ちによって決まった模様。

藍染さんは第1十刃のコヨーテ・スタークさん、第2十刃のバラガン・ルイゼンバーンさんらのピンチに対し顔色を変えず動きをまったく見せずにいた。

ところがふたりが敗れ、動きを見せたかと思いきや、戦闘中のハリベルさんの背後に移動、そのままハリベルさんを一刀のもとに切り捨ててしまったようだ。

藍染さんによると、「破面」の面々は藍染さんの下で働くには力不足とのことで、その働きに見切りをつけたとのこと。

これにより、藍染さんの部下は元死神の市丸ギンさんと東仙要(とうせんかなめ)さんのふたりとなった。

はたして残った3人で死神、「仮面の軍勢(ヴァイザード)」の両勢力に対抗できるのか?藍染さんの真意が計られるところである。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

八番隊隊長、京楽さん本領発揮へ

2009/09/25 
[BLEACH]
武士

「破面(アランカル)」第1十刃、コヨーテ・スタークさんに対し、護廷十三隊八番隊隊長、京楽春水(きょうらくしゅんすい)さんが自らの斬魄刀「花天狂骨(かてんきょうこつ)」の力を解放した。

「花天狂骨」は子供の遊びを現実にするという一風変わった能力を持っており、たとえば、影鬼であれば相手の影を切ればダメージに、艶鬼(いろおに)は口にした色を攻撃することでのみ相手にダメージを与え、身につけた色が多ければ多いほど与えるダメージも受けるダメージも大きくなるというもの。

京楽さんはまず影鬼にて背後からスタークさんを攻撃、さらに艶鬼で死神の装束である「黒」を宣言、最もリスクの大きい色を選択した。

はたしてこの選択が吉と出るか、凶と出るか? 「破面」vs「死神」の第2戦も早くもクライマックスを迎えているようだ。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

「仮面の軍勢」VS「破面」2回戦のカードが決定

2009/09/09 
[BLEACH]
武士

「仮面の軍勢(ヴァイザード)」vs「破面(アランカル)」の2回戦は、2対2のタッグマッチに決定。

「仮面の軍勢」からはアフロヘアーの愛川羅武(あいかわらぶ)さんとナルシスト風な伊達男、鳳橋楼十郎(おおとりばしろうじゅうろう)さんのタッグで、どちらも元死神で護廷十三隊の隊長だった実力者。

対する「破面」からは第1十刃のスタークさんと、スタークさんの力の一部とされているリリネットさん。リリネットさんは十刃ではないものの、力を解放することでスタークさんの銃に変身、虚閃(セロ)を無尽蔵に打てるという能力を持っている。

そんなカードの対戦だが、序盤から早くも近距離戦を得意とする愛川さんがスタークさんを圧倒。トゲトゲのついた棍棒のような斬魄刀「天狗丸」により強力な打撃を炸裂させた。

ここからスタークさんの反撃があるのか? それともこのまま勝負が決まってしまうのか? 戦いは中盤に向けさらなる加速を見せている。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

「仮面の軍勢」VS「破面」一回戦はオウンゴールで決着

2009/08/25 
[BLEACH]
武士

「仮面の軍勢(ヴァイザード)」VS「破面(アランカル)」一回戦は第2十刃、バラガン・ルイゼンバーンさんが自らの「老い」の能力による自滅によって決着。

護廷十三隊二番隊隊長、砕蜂(ソイフォン)さんによる至近距離からの「雀蜂雷公鞭(じゃくほうらいこうべん)」の直撃にも耐え、反撃に転じたところでのあっという間の出来事だった。

すべての攻撃を耐えきるタフさと、防ぐことのできない「老い」の力の前にバラガンさんの勝利はほぼ確実のものと思われていたが自体は一転、元鬼道衆副鬼道長、有昭田鉢玄(うしょうだはちげん)さんが自身の腕を犠牲にし、老いの力をまとわせた腕をバラガンさんの体内に転送。その腕から自分の体に「老い」の力を伝染させてしまい、自らの能力で自らを滅ぼしてしまう形となった。

「仮面の軍勢」と死神のタッグの勝利となった第一戦、即席とは思えないチームワークの良さを見せつけ、今後の活躍に更なる期待が高まっている。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

死神と仮面の軍勢のタッグが結成

2009/08/11 
[BLEACH]
武士

死神と「破面(アランカル)」の戦いに突如参戦する構えを見せた「仮面の軍勢(ヴァイザード)」。

「仮面の軍勢」は死神に対して敵対心を持ってはいるものの、その一部では「破面」にと死神との間で協力しあう者たちも出てきたようだ。

今回、タッグを組んだのは護廷十三隊二番隊隊長、砕蜂(ソイフォン)さんと元鬼道衆副鬼道長、有昭田鉢玄(うしょうだはちげん)さん。老いを操る第2十刃、バラガン・ルイゼンバーンさんに対して共同戦線を張り、攻勢に転じる模様。

老いの力によって鬼道や卍解すら無力化してしまう能力を持つバラガンさんに対し、果たしてどのような戦い方を見せるのか?ふたりのチームワークに期待したいところ。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

死神VS破面の戦いに、仮面の軍勢が参戦

2009/07/08 
[BLEACH]
武士

現在、空座町のレプリカにて交戦中の死神と「破面(アランカル)」。その戦いに、かつて死神でありながら虚の力が発現してしまい、尸魂界(ソウル・ソサエティ)を追放されてしまった「仮面の軍勢(ヴァイザード)」がその戦いに姿を現した。

「仮面の軍勢」のメンバーは、「虚(ホロウ)」が自身の仮面を割ったことで破面となったのに対し、逆に仮面を被ることで虚特有の力を発揮することができる。
また、もともとは護廷十三隊の隊長格を務めていた実力者ぞろいということもあり、その戦闘力は現在の隊長たちよりもかなり上との噂も。

死神、破面、どちらの側にも属さず、沈黙を保っていた「仮面の軍勢」。今後どういった動きを見せるのか? 舞台へ新たな役者が登場し、事態はますます激しさを増していく模様。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

日番谷さん、奥義解放へ

2009/05/27 
[BLEACH]
武士

護廷十三隊十番隊隊長、日番谷冬獅郎さんが奥義を解放する動きを見せている。

日番谷さんは現在、第2十刃(エスパーダ)ハリベルさんと交戦中で、ともに水や氷と同系統の能力を持っているため、一進一退の攻防を続けていた。お互いに自分の武器となる水気が周辺に満ちるのを待っていたようだが、ここにきて日番谷さんが先に動きを見せた模様。

日番谷さんによると、「氷輪丸(ひょうりんまる)」は氷雪系最強の刀ということで、水分がなくとも天候自体を操り技を繰り出せるとのこと。今までに卍解状態で試したことはないが、このままではらちが明かないと、一気に勝負を決めるつもりのようだ。

その最強奥義の名は「氷天百華葬(ひょうてんひゃっかそう)」。

この奥義で勝負が決まるのか?
日番谷さん最強の奥義の解放で、戦いの終結も間近と思われる。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

最強のエスパーダはなんとヤミーさん?

2009/04/22 
[BLEACH]
武士

1~10の数字を持ち、数の少ない順に強いとされる「十刃(エスパーダ)」。なんとここにきてNO.10の数字を持つヤミー・リヤルゴさんが最強との見方が有力となってきた。

今までのところ、油断をし腕を切り落とされてしまったり「虚夜宮(ラス・ノーチェス)」から落とされてしまうなど、見せ場的にはあまりなかったヤミーさんだが、真の能力を発揮、その力を解放した模様。

ヤミーさんによると、本来「十刃(エスパーダ)」のナンバーは0~9であり、ヤミーさんはそのなかでも蓄えた霊圧によってナンバーを変えられるという能力を持っているとのこと。その上、今回解放した霊圧によりそのナンバーも変化、なんと最強の0のナンバーを持つことが発覚した。

能力を解放したヤミーさんは元の姿の10倍以上にも巨大化、果たしてナンバーと同じく「十刃(エスパーダ)」最強の力を発揮するのか?死神VS虚(ホロウ)の戦いはますます激化を見せている。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

黒崎さん、ウルキオラさんを撃破

2009/03/31 
[BLEACH]
武士

戦闘不能の状態から異形への変身、反撃を開始した黒崎一護さんが圧倒的な力でウルキオラ・シファーさんを撃破した。

黒崎さんにより腕をもぎ取られたウルキオラさんは、自身の得意能力である超速再生により腕を再生、あまりの破壊力のため、自身も傷つく可能性があるとされる「雷霆の槍(ランサ・デル・レランパーゴ)」で反撃を試みる。

だが、変身後の黒崎さんは「雷霆の槍」を片手で受け止め、ウルキオラさんを一刀のもとに切り捨てた。その上、倒れたウルキオラさんを押さえつけ、近距離からの虚閃を放ち、その勝利を確実なものにした。

その圧倒的な破壊力、虚閃や響転など、まさに虚と化した黒崎さん。戦いに勝利した後には正気に戻るのか?
黒崎さんの様子からはその兆候は見えていない。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,