ブックオフオンライン

記事一覧

‘金田一少年の事件簿’ に関する記事一覧

剣持勇容疑者を緊急指名手配

2009/05/22 
[金田一少年の事件簿]
てぬぐい

警視庁捜査一課は、同課所属の剣持勇容疑者(48歳)を、魚崎葉平さん殺害の容疑で、緊急指名手配した。

ホテルの浴室で魚崎さんが殺害された当時、剣持容疑者は支給の拳銃とともに行方不明となっており、前日に発生した毒島陸さん銃撃事件にも関連があると見て、殺人未遂の容疑もあわせての手配となった。

剣持容疑者は身長182cm、失踪当時の服装は黒っぽいスーツにソフト帽をかぶっていた。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン , ,

都内で銃撃事件

2009/04/25 
[金田一少年の事件簿]
てぬぐい

昨夜都内で、毒島陸さん(20歳)が拳銃で銃撃される事件が発生した。

現場近くで凶器と見られる拳銃が発見され、弾丸と旋状痕も一致している。
問題の拳銃は警視庁が制式採用している、スミスアンドウェッソン社のM37で、現職警官への貸与品であることが判明。

被害者と所有者である警官には、三年前のある事件で接点があり、怨恨による銃撃との観測もあるが、現職警官にかかわる事件だけに、捜査一課も慎重な対応を進めている。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン , ,

井沢研太郎容疑者を、緊急逮捕

2008/07/09 
[金田一少年の事件簿]
てぬぐい

軽井沢の別荘地で起こった連続殺人事件は、容疑者井沢研太郎の緊急逮捕で幕を閉じた。
二日間でふたりの犠牲者を出した事件は、現場に居合わせた高校生探偵、金田一一くんの推理によって、井沢容疑者が犯人であることが突き止められたが、井沢容疑者はさらに火祀星子さんを手にしたナイフで刺殺しようとし、その際金田一くんが負傷した。

井沢容疑者は現在、警察の調べに素直に応じており、事件の発端となった10年前の一酸化炭素中毒による一家3人の死亡事故が、事件性のあるものであったことなどを語っている。
警視庁は、重要参考人として火祀星子容疑者の聴取を開始しており、首謀者の火祀青竜容疑者ほかを、被疑者死亡のまま送検する見通し。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン

閑静な別荘地で猟奇殺人か

2008/06/06 
[金田一少年の事件簿]
てぬぐい

別荘地として有名な軽井沢でのなかでも、さらに奥まった閑静な一角に建つ洋館「葡萄の館」(火祀暁氏所有)で、火祀九曜氏の遺体が発見された。

現場となった葡萄の館に、偶然宿泊していた金田一一くんの通報により、警視庁刑事部捜査一課が捜査に乗り出している。検死の結果によれば、九曜氏の死亡推定時刻は前夜11時半から12時半の間と見られ、昨日この洋館に宿泊していた人物を中心に、捜査が進められている。

なお、火祀家には黒魔術の儀式が代々伝わっており、今回もその儀式が行われた直後の遺体発見であったため、周囲にはその呪いだと信じる声もあると言う。
金田一くんが居合わせる事件現場では、連続して被害者が出ることが多いため、一刻も早い謎の解明と、犯人の逮捕が望まれる。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン ,

犯行の動機は受験トラブル

2008/04/24 
[金田一少年の事件簿]
河野

梔子荘で起こった血溜之間殺人事件の容疑者として不動高校の海峰学くんが逮捕された。囲碁部合宿のため梔子荘を訪れた、開桜学院・星桂馬さんが何者かに殺害され、当時全員にアリバイがあると思われたが、名探偵を名乗る、不動高校の金田一一くんによって解決された。

白黒バラバラになった碁石をきっちり分けて集めたことが海峰くんのアリバイとなっていたが、金田一くんによると、碁石を釣り具の極細テグスで繋いでいたために一瞬で集めることが可能だったとのこと。他にも今回の犯行計画に関するすべての謎解きをした。

殺害の動機は、名門校である開桜学院に補欠合格した星くんが自分が繰り上げ合格したいために、すでに合格していた海峰くんの名を偽り、勝手に辞退を申し出たことによる。その後、海峰くんの母親がショックのためノイローゼとなり自殺するなど、今回の犯行について同情の声も多い。

河野(177) 週刊少年マガジン

梔子荘にて高校生のバラバラ殺人事件が

2008/04/10 
[金田一少年の事件簿]
河野

梔子荘にて星桂馬さんの死体が納戸から発見された。なお頭部は切断されており、血溜之間で先に発見された。死亡推定時刻は午前一時前後と思われる。

現在、警視庁の剣持警部を中心に操作が続けられ、開桜学院との囲碁部合宿対戦のために梔子荘を訪れていた、不動高校の金田一一くんが協力してアリバイ検証をしている模様。
金田一くんは「ジッチャンの名にかけて」と自分が犯人の可能性を考慮しない発言を繰り返している。

河野(177) 週刊少年マガジン