ブックオフオンライン

記事一覧

‘柴田ヨクサル’ に関する記事一覧

伝説の女流棋士、チッチさん参戦

2009/05/29 
[ハチワンダイバー]
武士

今から30年前、わずか10歳で女流プロ入り、12歳で名人位を獲得した天才少女「チッチ」こと千鳥チコさん、その後行方不明となっていたが、ここ「独立将棋国家」にてキャバクラ嬢として生活していることが判明した。

10数年ぶりに姿を現した「チッチ」は酒をがぶ飲み、タバコをスパスパ吸い散らかすなど、将棋人口を300万人を増やしたと言われるアイドルの面影は全くなくなっており、当時ファンであった文字山ジローさんはショックを隠せないようだ。

だが、見た目は衰えたとはいえ、チッチさんの棋力は圧倒的で、澄野久摩さんには全駒取りで圧勝、続く文字山さんもあっという間に投了に追い込むなど、その強さは当時以上に凄みを増している。

果たしてチッチさんは鬼将会のメンバーなのか?彼女の今後の動きが気になるところ。

武士(221) 月刊ヤングジャンプ ,

将棋に勝ってメイドをゲット、限定100人が一瞬で満員に

2009/01/17 
[ハチワンダイバー]
武士

鬼将会アジトの地下に存在する独立将棋国家にて、前代未聞の勝負が執り行われる。
なんと将棋でメイドに勝つとそのメイドをゲットできるという、まさに夢のようなこの企画。勝者に与えられるメイドとなるのは中静そよさん(19歳)。通称「アキバの受け師」と呼ばれる女真剣師である。

本来であればこの独立将棋国家では、互いに掛け金を取り合い、獲得金額が100万円になると地下から出られるというルール。中静さんも掛け金を持っていないわけではないのだが、今回はお金ではなく自分自身を賭けての勝負に出たようだ。

ちなみにこの企画、参加者は負ければ1万円を中静さんに支払うことになっており、ゴールの金額、つまり100人集まった時点で参加は締め切りになるのだが、募集開始直後、一瞬で100人が集まる事態に。

さらに中静さんは100人同時に勝負するという100面打ちを宣言。独立将棋国家始まって以来の最大の祭りになることは間違いないだろう。

武士(221) 週刊ヤングジャンプ ,