ブックオフオンライン

記事一覧

‘村田雄介’ に関する記事一覧

日本代表が決勝進出

2009/01/27 
[アイシールド21]
武士

第一回アメフトワールドカップ、ついに日本代表が見事決勝進出を決めた。

1回戦、ロシアチームを補欠チームで勝利し、続く2回戦、ミリタリアチームを77対0で完封勝利。さらに準決勝はヨーロッパ最強のドイツチームと対戦、34対24と勝利を収め、決勝戦へとコマを進めることとなった。

ドイツ戦では小早川選手がヨーロッパのトッププロ選手、ハインリッヒシュルツ選手を抜き去り決勝点を挙げる場面や、日本ライン陣がヨーロッパ最強のラインと互角以上の戦いをするなど、日本のアメフトが世界に十分以上に通用することを証明した。

また、気になる決勝の相手はまだ決まっていないが、世界最強との呼び声も高いアメリカ代表になるだろうことは間違いないだろう。

世界一のチームはいったいどこなのか?
アメフト最強を決する戦いに世界中の注目が集まっている。

武士(221) 週刊少年ジャンプ , ,

阿含さん、自慢のドレッドに別れ

2009/01/20 
[アイシールド21]
武士

神龍寺ナーガのエース、金剛阿含さんが自慢のドレッドに別れを告げた。この突然の出来事はワールドカップ2回戦、日本対ミリタリア戦の選手入場時に起こった模様。

ミリタリアチームのゴメリー選手が「バリカンで長髪を強引に刈る」というパフォーマンスを行い、日本チームの中でもとりわけ目立っていた阿含さんのドレッドのセンター部分を刈り上げた。

瞬間、日本チームには緊張が走り、阿含さんの大暴れは間違いないと思われたが、意外にも阿含さんは無表情のままバリカンを取り上げ、残りのドレッド部分を自ら坊主に。
その上、チームメイトの蛭間妖一さんのからかいにも関わらず、大暴れはなし、事態はこのまま収まりを見せるかと思われた瞬間、「血祭りに上げる!」と憤怒の表情を見せた。

また、1回戦ではトラブルにより補欠メンバーでの試合であったため、日本の本当の実力が発揮されるのは2回戦が初めて。

阿含さんの怒りと日本スターティングメンバーの登場、ミリタリアチームの無事を祈りたい。

武士(221) 週刊少年ジャンプ , ,

USA代表、100点差をつけ圧勝

2009/01/06 
[アイシールド21]
武士

アメフトワールドカップ第一戦、優勝候補のアメリカ代表がついにフィールドに降り立った。

今回、アメリカ代表には奇跡のルーキーと呼ばれるアメリカ史上最強の5人のルーキーが集結しており、その戦闘力は圧倒的。

1回戦の対戦相手であるニュージーランド相手に105対0とその力を世界中に見せつけた。

また、試合中には代表選手のひとり、パトリック・スペンサーくんが人間の限界速と呼ばれる、40ヤード走4秒20の壁を破るという快走を見せタッチダウン。

その足で、現在まで最速と呼ばれていたアイシールド21こと小早川瀬那くんに世界最速を競い合う挑戦状を叩きつける場面も見られた。

日本代表は決勝戦まで進まなければアメリカとの対決はないが、ぜひ最速対決、優勝決定戦を見たいものである。

武士(221) 週刊少年ジャンプ , ,

日本代表、1回戦を無事突破

2008/12/24 
[アイシールド21]
武士

ワールドカップ第1回戦、ロシア対日本の試合が終了。34対20で日本が1回戦を突破した。

スターティングメンバーが補欠選手という異例の事態での試合開始だったが、その補欠メンバーが大奮闘、パワーのロシアを抑え込み、勝利を収めた。

さらに日本はパワーでもロシアを圧倒。ベンチプレス世界記録を持つロドチェンコ選手を中学生の中坊選手が完全にシャットアウトする場面や、試合途中から出場した峨王選手が右手一発で吹き飛ばすなど、テクニックのみならずパワーもあることを見せつけた。

2回戦の相手はフィンランドを撃破したミリタリア共和国。日本勢のますますの活躍に期待したい。

武士(221) 週刊少年ジャンプ , ,

ワールドカップ初戦は補欠が出場

2008/12/16 
[アイシールド21]
武士

アメフトワールドカップ第一戦、日本vsロシアにおいて、日本代表のスターティングメンバーがほぼ補欠で構成、という珍事が発生した。

どうやらレギュラーメンバーがユニフォームを忘れてしまったことが原因で試合に出場することができなくなってしまったようだ。

ところが、その補欠メンバーが大奮闘を見せており、現在までのところ、2タッチダウンとロシアを圧倒。補欠とは思えない抜群の活躍を見せている。

このまま一軍を出場させることなく勝利できるのか?
それともロシアの逆襲が始まるのか?

まだまだ試合は始まったばかりである。

武士(221) 週刊少年ジャンプ , ,

日本代表、スターティングメンバーが決定

2008/12/02 
[アイシールド21]
武士

高校アメフトワールドカップの日本代表スターティングメンバーが決定した。

スターティングメンバーは、以下のメンバー。

【オフェンス】
クォーターバック
蛭魔妖一(泥門デビルバッツ)
武者小路紫苑(西部ワイルドガンマンズ)

ランニングバック
小早川瀬那(泥門デビルバッツ)
大和猛(帝黒アレキサンダーズ)

ワイドレシーバー
雷門太郎(泥門デビルバッツ)
桜庭春人(王城ホワイトナイツ)
鉄馬丈(西部ワイルドガンマンズ)

センター
栗田良寛 (泥門デビルバッツ)

オフェンスライン
山伏権太夫(神龍寺ナーガ)
番場衛(太陽スフィンクス)
平良呉二(帝黒アレキサンダーズ)
中坊(中学生)

【ディフェンス】
ラインバッカー
進清十郎(王城ホワイトナイツ)
金剛阿含(神龍寺ナーガ)
筧駿(巨深ポセイドン)

セーフティ
甲斐谷陸(西部ワイルドガンマンズ)
円子令司(白秋ダイナソーズ)

コーナーバック
細川一休(神龍寺ナーガ)
本庄鷹(帝黒アレキサンダーズ)

ディフェンスライン
峨王力哉(白秋ダイナソーズ)
大田原誠(王城ホワイトナイツ)
水町健悟(巨深ポセイドン)
安芸礼介(帝黒アレキサンダーズ)

注目は何と言ってもトライアウトでスタメン入りした中学生の中坊選手。
気になる実力はまだ未知数だが、帝黒アレキサンダーズ最強の大和選手が認めたということもあり、今後が楽しみな選手のひとりである。

彼らが世界という舞台でどこまで活躍できるか?
アメフト世界一を目指して出発した彼らにエールを送りたい。

武士(221) 週刊少年ジャンプ , ,

ワールドカップ、代表候補が続々集結

2008/11/25 
[アイシールド21]
武士

高校アメフトワールドカップに向けて全日本選抜チームの結成が行われている。

関東からの候補選出は

小早川瀬那 ランニングバック
蛭魔妖一 クォーターバック
栗田良寛 センター
(以上、泥門デビルバッツ)

進清十郎 ラインバッカー
(王城ホワイトナイツ)

武者小路紫苑 クォーターバック
(西部ワイルドガンマンズ)

赤羽隼人 タイトエンド
(盤戸スパイダーズ)

金剛阿含 クォーターバック
細川一休 コーナーバック
(神龍寺ナーガ)

峨王力哉 センター
(白秋ダイナソーズ)

など、一部の選手を挙げただけでも錚々たるメンバーが集結。

また、今回の大会において、優勝チームの最優秀選手にはNFLの正式契約、および3億円の契約金、という破格の待遇が与えられるということもあり、各々の選手のやる気も並大抵ではないようだ。

果たして日本選抜の正式メンバーは誰になるのか?
世界一のチームを目指してぜひ頑張ってもらいたい。

武士(221) 週刊少年ジャンプ , ,

高校アメフト、関東勢が初優勝

2008/11/04 
[アイシールド21]
武士

全国高校アメリカンフットボール大会がついに決着。大会開始以来、優勝し続けていた帝国アレキサンダースを泥門デビルバッツが破り、関東勢初となる全国優勝を成し遂げた。

試合スコアは42対44と接戦を制した形だが、泥門は残り時間10分まで1点も取れない状態と完全にアレキサンダースに抑えられていた。
ところが、そこからまさかの大逆転である。

作戦会議なしのノーハドルを続けながらチーム一丸となって、WR雷門くんのロングパスキャッチ、RB小早川くんのランを成功させるなど、怒涛の追い上げ。
そして最後に試合を決めたのはK武蔵くんのキック、ポールのバーにぶつかりながらも、社会人ですら決めた人間のいない60ヤードもの距離を見事にゴールした。

そして、泥門の優勝が決まった瞬間、観客が警備員の制止を振り切り、フィールドになだれ込み選手を胴上げするなど、関東勢の悲願達成を祝福する大盛り上がりを見せている。

武士(221) 週刊少年ジャンプ , ,

女性クォーターバックの実力とは

2008/06/17 
[アイシールド21]
武士

現在行われている、全国高校アメフト大会「クリスマスボウル」。今大会中、唯一の女性選手である小泉花梨さんがついにフィールドに登場した。

全国から優秀な選手を集めており、オールスター軍団とも言われている帝国アレキサンダーズだが、その中において多くの選手を押しのけ、なぜ女性である小泉さんが1軍に所属しているのか?
その実力がついに明かされた。

最強チームでの一軍の秘密。それは小泉さんの究極に捕りやすいパスであった。
小泉さんは特にスポーツの経験はないようだが、ピアノやイラストで鍛えた指先の器用さから放たれるパスは非常に正確で柔らかく「花片のシュート」と呼ばれている。同チームでコンビを組む高校最強レシーバー本庄鷹くんへ捕りやすいパスをだす、ただそれだけのことだが、このシンプルな攻撃が誰にも止められない最強の攻撃となっているようだ。
また小泉さんは女性のため、「避ける」練習だけをしてきたということで、パスを止めにきた相手選手を華麗に避け、パスを通す場面も見られた。

相手選手を避けて正確なパスをだす、この基本的なプレイを高次元でこなす実力を持つ小泉花梨さん。今後の活躍が楽しみである。

武士(221) 週刊少年ジャンプ , ,

クリスマスボウル、いよいよキックオフ

2008/05/30 
[アイシールド21]
武士

高校アメリカンフットボール大会の最高峰、クリスマスボウルが12月25日に開催された。今回の対戦カードは関東代表の泥門デビルバッツと関西代表の帝国アレキサンダーズとなった。
大会開催以来、連続出場、連続優勝を続けている帝国アレキサンダーズに対して、泥門デビルバッツがどこまで善戦できるか、という見方が大方の予想だ。

だが、帝国アレキサンダーズの連続優勝を阻止すべく、泥門デビルバッツが秘密特訓を行ったとの噂もある。
その特訓内容は関東のオールスター選手が泥門デビルバッツのそれぞれの選手にマンツーマンで特訓を行ったというもの。試合開始早々、泥門デビルバッツの石丸哲生選手(ランニングバック)が西部ワイルドガンマンズの甲斐谷陸選手(ランニングバック)の必殺技でもあるロデオドライブを披露するなど、噂を裏付けるような場面も見られた。
また、関東大会の決勝戦で右手を負傷していた泥門デビルバッツの司令塔、蛭魔妖一選手(クォーターバック)もロングパスを投げるなど、完全復活を果たした模様。

司令塔の復活、秘密特訓による個々の選手のレベルアップなど、泥門デビルバッツの戦力は関東大会の決勝戦よりも大幅に上がっていると思われる。
泥門デビルバッツが帝国アレキサンダーズの連続優勝を止め、関東勢初の全国優勝を飾ることができるのか?
今後の試合展開が楽しみである。

武士(221) 週刊少年ジャンプ , ,