ブックオフオンライン

記事一覧

‘星野桂’ に関する記事一覧

ティモシーくん、イノセンスを発動

2009/03/10 
[D.Gray-man]
武士

怪盗Gことティモシーくんがその宿主であるイノセンスの力を発動、アクマへの反撃を始めた模様。

ティモシーくんは宿主ではあるものの、ここまで、イノセンスということを否定、その本来の力も発揮できずにいた。
だが、彼の母親代わりのエミリアさんを守るため、ついにその力を発動させたようだ。

そのティモシーくんの能力は憑神(ツキカミ)アクマに取り憑き、内側から体を取り籠み、イノセンス化するというもの。
さらにイノセンス化したアクマを操り攻撃するなど、その能力はかなり強力。

さっそくアクマの体を乗っ取り反撃を始めたティモシーくん、教団側の希望となり、この現状を打破できるのか?
ティモシーくんの能力に期待が集まっている。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

黒の教団本部、壊滅

2008/06/30 
[D.Gray-man]
武士

「千年伯爵」によって造られる生きた悪性兵器「アクマ」。そのアクマ退治を専門とする集団「黒の教団」の本部が壊滅した。

原因は本部在籍の教団員全員がウイルスによりゾンビ化、さらに建物の崩壊により、本部機能が停止してしまったとのこと。

当初はこのウイルスはアクマの新兵器かと思われていたが、黒の教団本部室長であるコムイ・リーさんの作った「コムビタンD」を吸血鬼アレイスター・クロウリー三世さんが飲んだことが原因であった。
これにより、感染した人間が吸血鬼のように他の人間の血を吸うことで、さらにゾンビ化ウイルスを広める、といった悪循環になってしまったようだ。

現在は本部を訪れたバク・チャン支部長によりワクチンが作られ、ゾンビ化ウイルスによる事態は収拾した模様だが、教団本部の建物は崩壊してしまったため、本部機能の移転が待たれている。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,