ブックオフオンライン

記事一覧

‘専務島耕作’ に関する記事一覧

HGホールディングスの新体制発表

2008/04/26 
[専務島耕作]
河野

初芝五洋ホールディングス(HGホールディングス)の新体制が発表された。代表取締役社長には現初芝専務取締役の島耕作氏が就任し、「シンクグローバル」をスローガンに、これからは世界市場を視野に入れて経営に取り組むことを発表した。また、当面は初芝、五洋、それぞれのブランドを維持することも発表された。

このほど発表された、今後の人事体制は以下の通り。

新役職 担当(旧役職)
初芝五洋ホールディングス社長 島耕作(初芝電産専務)
初芝五洋ホールディングス会長 万亀健太郎(初芝電産会長)
初芝電産相談役 郡山利郎(初芝電産社長)
初芝電産社長 松橋葉一(初芝電産専務)
五洋電機社長 勝浦大喜(留任)

初芝五洋ホールディングスの取締役は来週の初芝電産の株主総会での承認を得た上で発表されるとのこと。島社長によると、社外取締役が多数入る見込み。

初芝電産・郡山社長の退任理由についての質問に対し、郡山氏は「破壊と建設」という自らの役目が終了したからであり、特にその他の理由はないと答えたが、一部関係者からの情報によると、先のソムサンのTOBにおいて、初芝電産社外取締役の板東礼子氏が関与していた噂もある。

河野(177) モーニング

初芝電産社長に現専務取締役の松橋葉一氏が内定

2008/04/17 
[専務島耕作]
河野

初芝電産の郡山利郎社長が辞任し相談役に就任するとともに、同社専務の島耕作氏が社長に就任することは既報の通りだが、それに伴い、新体制の役員人事が進んでいる模様。

現時点では内示の段階ではあるものの、関係者筋からの情報によると、初芝電産専務取締役の松橋葉一氏が社長に就任するとのこと。
そのほか、北京初芝電産董事長の小栗忠光氏が初芝五洋ホールディングスの専務に、上海初芝電産董事長の八木尊氏が初芝電産の国内営業本部長に、初芝ゴルフ開発総経理の国分圭太郎氏が上海初芝電産の董事長にそれぞれ内定した。

島氏の社長就任は来週の記者会見で正式に発表され、すべての人事は来月の株主総会で決定するとのこと。

河野(177) モーニング

島耕作、社長就任を受諾

2008/04/07 
[専務島耕作]
河野

初芝電産が先日、五洋電機を友好的買収したことに伴い発足する持株会社「初芝・五洋ホールディングス」初代社長に、初芝電算の島耕作専務(60)を起用する方針を固めた。本人には今週打診があり、社長就任を受諾した模様。

島耕作氏は1947年9月9日生まれで、34歳で課長になり、以後もとにかく女性運だけに頼り出世を続けてきたが、ついに社長に就任することとなった。

「部長」シリーズが始まったときから社長就任はわかっていたとはいえ、連載開始から26年経ての大出世に感慨もひとしお。
結局、サラリーマンの人生なんて運だもの。どうせ運なら女運が欲しいという世のサラリーマンの悲壮な叫びが聞こえる。

河野(177) モーニング