ブックオフオンライン

記事一覧

‘咲香里’ に関する記事一覧

インターハイ男子ダブルスは富山帝東

2009/09/03 
[スマッシュ!]
てぬぐい

東城第二高校東・羽柴組と、富山帝東高校鳥羽・上野組で争われた男子ダブルス個人戦は、フルセットの接戦を制し2-1で鳥羽・上野組が優勝した。

第1ゲームを先取し優位に立っていた東城第二が、下馬評どおり優勝かと思われたが、羽柴選手が腕を負傷。そのままケガを押して、第2ゲーム・第3ゲームと粘りを見せたが、あと一歩及ばなかった。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン ,

東城第二、男子団体戦制覇

2009/07/17 
[スマッシュ!]
てぬぐい

インターハイ、バドミントン男子団体戦は、昨年の優勝校東城第二が順調に決勝に駒を進め、岡山の常陵学院と対戦。

ダブルスで2連勝し、一気に逃げ切るかと思われたが、続くシングルスを第一、第二と落とし、第三シングルスまでもつれ込んだ。
チームのエース同士がぶつかった好ゲームを、東城第二の東選手が2-0で制し、試合と共に団体戦の優勝も決めた。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン ,

バドミントン世界大会、17歳の新星が優勝

2009/02/12 
[スマッシュ!]
てぬぐい

シンガポールで行われてる、バドミントン世界大会で17歳の女子高校生、鬼頭優飛さんが優勝を果たした。

鬼頭選手は東京の名門、東城第二高校を経て現在は大阪へ単身バドミントン留学中。
U-19代表にも選出されており、今後の活躍に大いに期待できる。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン ,

東城第二、女子も高校総体出場へ

2009/01/18 
[スマッシュ!]
てぬぐい

バドミントンの高校総体出場枠をかけた東京地区予選で、先に男子チームが優勝を飾った東城第二高校が、女子も接戦の末に優勝し、アベック出場を決めた。

女子団体戦は本命不在の混戦の中、西徳高校対東城第二高校で決勝戦が争われ、東城第二が第一ダブルス・第一シングルス、西徳高校が第二ダブルス・第二シングルスを取り合うシーソーゲームとなった。
第三シングルスを制した東城第二が競り勝ち、念願の本選への切符をつかんだ。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン ,

東城第二が団体優勝

2008/12/24 
[スマッシュ!]
てぬぐい

バドミントンの高校総体出場枠をかけた東京都予選は、本命と目された東城第二高校が順当に団体戦を制し、高校総体出場を決めた。

U-19ナショナルメンバーにも選ばれている、東翔太選手・羽柴亜南選手(ともに2年)を中心とする新チームで、一回戦こそ最終戦までもつれたものの、残る試合はいずれも圧勝。
同校は女子も決勝まで勝ち残っており、優勝すれば総体アベック出場となる。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン ,

個人戦男子シングルス優勝は東くんに決まる

2008/05/22 
[スマッシュ!]
河野

高校選抜大会、個人戦男子シングルス決勝は東城第二高校の東翔太くんが優勝した。東くんは団体戦とあわせて2冠。決勝の対戦相手、古賀大輔くんが審判に暴言を吐いたため第1セットにレッドカードが出されたが、バドミントンのルールではサッカーと異なり、その場で退場になることはない。今回は失格ではなく、あくまでも棄権。後味の悪い決勝戦となってしまった。

最終スコアは15-20で、古賀くんがリードした状況だったが、監督が棄権することを主審に伝えたため、その場で試合終了となった。

河野(177) 週刊少年マガジン ,

シングルス決勝、古賀くんにレッドカード

2008/05/18 
[スマッシュ!]
河野

高校選抜大会、個人戦男子シングルス決勝は第1セットにまさかのレッドカードが飛び出した。第1セットは一時は16-0と、古賀大輔くんが左利きの優位性を活かして圧倒的に攻め立てたが、そこから対戦相手の東城第二高校の東翔太くんが粘りを見せていたところだった。ポイントは20-15と古賀くんのセットポイントだっただけに残念な事態になった。

古賀くんは審判に対して非紳士的な言動を繰り返したため、主審はレッドカードを提示した。なお、バドミントンのレッドカードはサッカーとは違い、即刻退場ではなく、「フォルト」を取られる。スポーツマンらしくない行為に対して出される点では同じで、イエローカードも存在する。さらにひどい場合、審判は競技委員長と協議しブラックカードが出されて「失格」となる。

今後の試合展開にどんな影響が出るのか、注目される。

河野(177) 週刊少年マガジン ,