ブックオフオンライン

記事一覧

‘バロンドリロンド’ に関する記事一覧

有馬記念はバロンドリロンドが優勝

2008/07/20 
[バロンドリロンド]
豊

中山競馬場で行われた有馬記念はバロンドリロンドが優勝した。バロンドリロンドは一度は種牡馬として売却されたものの、今回のレースで現役復帰。売却前に神戸新聞杯で無敗ニ冠馬のオスカークラッシュを差しきった以外、目立った功績は見られなかった。

レース開始時、バロンドリロンドは最後尾に位置。第3コーナーでは最内に位置し馬群に沈み、逃げ馬としては痛いレース展開に思われた。
第4コーナーに入り各馬がスパートをかけた所で、一番人気のオスカークラッシュが大外より先頭に躍り出た。しかし、第4コーナーのカーブで、最内に出来た隙間を抜けたバロンドリロンドが見事なスピードでスパート。あっという間に各馬を追い抜き、オスカークラッシュに追いつき、2頭はほぼ同時にゴール。写真判定の結果、バロンドリロンドに軍配が上がった。

このレースによって、バロンドリロンド対オスカークラッシュの対戦は2勝2敗の5分となった。バロンドリロンドはオスカークラッシュに先着した唯一の馬だったが、その実力がフロックでないことを証明したことになる。この有馬記念を最後にオスカークラッシュは引退する予定だったが延期し、バロンドリロンドとの決着をつけるため、レースに挑む予定。この2頭の熱い戦いに、今後も競馬ファンたちを沸かせてくれるだろう。

(38) 週刊ビッグコミックスピリッツ

神戸新聞杯はバロンドリロンドが勝利

2008/05/18 
[バロンドリロンド]
河野

神戸新聞杯でラストランとなるバロンドリロンドは、最後のレースを優勝で飾った。最後のストレートで佐倉真子騎手が鞭を落とすなどトラブルもあったが、二冠馬のオスカークラッシュに対してハナ差で差しきった。

関係者筋からの情報によると、バロンドリロンドはすでに売却が決定しており、今後のレース出場については未定であるとのこと。菊花賞での再戦が期待されるだけに、これからの動向が注目される。

河野(177) 週刊ビッグコミックスピリッツ , ,