ブックオフオンライン

記事一覧

記事一覧 for 6月, 2009

六代目「火影」にダンゾウさんが就任

2009/06/09 
[NARUTO]
武士

この度、六代目「火影」にダンゾウさんが就任した。

ダンゾウさんは木ノ葉の暗部養成部門「根」のリーダーということもあり、現在までは影の役割を果たしていたようだが、五代目「火影」ツナデさんに代わり、ついに表舞台に姿を現したことになる。

また、これにより三代目より代々続いていた平和を求めるという方針も変更。忍びの掟を徹底させるという武闘派路線へと向かっていくことは避けられないだろう。

クーデターに成功したダンゾウさん、これからの木の葉の里どうしていくのか?
木の葉の里の未来が危ぶまれている。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

フィールズ賞の栄冠、日本人に輝く

2009/06/04 
[弑逆契約者ファウスツ]
てぬぐい

数学界のノーベル賞とも言われる、フィールズ賞*の授賞式が、スペインはマドリードで開催され、「ゾブーリンの遺題」を証明した、円堂博人君が栄冠に輝いた。

1954年小平氏、1970年広中氏、1990年森氏に続く、日本人4人目の受賞で、初の10代の受賞者となった。

ノーベル賞に数学賞がないことから、カナダ人数学者ジョン・チャールズ・フィールズ (John Charles Fields) の提唱によって1936年に作られた賞。
4年に1度開催される国際数学者会議 (ICM) において、顕著な業績をあげた40歳以下の若手の数学者(4名まで)に授与される。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン ,

新生間柴、ライト級を制す

2009/06/04 
[はじめの一歩]
てぬぐい

復帰戦でライト級OPBF王座に挑んだ間柴了選手は、8ラウンド終了間際にダウンを奪われ、続く9ラウンドも劣勢。
とどめを刺しに飛び込んだチャンピオンを、10ラウンド35秒、ロングアッパー一発でKOに沈めた。

中盤にはチャンピオンのクレバーなファイトスタイルにも苦しめられたが、クリーンなファイトで応戦。
新たなフィニッシュブローと共に、新生間柴の誕生となった。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン ,

連続殺人か、今度は首吊り

2009/06/04 
[シバトラ]
てぬぐい

高円寺市内の公園で、16~7歳と見られる男女の首吊り死体が発見された。
心中の可能性が高いと見られたが、先日ラブホテルで発見された少女と面識があったとの情報があり、一気に連続殺人事件の様相を帯びてきた。

一連の事件に、最近携帯電話やネット上で噂になっている、「シャドウ商事」を名乗るグループが関わっているものと見られ、警視庁では近く捜査一課主導で、捜査本部を立ち上げる見通し。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン , ,

「宝石の肉」トリコさんに食される

2009/06/02 
[トリコ]
武士

「古代の食宝」と名高いリーガルマンモスの持つ伝説の肉「宝石の肉(ジュエルミート)」がついにトリコさんによって食された。

トリコさんによると、「宝石の肉」は職人が幾重にも手を加えた工芸品のような美しさを持った霜降り模様。高級フレグランス顔負けの気品あふれる豊潤な香り。肌に吸いつくようなしっとりとした感触。すべての部位を凝縮したかのような肉のうまみ。まさに宝石と呼べる肉とのこと。

GTロボに攻撃され、瀕死の重傷を負ったトリコさんだが、「宝石の肉」を食べることで傷が再生、さらなる強さを手にしたようだ。戦線に復帰したトリコさん、早くも10連釘パンチを繰りだす構えをみせるなど、筋力は少なくとも2倍以上強化された模様。グルメ細胞をそれだけの成長させるうまさを誇る「宝石の肉」、ぜひとも一度は食してみたいものである。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

「輪廻眼」VS「九尾」決着す

2009/06/02 
[NARUTO]
武士

木の葉崩しを目論むペインさんと木の葉の里の忍者ナルトさんの勝負がついに決着した。

ペインさん本体の居場所を突き止めたナルトさんは対話を希望、里を破壊したペインさんを倒すことなく戦いを終結させることに成功したようだ。対するペインさんもナルトさんを通し、師匠である自来也さんとの絆を確認、かつて自分の諦めてしまった理想をナルトさんに引き継ぐことを宣言する。

その後ペインさんは最後の力を振り絞り「外道 輪廻転生の術」を発動、今回の戦いで自分が命を奪った者たちの命を元に戻した後、静かに息を引き取った。

ペインさんの術により、戦いの最中に命を落としたうちはカカシさん、蛙仙人フカサクさんら多くの忍が生き返ることができたようだ。

だが犠牲者が蘇ったとはいえ、木の葉の傷は大きい。今後の暁の襲撃への対応が早急に望まれている。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

伝説のクソゲー「壊れてしまった特別な真理子」

2009/06/02 
[SKET DANCE]
武士

マニアの間でエンディングが感動的と大人気のゲーム「壊れてしまった特別な真理子」。
山野辺邦夫教諭(地理担当)の依頼によりスケット団がそのクリアーに乗り出した。

この「壊れてしまった特別な真理子」、クソゲーだけに使えるハードからしてすでに特殊。「ファンシーユンピョウター」なるハードでプレイをしなくてはならない。
「ファンシーユンピョウター」はコントローラーのボタンがA~Uの21個、十字キーに至っては凸ボタンと下ボタンが存在しないという操作性の悪さを誇っている。

さて、そんな「ファンシーユンピョウター」で遊ぶ「壊れてしまった特別な真理子」だが、主人公のマリコ(OL)を操り、不倫相手の上司を倒すのが目的というアクションゲーム。一見「スーパーマリオ」とそっくりだが、「ドラゴンクエスト」のようなRPGパートや3Dダンジョンパート、謎解き要素のアドベンチャーパートなど随所にプレイヤーを飽きさせない要素が盛りだくさんだ。

スケット団の面々は果たしてこの難解なゲームをクリアーできるのか? 感動のエンディングを目指し、彼らの挑戦が始まる。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,