ブックオフオンライン

記事一覧

記事一覧 for 5月, 2009

東京ヴィクトリーはついにMF持田選手を投入

2009/05/31 
[GIANT KILLING]
河野

東京ヴィクトリーvsETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)の東京ダービーもついに後半。

ETUが1点リードしている中、東京ヴィクトリーは日野選手に替わり、10番、MF持田選手(日本代表)を投入した。

ETUはプレシーズンマッチではFKなどで持田選手に2点を取られているだけに、復帰戦とはいえ油断はできない。ETU達海監督はさっそくボランチにMF堀田選手を投入し、さらにMF椿選手にマンツーマンでのマークを指示。

試合時間は残り20分強。両監督の采配が注目される。

河野(177) モーニング , , ,

空軍東京湾海上基地で爆発

2009/05/29 
[第九征空騎兵師團]
てぬぐい

空軍東京湾海上基地で大規模な爆発があり、同基地所属の矢納一尉が巻き込まれ意識不明の重体となっている。
基地内の訓練施設で、シミュレーション機に爆弾が仕掛けられていたと見られ、訓練予定の伊王野二等空士も軽い怪我を負った。

同基地は緊急閉鎖が敷かれ、基地内に残留している可能性のある犯人の捜索に余念が無い。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン ,

柵高校2年へ組で集団自殺か

2009/05/29 
[さよなら絶望先生]
てぬぐい

柵高校(仮)の糸色望教諭と、2年へ組の女子生徒数名が、海岸で入水心中を図った。

直前に糸色教諭は、「都会の無関心に絶望した」などともらしており、女子生徒も口々に、「渾身のギャグが滑った、死にたい」「(誕生日を)結局誰も真剣に祝ってくれなかった。死にたい」「皆さんを不快にしてしまいました。死にたいです」とこぼしていたことから、一時の共感のままに、心中したものと見られる。

目撃者も複数いたことから、誰かが止めるのではないかと、傍観者と化してしまったため、惨事につながった。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン ,

塩田海岸オリエンテーション大会開幕

2009/05/29 
[ヤンキー君とメガネちゃん]
てぬぐい

ミス塩田海岸シスターズを司会に迎え、恒例の「集まれ! 夏のオリエンテーション」大会が開幕した。
5人一組のリレー形式で行われる今大会、4種の競技を最初にクリアし、豪華賞品を手にするのは、どの出場者なのか。
第1種目のボートレースを終え、現在のトップは紋白高校旧生徒会チームとなっている。

新旧生徒会がそれぞれにチームを結成し、ライバル心むき出しの紋白高校が、レースを盛り上げてくれそうだ。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン ,

事件か事故か、覚醒剤中毒死

2009/05/29 
[シバトラ]
てぬぐい

市内のラブホテルの一室で、少女二名の遺体が発見された。
現場に残された、注射器・アンプル瓶などの遺留品から警視庁捜査一課は、これを覚醒剤乱用による事故と判断、捜査は高円寺署に引き継がれた。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン , ,

範馬刃牙さんが投身自殺

2009/05/29 
[範馬刃牙]
武士

史上最強の高校生、範馬刃牙さんが地下闘技場の観客席最上段からの投身自殺を図った。
どうやら対戦相手であるピクルさんに情けをかけられたことによるショックで戦いを放棄、自ら身を投げるという行為に及んだ模様。

刃牙さんは戦いの最中、ピクルさんとともに高さ30メートルから落下、全身を強く打ちつけ大ダメージを負ってしまう。それに対しピクルさんはまったくの無傷。しかも意識を失った刃牙さんの安否を心配し祈ろうとする余裕を見せた。
さらに、ピクルさんにとっては対戦相手=おもちゃ、といった認識のようで、刃牙さんを追い詰めてしまった自分に反省、意識を取り戻した刃牙さんに対し、安全をアピールする。

ところが、その行為に刃牙さんは激怒、対戦相手と見られていなかったことに何かが切れてしまったようで、自らの身を投げるという行動に出たようだ。

刃牙さんの安否、戦いの行方、このまったく予想のつかない展開に、観客たちも一時も目を離せないようである。

武士(221) 週刊少年チャンピオン ,

嘘喰い、「ラビリンス」を完勝

2009/05/29 
[嘘喰い]
武士

迷宮ゲーム「ラビリンス」がついに決着した。勝利したのは「嘘喰い」こと斑目貘さんと「廃ビルの悪魔」ロデムさんのコンビ。

対する天真征一さん、箕輪勢一さんのコンビは同士討ちにて天真さんがリタイア、ルール違反による箕輪さんの排除、とゲームの完了を待たずの敗北となった。

今回のゲーム、筋肉が際限なく発達してしまうという超人的体質を持つ箕輪さんが、すべてのポイントとなったようだ。
箕輪さんはマルコさんとの戦いに敗れるもマルコさんは大けがのためリタイア。だが箕輪さんもその後、意識が錯乱、仲間であるはずの天真さんを攻撃、再起不能へと追い込んだ。さらにMタイムで負けたにも関わらず、ルールを守らず斑目さんを攻撃しようとしたところ、賭郎立会人である門倉雄大さんによって粛清されるという何とも後味の悪い結果となった。

これにより、斑目さんは警視庁の秘密が収められているという「Lファイル」を手に入れることに成功。斑目さんはこの「Lファイル」をどう使うのか? 斑目さんの動向が気になるところ。

武士(221) 週刊ヤングジャンプ ,

伝説の女流棋士、チッチさん参戦

2009/05/29 
[ハチワンダイバー]
武士

今から30年前、わずか10歳で女流プロ入り、12歳で名人位を獲得した天才少女「チッチ」こと千鳥チコさん、その後行方不明となっていたが、ここ「独立将棋国家」にてキャバクラ嬢として生活していることが判明した。

10数年ぶりに姿を現した「チッチ」は酒をがぶ飲み、タバコをスパスパ吸い散らかすなど、将棋人口を300万人を増やしたと言われるアイドルの面影は全くなくなっており、当時ファンであった文字山ジローさんはショックを隠せないようだ。

だが、見た目は衰えたとはいえ、チッチさんの棋力は圧倒的で、澄野久摩さんには全駒取りで圧勝、続く文字山さんもあっという間に投了に追い込むなど、その強さは当時以上に凄みを増している。

果たしてチッチさんは鬼将会のメンバーなのか?彼女の今後の動きが気になるところ。

武士(221) 月刊ヤングジャンプ ,

安仁屋くん、プロ入りが決定

2009/05/29 
[ROOKIES 夢のつづき]
武士

二子玉川学園のエースで4番、安仁屋恵壹くんの阪神への入団が決定した。ドラフトでは一順目にして4球団からの指名を受け、交渉権の抽選となるも、安仁屋くんの第一希望である阪神が交渉権を獲得、そのまま入団となったようだ。

二子玉川学園の野球部は、2年前までは暴力事件による出場停止など問題のある高校だったが、新任の川藤幸一教諭が顧問に就任してからは見事に更生、今年度は甲子園出場を果たすなど、まさに大躍進。

その原動力となった安仁屋くん、甲子園1回戦でもノーヒットノーランを達成するなど今回のドラフトの目玉となっていた。

また、同野球部キャプテンの御子柴徹くん、サードの平塚平くんもプロ入りを希望するもドラフトでは指名無しという結果に。

見事プロ入りを果たした安仁屋くん、そして残念ながら今回はプロ入りを果たせなかった御子柴くん、平塚くん、夢を追いかける3人の今後の活躍に期待したい。

武士(221) 週刊ヤングジャンプ , ,

「怪人ネメシスQ」、アゲハさんらに救援要請

2009/05/27 
[PSYREN]
武士

ゲーム「PSYREN」の案内人、「怪人ネメシスQ」が、ゲームの参加者である夜科アゲハさんら、サイレンドリフトたちに救助を要請した模様。

通常、「怪人ネメシスQ」は言葉を発することはなく、ゲームの案内人やゲームの進行を妨げる要素の排除に徹していた。そんな「怪人ネメシスQ」だが、ここにきて自身の本体が危機にさらされている、との理由から夜科さんらに助けを求めることになったようだ

今までのところ、「怪人ネメシスQ」はPSI(サイ)能力によるプログラムとされていたが、今回言葉を発したことにより、ゲームの中では会話ができることが発覚、しかも声色から、その本体は女性と思われる。

はたして、ゲームの創始者の命が危ないとはどういうことか? ゲームの目的とはなんなのか? サイレンドリフトたちにとって急展開が訪れているようだ。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,