ブックオフオンライン

記事一覧

記事一覧 for 3月, 2009

クリフォード選手、初タッチダウンに成功

2009/03/31 
[アイシールド21]
武士

日本代表のオフェンスを守り切ったアメリカ代表。オフェンスターンではあっさりとタッチダウンを決めた模様。

初タッチダウンを決めたのは、QBのクリフォード選手。神速のインパルスを持つ金剛阿含選手を振り切りながらのロングパスを成功させ、次のターンでは自らの走りで日本代表のゴールラインを突破した。

日本代表の司令塔でもある蛭間妖一選手と同じ作戦を使い、その上で、自分自身の能力の高さを見せつけるなど、さすがは世界最強の「五芒星(ペンタグラム)」のひとりといったところだろう。

ここまではオフェンス、ディフェンス、ともに圧倒されている日本代表。だが、試合はまだまだ始まったばかり、突破口を見つけ、反撃に期待したい。

武士(221) 週刊少年ジャンプ , ,

黒崎さん、ウルキオラさんを撃破

2009/03/31 
[BLEACH]
武士

戦闘不能の状態から異形への変身、反撃を開始した黒崎一護さんが圧倒的な力でウルキオラ・シファーさんを撃破した。

黒崎さんにより腕をもぎ取られたウルキオラさんは、自身の得意能力である超速再生により腕を再生、あまりの破壊力のため、自身も傷つく可能性があるとされる「雷霆の槍(ランサ・デル・レランパーゴ)」で反撃を試みる。

だが、変身後の黒崎さんは「雷霆の槍」を片手で受け止め、ウルキオラさんを一刀のもとに切り捨てた。その上、倒れたウルキオラさんを押さえつけ、近距離からの虚閃を放ち、その勝利を確実なものにした。

その圧倒的な破壊力、虚閃や響転など、まさに虚と化した黒崎さん。戦いに勝利した後には正気に戻るのか?
黒崎さんの様子からはその兆候は見えていない。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

発見、囚人たちの楽園「ニューカマーランド」

2009/03/31 
[ONE PIECE]
武士

深海の大監獄インペルダウン、その最深部には囚人たちが神隠しにあうという魔界の存在が噂されていたが、ついにその魔界の存在が明らかになった。

その魔界とはインぺルダウンLEVEL5.5「ニューカマーランド」。

奇跡の人「エンポリオ・イワンコフ」さんが統治する魔界改めオカ”マ界”。食料はもちろん、酒や武器、ゲームまでも揃った囚人たちの楽園となっている。

脱獄騒ぎを起こしていたモンキー・D・ルフィさん、Mr.2 ボン・クレーさん、ともに、このニューカマーランドに到着しており、それぞれに治療が施されている模様。一時は治まったかに見えた脱獄騒ぎだが、ルフィさん、ボン・クレーさんの復活によりもうひと波乱起こりそうな気配である。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

マグノリア収穫祭閉幕

2009/03/27 
[FAIRY TAIL]
てぬぐい

バトルオブフェアリーテイルも決着し、収穫祭は無事メインのパレード、ファンタジアを迎えた。

容態が心配されたマカロフ=ドレアー師もフロート上に、コミカルな姿を見せた。
雷竜を倒しさらに名を上げた、火竜ナツ=ドラグニルはバトルのダメージが抜け切らない様子だったが、妖精女王エルザや氷の魔導士グレイらが壮大な魔法を披露した。

収穫祭は無事閉幕したが、マグノリアの修復という課題は残されており、フェアリーテイルにとっては、ここからが正念場と言えそうだ。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン ,

稲城実業、3ランで先制

2009/03/27 
[ダイヤのA]
てぬぐい

夏の高校野球西東京地区予選、準決勝第二試合は稲城実業成宮投手と、桜沢高校長緒投手の投げ合いとなった。

関東No.1サウスポー成宮くんが豪快に三振の山を築けば、ナックルボーラーの長緒くんは打たせて取るピッチングと好対照。

試合が動いたのは4回、堅い守備を見せていた桜沢高校にエラーが続き、稲城実業四番の原田君が3ランをレフトスタンド上段に叩き込んだ。
ふたつのエラーと一球の失投で自滅する形になった桜沢高校だが、試合を捨てずに最後まで粘りを見せてほしい。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン ,

今度はファミレスで爆発

2009/03/27 
[コード:ブレイカー]
てぬぐい

渋谷駅前での爆発の記憶も新しい中、ファミリーレストランSuzanの店舗で爆発があった。
現場からは複数の遺体が見つかっており、いずれも爆発による死亡ではなく、刺し傷や銃創などが見られたため、殺害後に犯人が爆破したものと見られる。

爆発直前に店舗に居た妊婦と幼児が、なんらかの目撃情報を持っていると思われるため、状態の回復を見て事情を聞く見通し。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン , ,

アイシールド21、スピード対決で初黒星

2009/03/24 
[アイシールド21]
武士

アメフトワールドカップ決勝戦、早くも最速スピード対決が始まった。日本最速の小早川瀬那選手VSアメリカ最速のパトリック・スペンサー選手の第一ラウンドはスペンサー選手の勝利に終わった。

小早川選手はデビル4ディメンションでステップバック、追ってくるスペンサー選手の手を手刀ではじくと、フェイントをかけさらに抜きざまにスペンサー選手のヘルメットを押さえつけるなど、スピードだけでなく、テクニックを駆使した走りを披露、スペンサーさんを抜き去ったかと思われた。

だが、スペンサーさんは一度抜かれたにも関わらず、40ヤード走4秒1で走るという光速越えのスピードを発揮、小早川選手には初体験となる後ろからのタックルを決め、ボールを奪取した。

今まで最速を誇っていた小早川選手にとっては、初めての壁となるスピード差。小早川選手はこのスピード差を逆転できるのか?
試合はまだまだ始まったばかり、今後の試合を見守りたい。

武士(221) 週刊少年ジャンプ , ,

オカマの花道、ボンクレーさんが孤軍奮闘

2009/03/24 
[ONE PIECE]
武士

Mr.2 ボン・クレーさんがインぺルダウン最下層LEVEL5にてたったひとりで獅子奮迅の暴れっぷりを見せている。

ボンクレーさんは、一度は逃走をしたかと思われていたが、どうやら全身を毒に侵されたモンキー・D・ルフィさんを解毒するための演技だったようだ。

現在、ボン・クレーさんは数々の救済伝説を持つという、伝説のオカマ王「エンポリオ・イワンコフ」さんを探しにLEVEL5に突入し、軍隊ウルフの群れと戦闘中。

だが、ただでさえ極寒という不利な状況の上、今までの戦闘において全身ボロボロとボン・クレーさんに勝機は薄い。そんなボン・クレーさんを支えるものはルフィさんとの友情パワーのみ。

絶望的な状況ではあるが、ボン・クレーさんとルフィさんの友情の力を信じたい。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

黒崎さん、虚化か?

2009/03/24 
[BLEACH]
武士

ウルキオラ・シファーさんにより、戦闘不能に追い込まれたかと思われた黒崎さんが、謎の変身、反撃を始めた模様。

井上織姫さんによる黒崎さんへの呼びかけに応える形で、黒崎さんは虚のような仮面を被り、挑発、2本の角を生やした姿に変身した。さらに、変身後の黒崎さんは虚閃を放ち、あれほど圧倒されていたウルキオラ・シファーさんを逆に一方的に攻撃するなど、戦闘力も格段に上昇したようだ。

だが、変身後の黒崎さんは言葉も通じず、守るべき井上さんをも巻き込む形で戦うなど、もはや黒崎さんの意識は無く、まさに虚のようになってしまった。

果たして黒崎さんの意識は戻るのか? 虚圏での戦いはますます熾烈を極めている。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

KOOGY、漫画家デビューを目指し音楽活動休止へ

2009/03/23 
[バクマン。]
ソウゾウドウ

「金未来杯(ゴールドフューチャーカップ)」へのエントリーが決定した漫画家の間界野昴次さんが、人気歌手のKOOGY(コージィー)さんと同一人物であることが判明した。

KOOGYさんはCD売上げ、着メロダウンロード数ともに国内でもトップ3に入る実力派ミュージシャン。俳優としてもすでに確固たる地位を築いている。
人気絶頂の中、音楽活動を休止して、今度は少年ジャンプで連載作家としてのデビューを目指すことになる。

手塚賞で準入選を獲得した実力は折り紙つき。今度の金未来杯の読者アンケートにも、多くのKOOGYファンの意見が反映されることが予想される。

音楽界の若きカリスマの野望は果たして実現するのか。間界野昴次名義の作品「カラフジカル」は少年ジャンプ41号に掲載予定。ファンならずとも必見だ。

ソウゾウドウ(34) 週刊少年ジャンプ , ,