ブックオフオンライン

記事一覧

記事一覧 for 2月, 2009

第1回喰輪杯で日本の大原選手が優勝

2009/02/18 
[喰いしん坊!]
河野

台湾で行なわれている第1回喰輪杯において、日本代表の大原満太郎選手が優勝した。大原選手は見事、「大食い世界一」の称号を手に入れた。

決勝戦となる5000メートル大食耐久競走では、台湾代表の林美麗選手と激しいデッドヒートを繰り広げたが、最終的には残り0.56㎏対0.46㎏で、100グラム差で大原選手が優勝となった。

河野(177) 週刊漫画ゴラク ,

インペルダウン総力戦まで秒読み開始

2009/02/17 
[ONE PIECE]
武士

脱獄騒ぎが続くインペルダウンにて、署長のマゼランさん以下すべての戦力の集合が完了した。

集結の場はLEVEL4「焦熱地獄」。フロア自体が巨大な鉄釜となっており、「煮えたぎる血の池」と「燃え盛る炎の海」で構成されている。
そのLEVEL4へはインぺルダウンの構造上、LEVEL3から飛び降りることですぐに下層へと進めるようになっているものの、最下層LEVEL5への防壁ということで署長室が設置、さらに今回すべての戦力が集結と、万全の態勢で脱獄囚を迎えている模様。

現在、ルフィさんらはLEVEL3の獄卒獣ミノタウロスを連係プレーで撃破し、下層のLEVEL4へと進もうとしている。
脱獄側VS看守側、この脱獄騒ぎの終結も近いだろう。

武士(221) 週刊少年ジャンプ , ,

トリコさんらの強さの秘密が判明

2009/02/17 
[トリコ]
武士

超人的な力を持つグルメ四天王、その力の秘密が判明した。その秘密とは、彼らの細胞と結合した「グルメ細胞」にあるようだ。

「グルメ細胞」とは、深海にすむ幻のクラゲから採取できる特殊な万能細胞で、すぐれた再生機能と生命力を備えている。
この「グルメ細胞」を他の細胞組織を結合することで、その細胞の長所を飛躍的に伸ばすことが可能になり、旨いリンゴはより旨く、おいしい牛肉はよりおいしくなるとのこと。

そして、トリコさんらはその「グルメ細胞」を人体に結合することに成功、超人的な生命力を手に入れたようだ。
さらに、「グルメ細胞」は旨い食材を食べれば食べるほどパワーアップするという特徴もあり、グルメな者ほど強い力を持つことになる。

まだまだ未知のフルコースを探求するトリコさん。フルコースのメニューが決まっていない、ということは、今後ますます強くなる可能性があるということでもあり、トリコさんの今後が非常に楽しみである。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

ウルキオラさん、ついに本領を発揮

2009/02/17 
[BLEACH]
武士

第4十刃(クアトロ・エスパーダ) のウルキオラ・シファーさんがついに「帰刃(レスレクシオン)」、本当の力を解放した模様。

第4以上のエスパーダは、その力が強大すぎるため、「虚夜宮(ラス・ノーチェス)」を破壊してしまう、との理由から虚夜宮内での「帰刃」を禁止されていた。

だが、ウルキオラさんは交戦中の黒崎一護さんの実力を認め、本来の力の発揮を決意、虚夜宮外に出ることで「帰刃」を行い、その真の姿を現した。

ウルキオラさんの「帰刃」は「黒翼大魔(ムルシエラゴ)」と呼ばれる黒い大きな翼を纏うことで、スピードや攻撃力を飛躍的にアップさせるもの。その能力はどうやら黒崎さんの「卍解(ばんかい)」である「天鎖斬月(てんさざんげつ)」と同じような属性のもののようだが、黒崎さんの仮面を一瞬のうちに破壊するなど、その威力の違いを見せつけた。

本領を発揮したウルキオラさんに果たして黒崎さんは対抗できるのか?
空座町の未来がかかっているだけに、黒崎さんには健闘してもらいたい。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

「第六の使徒」の勝者は神咲雫さんに決定

2009/02/13 
[神の雫]
河野

神咲豊多香さんの遺言状にそって展開されているワイン対決だが、「弥勒菩薩半跏思惟像」と表現された「第六の使徒」は、ルチアーノ・サンドローネの「バローロ・カンヌビ・ボスキス」’01年であることがわかった。また、それを見事に当てた神咲雫さんが勝者に決定した。

一方の遠峰一青さんは古典派の代表格と言われる、ブルーノ・ジャコーザ「バローロ」を携えてきたが、残念ながら正解とはならなかった。

なお「第六の使徒」の「バローロ・カンヌビ・ボスキス」は20,000円程度で購入可能。

河野(177) モーニング , ,

ETU、堺のゴールで同点に

2009/02/13 
[GIANT KILLING]
河野

川崎フロンティアvsETUの一戦は、ETUがベテラン勢の活躍で同点に追いついた。

MF堀田選手のサイドチェンジから、オーバーラップしていたDF石神選手のセンタリング、最後はFW堺選手がキーパーを交わしてゴール。

この日のETUは中心選手であるキャプテン村越選手、司令塔ジーノ選手の欠場もあり、ベテラン中心のスタメンとなっていたが、達海監督によれば、ただベテランを選んだのではなく「クラブチーム」で戦うことの意味をわかっている選手を選んだら、たまたまスタメンだった、とのこと。

このまま一気に逆転できるのか。若手とベテランがかみ合ってきたETUに期待したい。

河野(177) (お知らせ), モーニング , , ,

バドミントン世界大会、17歳の新星が優勝

2009/02/12 
[スマッシュ!]
てぬぐい

シンガポールで行われてる、バドミントン世界大会で17歳の女子高校生、鬼頭優飛さんが優勝を果たした。

鬼頭選手は東京の名門、東城第二高校を経て現在は大阪へ単身バドミントン留学中。
U-19代表にも選出されており、今後の活躍に大いに期待できる。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン ,

鎌倉学館、痛恨の逆転ゴール

2009/02/12 
[エリアの騎士]
てぬぐい

後半30分までを1対0とリードしていた、神奈川代表鎌倉学館高校だったが、わずか5分の間に、痛恨の2連続ゴールを許し、ロスタイムも残りわずかとなった。

後半も残りわずかとなり、時間を使うためのパス回しをする鎌倉学館に対し、東京蹴球学園はディフェンダー、リカルド・ベルナルディ選手の飛び出しから、レオナルド・シルバ選手、パトリック・ジェンパ選手とつないで同点。

さらにロスタイム残り1分で、レオナルド・シルバ選手がドリブルから持ち込んで、鮮やかに逆転のゴールを決めた。

先制点から試合を有利に進めていただけに、鎌倉学館には悔やまれる5分間となった。
残り1分足らず、再度の同点劇はあるのだろうか。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン , ,

城好きの夢「平成千葉城」が完成

2009/02/10 
[こちら葛飾区亀有公園前派出所]
武士

「城の会」千葉支部の大原大次郎さんの手により、難攻不落の「平成千葉城」が完成した。

「城の会」では以前より、城に関する研究とのことで、城の設計図を作成、そして、この度、ついにプラモデルとはいえ、その夢の城が現実のものとなったようだ。

大原さんは以前にも相棒の両津勘吉さんと共に城のプラモデルを作っていたこともあり、今回もその製作指揮を任された様子。
さらに今回は架空の城の作成ということで、その調査のため、大原さん、両津さんともに全国の城を巡り研究を重ねたとのこと。

完成した「平成千葉城」は「第20回城の会展」の目玉として設計図とともに展示される予定。(※)

噂によると今回の千葉城は、設計図もさることながら、北は北海道、南は沖縄まで城を調査に出かけての力作。
城好きの方はぜひこの機会に「平成千葉城」をご覧いただきたい。

(※)製作者の都合により、実際の設計図とは多少異なる点もあります。

武士(221) 週刊少年ジャンプ ,

インペルダウン包囲網が完成

2009/02/10 
[ONE PIECE]
武士

脱獄騒ぎが続くインぺルダウンだが、海軍、看守側によるインぺルダウンの完全封鎖が完了した。これにより、脱獄者や侵入者は完全に逃げ道を失ったことになる。

さらに監獄所長であるマゼランさんも「ドクドクの実」の能力を発揮。「毒竜(ヒドラ)」を呼び出し、収監されている億越えの海賊を一瞬で処刑する実力を見せた。

一向に治まる様子を見せなかった脱獄騒ぎだが、どうやらここにきて看守側も本気で動き出した様子。

ここまで着々とLEVEL5に向け歩を進め、さらには階を下りるごとに味方を増やすなど勢力を増すモンキー・D・ルフィさんら脱獄囚チーム。だが、これより下に進むためには、そして、脱獄を成功させるためにはさらなる困難が待ち受けていることは間違いないだろう。

武士(221) 週刊少年ジャンプ , ,