ブックオフオンライン

記事一覧

記事一覧 for 11月, 2008

中学生漫画家、『赤マルジャンプ』デビュー決定

2008/11/10 
[バクマン。]
ソウゾウドウ

現役中学生漫画家の真城最高さんと高木秋人さんの作品「この世は金と知恵」の『赤マルジャンプ』への掲載が決定した。

編集者の服部さんからの「人の欲をリアルに、できるだけいやらしく描くように」というアドバイスや、最高さんが画風を劇画風に戻したことなども、この作品の完成度の高さに繋がったようだ。

『赤マルジャンプ』は『少年ジャンプ』の増刊として年3回発行される。多くの新人が読み切りを発表するこの雑誌で人気を得れば『少年ジャンプ』での連載が決まることも珍しい事ではない。

掲載決定の吉報に人生で一番嬉しいと喜ぶ最高さんたち。
しかし、掲載誌での巻頭カラーは同年代の新妻エイジさんが飾ることが決定している。
人気勝負に勝って、このチャンスを物にするか、新妻さんの引き立て役で終わるか、この差は大きい。

服部さんも「勝て! 絶対に負けるな!」とふたりを励ます。
同年代漫画家対決、軍配はどちらに?

ソウゾウドウ(34) 週刊少年ジャンプ , ,

会議は完全に合コン化

2008/11/10 
[ピューと吹く!ジャガー]
ソウゾウドウ

ガリクソンプロダクションの学園祭のステージでの催し物を決めるための会議が、完全に合コンの場と化した。

きっかけは、ふえ科のハマーさん(本名、浜渡浩満)の暴走。
演歌歌手ばりのスーツを着込み、ニセの前髪を垂らして登場したハマーさんは、アイドル科の春野咲良さんを完全ロックオン状態。
さらに、HIPHOP科のGUN-ZI(ガンジー)さん、アイドル科の日向瞬さんも春野さん狙いの模様。

ギター科の山瀬さんがゲスト候補に、タッピング演奏のスペシャリスト「押尾マーナブー」さんを挙げ、音楽談義で場が盛り上がり始めたところ、春野さんもフエ科の高幡不動さんに積極的にアプローチを開始。
声色変えて、話題に割り込んで来た春野さんに、山瀬さんも困惑気味の様子。

場の空気がおかしくなり始めた中、春野さんを巡り小競り合いまで起きる始末。
たまりかねたギター科の橘さんが一喝、これによりようやく場が収まったかと思いきや、合コンよろしく席替えを提案する意外な展開に。

まったく進展のないまま、会議は合コンへとシフト。
思惑絡む、恋の行方は?
なにより、学園祭は大丈夫なのか?
続報を待ちたい。

ソウゾウドウ(34) 週刊少年ジャンプ ,

山田選手、日本新記録の6打席連続本塁打を達成

2008/11/09 
[ドカベン スーパースターズ編]

パ・リーグ最終戦となる福岡ソフトバンクホークス対東京スーパースターズ戦で、東京・山田選手が、日本新記録となる6打席連続本塁打を放った。

12回表、二死で迎えた山田選手の6回目の打席。山田選手は馬原投手の4球目を叩き、センター多村選手の頭上を越えるバックスクリーンへの本塁打。これにより、自身が持つ記録を更新し、6打席連続本塁打の日本新記録が達成された。

1点リードした東京は12回裏、里中投手が代打の川崎選手を三塁ライナーに仕留めて試合終了。東京は土壇場でソフトバンクと入れ替わって3位となり、クライマックスシリーズ出場権を獲得した。

マシュー(20) 週刊少年チャンピオン ,

ETU、川崎戦のゲームキャプテンは椿選手

2008/11/07 
[GIANT KILLING]
河野

現在好調のETU(イースト・トキョー・ユナイテッド)。今週の対戦は川崎フロンティアだが、本来キャプテンのMF村越選手が累積警告による出場停止のため、ルーキーのMF椿選手がキャプテンに指名された。

スタメンは若手主体の川崎に対し、ETUはFW堺選手やMF堀田選手やMF丹波選手などベテランを中心にしたメンバー構成。中盤を守備で支えるMF村越選手に加え、司令塔のMFジーノ(吉田選手)も欠くETUがどのような試合を見せるのか、達海監督の采配が注目される。

河野(177) モーニング , , ,

江ノ島高校、ベスト8に散る

2008/11/06 
[エリアの騎士]
てぬぐい

インターハイ神奈川県予選、江ノ島高校対葉蔭学院戦は、3対3のまま後半戦も終了、PK戦での決着となった。

両校譲らず5対4で迎えた最終キッカー、江ノ島高校荒木くんのシュートを、葉蔭学院ゴールキーパー岩本くんがファインセーブ、江ノ島高校イレブンはグラウンドに崩折れた。

ラスト10分で獅子奮迅の活躍を見せた江ノ島高校の一年生フォワード、逢沢駆くんは最後のシュートを放った直後に倒れ、意識不明のまま病院へ運ばれた。
過剰な運動による、一時的な酸欠状態とのことで現在は回復しているが、そこまでのプレーをさせてしまった指導方法に問題は無かったか、再考を促したい。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン , ,

真城・高木コンビは「反王道漫画」で『赤マルジャンプ』掲載を目指す

2008/11/04 
[バクマン。]
ソウゾウドウ

真城最高さんと高木秋人さんが次に描く漫画が「この世は金と知恵」という作品に決まった。

人の心を金で買って、頂点を目指すストーリーで、人の脳が売り買いできる近未来が舞台となる。
実に少年漫画らしくない内容になったのには、『少年ジャンプ』編集者の服部さんのアドバイスによるところが大きい。

「君たちは王道には向いていない。高木くんの良さは子供らしくない話を作るところ。10人のうち、2人が確実に面白いと言ってくれればいい」と語った服部さん。

『少年ジャンプ』には読者アンケートハガキが付いており、その結果によって漫画の掲載順位が決まる。2割の支持を受ければ人気漫画になれる、この仕組みを上手く利用するのがポイント。
半分以上には面白くないと思われても、確実に2人に支持されるのが目標だ。この、ある意味邪道ともいえる方式で『赤マルジャンプ』への掲載を目指す。

『赤マルジャンプ』の締め切り2月13日。真城さんと高木さん、そして服部さんの3人によるネーム作業は始まったばかり。
この「反王道による大博打」、吉と出るか凶と出るか、答えが出る日を楽しみに待ちたい。

ソウゾウドウ(34) 週刊少年ジャンプ , ,

自称スーパースターのハマーさん、合コン気分で会議に参加

2008/11/04 
[ピューと吹く!ジャガー]
ソウゾウドウ

「きっさ おしゃれ」で行われた会議の場において、ふえ科のハマーさん(本名、浜渡浩満)が、ひとり合コン気分で大暴走を始めた。

この会議は、ガリクソンプロダクションの学園祭のステージでの催し物を決めるために、音楽系の科が合同で開いたもの。

夏場でもダウンジャケットを着込むハマーさんだが、この日はスーツで登場。会議の開催に先駆け、まずは合コンよろしく自己紹介を提案した。

この場において、トリを自ら買ったハマーさんは、自身を「ふえ科が生んだHIPHOP界のスーパースター」と名乗り、「あかさたなハマーやらわ! ハマーがやらねば誰がやる… 横ハマ縦ハマオレハマー! ハマーでぇっすYOロシク!!」とシャウトし、重苦しい空気を演出、ふえ科を完全にアウェーに追い込んだ。

さらに、ひとり勢いづくハマーさんは、アイドル科の春野咲良さんに狙いを定め、じっくりと見つめ続ける始末。

会議は無事成立するのか? そして、ハマーさんの恋の行方やいかに?

ソウゾウドウ(34) 週刊少年ジャンプ ,

ルフィさんの公開処刑が中止へ

2008/11/04 
[ONE PIECE]
武士

男子禁制の島、アマゾン・リリーに侵入及び、九蛇海賊団船長、ボア・ハンコックさんの背中の秘密を見た、という罪で処刑を宣告されていた麦わら海賊団のモンキー・D・ルフィさん。なんと力づくで処刑執行を阻止した模様。

ルフィさんは処刑執行人である、ヘビヘビの実の能力者、ゴルゴン姉妹を圧倒していたが、その際に姉妹が同士討ち、全身を燃やす「炎の蛇神」により、衣服が燃えてしまったソニアさんを体を張って守るシーンが見られた。

その後、ハンコックさんは処刑の中止を宣言、観客を場外に避難させる事態に。

どうやらハンコックさんだけではなく、他の姉妹の背中にも「ゴルゴンの目」という呪いがかかっており、その秘密を守りたい姉妹をルフィさんがかばったようで、そのことが冷徹なハンコックさんの心境に変化をもたらしたように思われる。

処刑は免れたようだが、今後のルフィさんの処遇がどうなるのか?
続報が待たれる。

武士(221) 週刊少年ジャンプ , ,

高校アメフト、関東勢が初優勝

2008/11/04 
[アイシールド21]
武士

全国高校アメリカンフットボール大会がついに決着。大会開始以来、優勝し続けていた帝国アレキサンダースを泥門デビルバッツが破り、関東勢初となる全国優勝を成し遂げた。

試合スコアは42対44と接戦を制した形だが、泥門は残り時間10分まで1点も取れない状態と完全にアレキサンダースに抑えられていた。
ところが、そこからまさかの大逆転である。

作戦会議なしのノーハドルを続けながらチーム一丸となって、WR雷門くんのロングパスキャッチ、RB小早川くんのランを成功させるなど、怒涛の追い上げ。
そして最後に試合を決めたのはK武蔵くんのキック、ポールのバーにぶつかりながらも、社会人ですら決めた人間のいない60ヤードもの距離を見事にゴールした。

そして、泥門の優勝が決まった瞬間、観客が警備員の制止を振り切り、フィールドになだれ込み選手を胴上げするなど、関東勢の悲願達成を祝福する大盛り上がりを見せている。

武士(221) 週刊少年ジャンプ , ,

総四郎対ゴルビー戦、ついに開戦

2008/11/03 
[毎月父さん]
豊

世界最強の格闘技イベント「S・S・K」鈴木・グレーテスト・総四郎vsゴルビー戦がついに開戦されようとしている。

挑戦者であるロシア人・ゴルビー選手は自作の萌えキャラ入り勝負パンツをはいて、さっそうと入場。
王者グレーテスト・総四郎選手は、なんとセコンドに家族3人(妻・その子さん、長女・ひろ子さん、次女・かの子さん)を従えての入場。

総四郎選手が記憶を次々を失くす奇病を患っている、との未確認情報があるが、家族たちがセコンドに着いている理由との関連があるのだろうか。

(38) 週刊ビッグコミックスピリッツ ,