ブックオフオンライン

記事一覧

記事一覧 for 10月, 2008

更科次郎さん、乗鞍ヒルクライムで半田勇吉さんの代走か

2008/10/02 
[かもめ☆チャンス]
豊

潮崎市を牛耳る半田グループの総帥・半田勇吉さんのロードバイクTCR-100を壊してしまった更科次郎さん(潮崎信用金庫勤務)だが、その代償として約1ヵ月後に開催されるロードバイクレース・乗鞍ヒルクライムに、半田勇吉名義で出走することを命じられた、との情報が入った。

半田さんは、ヒルクライムで1時間30分を切ると貰える銅バッヂが欲しいのだが、約173センチ、約100ロという、レース完走には耐えられない体型。そこで、同じ身長である更科さんに、あと30キロ太って同じ体格になってもらい、自分の代わりにタイム内に完走してくれれば、ロードバイク代140万円を免除しても良い、と条件を提示してきたらしい。

同席した自転車屋の店主・箕輪さんは「代走なんて自転車への冒涜だ!」と猛反対。しかし、半田さんに「条件を飲んだら、箕輪さんから高級ロードバイクを販売ノルマ分購入する」と言われ、箕輪さんは一転して半田さんの味方に。

更科さんは頑なに断ったが、さらには半田グループ食品部門のメインバンクを潮崎信用金庫へ移す、と条件を追加してきた。

欲望のためなら権力と金を惜しまない半田さんの要求に対して、果たして更科さんはどう応えるのだろうか!?
今後の展開が楽しみだ。

(38) 週刊ビッグコミックスピリッツ

私立柵高校、学校開放週間を開催

2008/10/02 
[さよなら絶望先生]
てぬぐい

小石川区の私立柵高校が、「開かれた教育」という理念を掲げ、市民が自由に授業に参加できる、学校開放週間を実施している。

当初の予想をはるかに上回る一般市民の人気に、生徒が授業に参加できず他のクラスの授業を受けるといった事態が発生している。

区内では野宿者に開放してしまったために、子供の遊び場としての機能を失った小石川中央公園や、某宗教教団の施設建設を認めてしまったために、住民が信者のみになってしまった町など、同様の現象が各所に見られ、「ウィンブルドン現象」*の再現として問題になっている。

*市場経済において「自由競争による淘汰」を表す用語
テニスのウィンブルドン選手権を語源とし、「本来は地元の利を得られるはずの者」が敗れることを意味する。競争による活性化として評価する見方と、在来のものが除外され望ましくないという見方の両極に別れる。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン

丸尾選手、準決勝に散る

2008/10/02 
[ベイビーステップ]
てぬぐい

テニスの神奈川ジュニアサーキットで、ノーシードながら準決勝に進出し、台風の目となっていた丸尾栄一郎選手だったが、第2シードの荒谷選手にセットカウント0-2で敗れた。
第1セットは荒谷選手との実力差からあっさりと1-6で落としたが、第2セットに入って持ち前の粘りを発揮。
着実にサービスゲームをキープしゲームカウント4-5まで持ち込むものの、荒谷選手のサービスをブレイクできず第10ゲームを落とし敗退が決まった。

丸尾選手の活躍による波乱はあったものの、決勝には第1、第2の両シード選手が勝ちあがり、神奈川No1をかけた頂上決戦が行われる。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン