ブックオフオンライン

記事一覧

記事一覧 for 8月, 2008

東京チーム採点終了、最高得点は加藤さん

2008/08/30 
[GANTZ-ガンツ-]
武士

大阪でのぬらりひょん討伐のミッションをなんとか終了し、東京に帰還した東京チーム。早速、GANTZによる採点が終了したようだ。

最高得点はぬらりひょんを倒した加藤勝さん。一発クリアの100点をたたき出した。次点は今回からミッションに参加している吸血鬼の氷川さん。初参加にもかかわらず般若の星人を撃破、42点を獲得。そして、3位は予想外のホイホイさんの40点。パンダにもかかわらず、高得点をたたき出した模様。その後は4位、風大左衛門さんが32点。5位は子供のタケシ君26点と続いている。

そして、その他のメンバーは0点と、初の他チームとの共同ミッションのせいか、前回に比べ総得点数は低めであった。

また、今回100点を獲得した加藤さんはその得点で玄野計さんを再生。今までのミッションで最多得点を誇る玄野さんが復活したことにより、東京チームの戦力はさらに強化、玄野さんの活躍に期待が集まる。

武士(221) 週刊ヤングジャンプ

成宮さん、パリスさんと戦闘開始

2008/08/26 
[ヴィルトゥス]
豊

ガムラの島で繰り広げられている囚人同士の戦いだが、成宮尊さんが、自称「エーゲ海の美獣」パリスさんと戦闘をすることとなった。

当初、成宮さんは神尾さんとの戦闘で、神尾さんの首を絞め殺したかのように見えたが、実は気を失わせただけということが判明。どちらかが死ぬまで戦う、というルールを破った成宮さんに、ガムラの島民たちは反感を持った模様。

ガムラの島民たちが、成宮さんに襲い掛かろうとした時、「我に任せよ!」とパリスさんが立ち上がった。パリスさんは、周囲から「千の技を持つ男」として一目置かれている存在。果たしてパリスさんの実力は!? この戦闘の行方が気になるところだ。

ちなみにパリスさんは「千の技を持つ男」と呼ばれることが気に入らず、自ら「エーゲ海の美獣」と名乗っているとのこと。筋肉隆々で、普段から何気にポーズを決めているパリスさんの、ナルシストの匂いを漂わせる言動にも、今後も期待したい。

(38) 週刊ビッグコミックスピリッツ

電撃オッペケペー、収録中に爆弾騒ぎ

2008/08/26 
[電波の城]
豊

丸の内テレビ製作の人気クイズ番組「電撃オッペケペー」の収録中に、時限爆弾が爆破するという事件が起きた。

当時、丸の内テレビの人気女子アナ栗田朋子さんとフリーアナウンサーの天宮詩織さんの身体を張ったクイズバトルが終了し、天宮さんが転倒。その際に、栗田さんが座る椅子の裏に設置された時限爆弾が、仰向けに倒れた天宮さんの視界に入り、発見された模様。

出演者たちは、演出の一環か? と戸惑ったが、ディレクターサイドが一切関与していないことが分かった途端、スタジオ内は騒然。出演者とスタッフたちは一斉にスタジオから逃げ出し、大騒ぎになった。

しかし、天宮さんはスタジオ内に残り、爆弾が設置された椅子を持ったまま、スタジオを出て行ってしまった。その後、天宮さんは椅子を抱えて走り、大道具運搬専用の大型エレベータに椅子を投げ、タイミングよくエレベータの扉が閉まった瞬間に、時限爆弾が爆発した。時限爆弾発見から爆発まで約3分。

天宮さんのとっさの行動に、周囲は唖然としたが、エレベータ内には人が居らず、幸い死傷者はひとりもいなかった。

(38) 週刊ビッグコミックスピリッツ

「トイレットハナ公さん」は実在するのか

2008/08/26 
[ピューと吹く!ジャガー]
ソウゾウドウ

休みの日の誰もいない学校で、奥からふたつ目の個室が閉まっているのは「トイレットハナ公」さんがいる証拠。そんな噂がまことしやかにささやかれている。

ハナ公さんがいる時に、その個室の前で用を足したものは許しを得るまで帰ることはできない。もし、それを破って帰ろうとすると、全掃除用具が突き刺さって死ぬ、というのだ。

この事態に直面してしまったのが、酒留清彦さん。
許しを得るために、扉の前で手を2回叩いて「ハナ公さん勘弁してください」と嘆願するも、ハナ公さんは無言。これは、謝り方が中途半端だったことを意味する。そこで、ジャガージュン市さんの助言により、水を被り、土下座をし、さらにヒンズースクワットを繰り返しながら謝り続けた。しかし、ハナ公さんの対応はぞんざいな返事のみ。

絶体絶命のピンチに追い込まれた清彦さんらは最後の手段、「ハナ公さんの仰せのままに」と叫んで、個室を上から覗く手段に打って出た。真剣な表情を直接見せることで、許しを請う作戦だ。

すると、無事許しを得たのか、個室にはハナ公さんの姿はなく、ようやくこの恐怖から解放される形となった。

実際にはハナ公さんではなく、個室に偶然居合わせた生徒が成り行き上、ハナ公さんを演じていたとの説もある。真相はいかに?

ソウゾウドウ(34) 週刊少年ジャンプ

日本五輪代表、ギリシャA代表との壮行試合は2-2のドロー

2008/08/26 
[キャプテン翼 GOLDEN-23]
河野

前半を2点のビハインドで折り返した日本五輪代表だったが、後半開始早々に日向選手のポストプレイから、大空選手と岬選手によるツインシュートで1-2と迫り、さらに大空選手のドライブパスを日向選手が決めて同点とした。

課題の守備も、新田選手に代えてDF曽我選手を投入してからは安定した。また後半途中には正GKの若林選手を投入し、後半は無失点を守った。なお、スタメンGKの若島津選手はFWにポジションを変更しそのまま出場し、東邦学園の黄金コンビとして日向選手と2トップを組んだ。

結局、試合はそのまま2-2の同点で終了。
日本代表は親善試合では勝ちきれないジンクスがあったが、今回も多方面への配慮からか引き分けとなった。

河野(177) 月刊ヤングジャンプ

マンモスマン選手のクリーンファイトに場内大歓声

2008/08/26 
[キン肉マンII世]
河野

マンモスマン選手のフェアプレイに対して観客からの声援が飛ぶ中、セイウチン選手のフライングクロスチョップがマンモスマン選手の喉元を急襲、またも血しぶき飛び交う試合展開となった。

続くドロップキック、モンゴリアンチョップの猛攻をしのいだマンモスマン選手はフロント・スープレックスで反撃、セイウチン選手をルーレット・チェンバーに投げ飛ばした。

この勢いでセイウチン選手がチェンバーの鉄格子にはさまってしまうハプニングが発生。マンモスマン選手が一気に畳み掛けるかと思いきや、自ら絡まった鉄格子をこじ開けセイウチン選手を救出した。

しかしセイウチン選手は、この正義超人らしいクリーンファイトをあざ笑うかのように、噛み付きで逆襲、オリジナルホールド「ダブリンのつむじ風」でマンモスマン選手から初のダウンを奪った。

さらに、ネプチューンマン選手との連携攻撃で再度ダウン寸前まで追い込まれたマンモスマン選手だったが、ここでウォーズマン選手にスイッチ、この試合初めての「ファイティング・コンピューター」のリングインとなった。

21世紀からやってきたとされるウォーズマン選手、その闘いぶりやいかに?
マンモスマン同様のクリーンファイトを期待したい。

河野(177) 週刊プレイボーイ

小松さん、九死に一生を得る

2008/08/25 
[トリコ]
武士

伝説の食材「フグ鯨」を捜索中、他の美食屋によって誘拐されていた小松さん。
的中率97%の占い師ココさんには死相が見えると言われていたが、無事生還を果たした。

小松さんは誘拐後、伝説の魔獣「デビル大蛇」のエサにされかけたようだが、たまたまそこに居合わせた「ノッキングマスター次郎」さんにより救助されたとのこと。
次郎さんはあらゆる獣のノッキングを熟知する美食屋で、今回もデビル大蛇をノッキングし、ケガをさせることなく眠らせるほどの腕の持ち主。

さらに救助時には、爆音によるショックで心臓停止している状態の小松さんを蘇生させる場面も見られた。その後、九死に一生を得た小松さんはトリコさんらと合流、フグ鯨の産卵場所である「洞窟の砂浜」についに到着した。

また、今回の目的であるフグ鯨だが、捕獲レベル29と今までにない難度。無事に毒化させずに捕獲できるのか? トリコさんの手腕に注目が集まっている。

武士(221) 週刊少年ジャンプ

八尾の尾獣、その真の姿は「巨大な牛」

2008/08/25 
[NARUTO]
武士

現在、うちはサスケさんらと交戦中の八尾の人柱力、キラービーさんが尾獣の力を解放した模様。キラービーさんの真の姿は牛の体にタコの8本の足を持つ怪物だった。
しかもその姿は岩山よりも大きく、サスケさんら「鷹」のメンバーも思わず言葉を無くしてしまうほどのサイズ。

キラービーさんは第一段階の尾獣のチャクラを身にまとった状態で、すでにサスケさんらを圧倒していたが、真の姿を現すことでさらにパワーアップした模様。

それに対し、「鷹」はリーダーのサスケさんは幻術を破られたうえ、大ケガを負い治療中。他のメンバーの攻撃もほとんど通用していない。
打倒木の葉のために結成された「鷹」だが、初陣にて早くも危機的状況に陥っているようだ。

武士(221) 週刊少年ジャンプ

海賊VS海軍の戦いに「冥王」が参戦

2008/08/25 
[ONE PIECE]
武士

海賊王ゴール・D・ロジャーさんの船にて、副船長を務めていた冥王シルバーズ・レイリーさん。副船長引退後、シャボンディパークにて船のコーティング屋を営んでいたようだが、現在行われている海賊と海軍との戦いに参戦した。

どうやら、麦わら海賊団の救助に現れたようで、同海賊団の一人、ロロノア・ゾロさんが海軍大将「黄猿」さんにより処刑されそうになるところを止める場面も見られた。

だが、麦わら海賊団は七武会のひとり、バーソロミュー・くまさんを撃破したものの、現場には他のくまさんや、海軍本部化学部隊隊長の「戦闘丸」さん、「黄猿」さんが集まってきており、脱出は非常に困難と思われる。

レイリーさんの実力は未知数ではあるものの、最強の海賊団の副船長を務めたほどの人物。普通であれば攻撃が効かない自然系の能力者の体を捉えるなど、何かしらの能力者であることは間違いないだろう。

「冥王」と呼ばれた男のその実力とは?
レイリーさんの動向に麦わら海賊団の命運がかかっている。

武士(221) 週刊少年ジャンプ

日暮巡査、リストラされる

2008/08/25 
[こちら葛飾区亀有公園前派出所]
武士

4年に一度、夏季オリンピックが行われる年にしか目覚めない警察官、日暮熟睡男さん。今までは4年に一度の勤務とはいえ、予知能力や念写能力、瞬間移動能力を使って行方不明者の捜索など迷宮入りとなった事件を解決するため、クビにならずにすんでいたようだが、「超能力はうさんくさく、4年分の給料がもったいない」という理由から、とうとう警視庁をリストラされてしまったようだ。

そのため、同僚の両津勘吉さんの勧めでホストに転職。持ち前の超能力と女性と話すことが得意、ということもあり、人気は上々のようだ。

最終的には両津さんの説得により、寝ている間は給料なしということで、なんとか警察官として仕事は繋がったようだが、次に日暮さんが目覚めるのは2012年、4年後の状況はどうなっているのか、まだまだ安心はできないだろう。

武士(221) 週刊少年ジャンプ