ブックオフオンライン

記事一覧

記事一覧 for 4月, 2008

アメリカスカップ出場の日本チームのメンバー決定

2008/04/18 
[風の陣]
河野

150年以上続くアメリカスカップの次回開催地が日本になることは、モーリンギのオーナー、アラン・ヴォルド氏によりすでに発表されているが、同大会に参加する日本チーム「イーグル」のメンバーが決定した。

高校生中心で構成される日本チームだが、いわゆる運転手にあたるヘルムスマンには風間陣くんが決定。彼をサポートするタクティシャンには鷲津美幸さんが、その他の担当は下記表の通り。

バウマン 川崎達也
ミッドバウマン 浜崎五郎
マストマン 江澤力
ピットマン 島田健次
グラインダー 田所信一郎
グラインダー 大島規男
アップウインド・トリマー 野田正
ダウンウインド・トリマー 立野洋
メインセイル・グラインダー 千葉九一
メインセイル・トリマー 青山光一
トラベラー 中村広
ヘルムスマン 風間陣
タクティシャン 鷲津美幸
ランナー・ストラテジスト 近藤徹
ナビゲーター 西川正三
ウェザー 村上龍男
ランナー・グラインダー 岩井翼

同大会にはロシア、中国、サウジアラビアなどが参加を表明しており、過去最高の盛り上がりになることが予想されるが、日本代表チームのオーナー鷲津真緒さんは取材陣に対して沈黙を守っている。

河野(177) 週刊ヤングジャンプ

花形くんが練習試合で場外ホームラン

2008/04/17 
[新約「巨人の星」花形]
河野

紅洋高校の一年生四番バッター花形くんが青雲高校と練習試合で、第一打席に場外3ランホームランを放った。打たれた青雲高校ピッチャーの小宮くんは信じられないといった表情で肩を落とした。

花形くんはベースランニング中に、彼がライバルと認める星飛雄馬くんを指さしかなり興奮した様子で「君をベンチから引きずり出す!!!!」と挑発した。星くんは控え投手のため、この試合には登板していない。

なお、ホームランボールは球場近くの病院にいた、左門豊作くんが素手でキャッチした模様。

河野(177) 週刊少年マガジン

南テレの林アキコさんが退職

2008/04/17 
[ひまわりっ ~健一レジェンド~]
河野

宮崎にある南九州テレホンに勤める林アキコさんが今週月曜日に退職した。林さんはすでに「徳永アキコ」のペンネームで漫画家デビューをしており、今後は東京で漫画家業に専念するとのこと。

最終日には、職場の上司である猿渡副主任らのほかに、パイナップル銀行に勤めるハルオさんや、南国グリーンサービスに勤める興梠健一さんたちが挨拶に訪れた。
ハルオさんと健一さんからはバラの花束がプレゼントされた。

アキコさんの送別会は、猿渡副主任たちがメンバーのお笑いユニット「信頼関係」の復活ライブと合同で行われる模様。

河野(177) モーニング

初芝電産社長に現専務取締役の松橋葉一氏が内定

2008/04/17 
[専務島耕作]
河野

初芝電産の郡山利郎社長が辞任し相談役に就任するとともに、同社専務の島耕作氏が社長に就任することは既報の通りだが、それに伴い、新体制の役員人事が進んでいる模様。

現時点では内示の段階ではあるものの、関係者筋からの情報によると、初芝電産専務取締役の松橋葉一氏が社長に就任するとのこと。
そのほか、北京初芝電産董事長の小栗忠光氏が初芝五洋ホールディングスの専務に、上海初芝電産董事長の八木尊氏が初芝電産の国内営業本部長に、初芝ゴルフ開発総経理の国分圭太郎氏が上海初芝電産の董事長にそれぞれ内定した。

島氏の社長就任は来週の記者会見で正式に発表され、すべての人事は来月の株主総会で決定するとのこと。

河野(177) モーニング

真東輝医師、カバーリング法で気胸手術に成功

2008/04/17 
[ゴッドハンド輝]
河野

四瑛会病院に勤める真東輝医師は、気胸の再発で苦しむ和久井有彩さんの手術にカバーリング法を実施し、これに成功した。同法は四瑛会病院では初とのこと。
真東医師は、肺の表面にセルロース素材のメッシュを貼ることで、それが一ヶ月程度で吸収され、肺の表面が厚くなり再発を防ぐと説明した。

セルロースはナタ・デ・ココに使われていることで有名な食物繊維で、近年では有機ELディスプレイのパネルとして使うアイディアが注目されている。

ちなみに真東輝医師は胸腔鏡で折り鶴を作れるほどの腕前で、伝説のゴッドハンド真東光介さんのひとり息子。一度も患者の死に立ち会ったことがないという絶対的「天運」を持つと言われている。

河野(177) 週刊少年マガジン

メジャーリーグを代表する大エース、ギブソンが電撃復帰

2008/04/17 
[MAJOR]
河野

21世紀のメジャーリーグを代表する投手、ジョー・ギブソンがシカゴ・バイソンズに復帰することが発表された。
ギブソン選手は息子のギブソンJr.とともにW杯に出場し、日本代表を破って世界一になったが、その際に狭心症を発症し、現役を引退したものと思われていた。

ギブソン選手は「心臓の治療のため、任意引退扱いになっていたが、引退宣言はしていない」とこれを否定。さらに記者からの「有終の美を飾って燃え尽きたと思われている中、もうやり残したことなどないのでは」という質問に対し、「くだらない」とこれを一蹴。「私は何かを成し遂げるために野球をやってきたわけじゃない!! すべてを手にして私が燃え尽きたなど、私に対する最大の侮辱だよ!!」と激怒した。

ギブソン選手はさっそく明日のホーネッツ戦に先発する予定。
ホーネッツの明日の先発投手は、日本人メジャーリーガーの茂野吾郎選手。茂野選手は現在、投球恐怖症(イップス)に悩んでおり、彼の主治医である、心理療法士のオリバーさんによると、一週間ほど前にギブソン選手から茂野選手の状態について、電話で相談があったとのこと。今回の電撃復帰とも無関係ではなさそうだ。

河野(177) 週刊少年サンデー

百地さちえさんが地球人初の銀河パトロール勲章を授章

2008/04/14 
[さちえちゃんグー!!]
河野

里山中学校2年3組の百地さちえさん(14)がザリドさん(17)と協力して、オクト星に襲来していたお尋ね者のミル一味(「ミル」「クチョ」「コレイト」)の逮捕に協力した。

百地さちえさんの家系は忍者の子孫で、父親は格闘チャンピオンの百地二十太夫さん。さちえさんは「爆力丸ラーメン」(非売品)を食べることで一気に力を爆発させることができるという。
またザリドさんは格闘ワールドカップ、ジュニアクラスチャンピオンの実力者。

ミル一味は、さちえさんのおしりにあるウンコマークのアザが銀河パトロールのマークと酷似していることに驚き、勘違いした隙にさちえさんの全力キックでやられた模様。
今回の功績が認められ、ふたりは地球人初の銀河パトロール勲章を授章した。

河野(177) ジャンプSQ

両津勘吉さん、大々将棋で御堂春さんに敗北

2008/04/14 
[こちら葛飾区亀有公園前派出所]
河野

葛飾区亀有公園前派出所に勤務する両津勘吉巡査長は、将棋盤を2枚、将棋駒を4つ使ってのオリジナル将棋「大々将棋」を考案、同僚の本田速人巡査と勝負し、これに勝利した。
両津巡査長はその勢いをかって、将棋通としてならす大原大次郎巡査部長とも対戦し勝利。翌日には都内にある超神田寿司にて、葛飾署交通課に勤務する擬宝珠纏(ぎぼしまとい)さんにも勝利したが、これは影武者を名乗る偽の王将駒を使う、反則での勝利との情報も。

さらに両津巡査長は、彼の将棋のライバルである、大阪府警通天閣所交通課に勤務する御堂春巡査と対戦したが、3分で4枚すべての王将(しかもすべて影武者)を取られ投了。あっという間の敗北だった。

なお、両津巡査長と御堂巡査は勤務中にネット対戦をしていた疑いもある。

河野(177) 週刊少年ジャンプ

泥門デビルバッツのコーチに関東最強軍団が集結

2008/04/14 
[アイシールド21]
河野

クリスマスボウルで対戦が決定している、泥門デビルバッツと帝黒アレキサンダーズの両校の準備が着々と進んでいる。

関西代表の帝黒アレキサンダーズは総勢256名の部員を招集し、対策会議を実施。アレキサンダーズは女性のエースQB小泉花梨さんを中心に、RB大和猛くん、WR本庄鷹くんと全国トップクラスの選手が集まった全国最強と名高いチーム。
特に本庄くんは史上最強の野手と呼ばれる本庄勝選手のひとり息子で、走り幅跳び8.25メートルの日本記録保持者としても知られる。

一方、関東代表の泥門デビルバッツも対策を進めており、盤戸スパイダーズのTE赤羽隼人くんや王城ホワイトナイツのLB進清十郎くんなど、各チームのエースがマンツーマンでデビルバッツ・メンバーの指導にあたるとのこと。
両校とも、高校アメフト界屈指の好チームであり、多くのファンが対戦を心待ちにしている。

なお、デビルバッツのエースQB蛭魔妖一くんは骨折の治療中で、セグウェイと酸素カプセルを合体させ「世紀の大発明、移動型酸素カプセル!」と自慢しているが、これは道路交通法違反の可能性がある。

河野(177) 週刊少年ジャンプ

伊達政宗さんが小田原に大遅刻

2008/04/11 
[へうげもの]
河野

1590年6月初旬、集合時間を大幅に遅刻していた伊達政宗さんがようやく小田原に到着。翌日、前田利家さん同行のもと、石垣山にて関白秀吉さんと面会した。
政宗さんは白装束姿で登場し、一同の失笑を買ったが、遅刻の罪は問われずにすんだ。

なお、白装束での拝謁は、古田織部さんのアドバイスによるものとの噂。

河野(177) モーニング