ブックオフオンライン

記事一覧

掲載誌別記事一覧 for the ‘週刊少年マガジン’

個人戦男子シングルス優勝は東くんに決まる

2008/05/22 
[スマッシュ!]
河野

高校選抜大会、個人戦男子シングルス決勝は東城第二高校の東翔太くんが優勝した。東くんは団体戦とあわせて2冠。決勝の対戦相手、古賀大輔くんが審判に暴言を吐いたため第1セットにレッドカードが出されたが、バドミントンのルールではサッカーと異なり、その場で退場になることはない。今回は失格ではなく、あくまでも棄権。後味の悪い決勝戦となってしまった。

最終スコアは15-20で、古賀くんがリードした状況だったが、監督が棄権することを主審に伝えたため、その場で試合終了となった。

河野(177) 週刊少年マガジン ,

鎌川学館が7-0でベスト8に進出

2008/05/22 
[エリアの騎士]
河野

高校総体神奈川県予選、決勝トーナメント第1回戦の鎌川学館対泊山学園の試合は、7-0で鎌川学館が圧倒的な強さを見せ、ベスト8進出を決めた。エースの鷹匠くんはハットトリックの活躍を見せた。

鎌川学館は絶対的な得点力を誇る、全日本U-19代表のFW鷹匠くんや、中盤を構成する世良くんや佐伯くん、さらに守備ではスイーパーの国松くん等、高校トップクラスの実力を備えた選手が多数おり、間違いなく全国でも1、2の強豪校である。
今大会でも優勝候補ナンバーワンと呼ばれており、対抗馬の葉蔭学院との決勝が予想されている。

河野(177) 週刊少年マガジン , ,

北見くんがは寂しがり屋さんだった

2008/05/22 
[ヤンキー君とメガネちゃん]
河野

新学期早々ケンカして謹慎処分になった北見くんと転校生の香川くんに対し、紋白高校生徒会が反省文を書かせようとしたが、香川くんは素直に従ったものの、北見くんは書こうとしなかった。

生徒会副会長の品川大地くんが北見くんの周辺を調査した結果、彼の反抗的な態度をさして「おまえ本当は、友達がほしいだけなんだろ?」とズバリ核心を突く指摘をした。北見くんは動揺し、逆ギレして自分から学校を辞めると強がったが、品川くんは「テメーは俺が何とかしてやるよ!!」と約束した。

河野(177) 週刊少年マガジン ,

順一郎くんが無事救出される

2008/05/22 
[シバトラ]
河野

自宅に放火して無理心中を図った、会社社長の小泉順也さん宅で、長男の順一郎くんが無事救出されたことがわかった。高円寺警察署生活安全課少年係の柴田竹虎さんが救出した模様。順一郎くんは親に刺されていたが、同署に勤務する鮎川環さん宅の鍵が胸ポケットに入っていたことで助かったとのこと。

順一郎くんは今後、田舎に住む祖父のところで暮らすことになるそう。

河野(177) 週刊少年マガジン

ルーシィさんとジュビアさん、合体魔法でヴィダルダスを倒す

2008/05/22 
[FAIRY TAIL]
河野

ルーシィさんとジュビアさんは、ジェラールが放った刺客「三羽鴉(トリニティレイブン)」のひとり、ヴィダルダスを倒した。ヴィダルダスはジュビアさんを洗脳し、彼女を操って攻撃したが、アクエリアスを召喚して正気に戻した。アクエリアスは最強の星霊とも呼ばれ、水があれば召喚することができるらしい。さらに合体魔法(ユニゾンレイド)を使い、でヴィダルダスを倒した模様。

なお、アクエリアスは相当柄が悪いそうで、ルーシィさんは「殺すぞ、てめえ」とすごまれていた。

河野(177) 週刊少年マガジン ,

4回戦に向けて丸尾くんがメンタルトレーニング

2008/05/18 
[ベイビーステップ]
河野

神奈川ジュニアサーキットに出場し、3回戦では第5シードの宮川卓也くんに勝利した丸尾栄一郎くんは、すでに次の試合に向けて、フロリダの名門テニススクールから来た臨時コーチ、マイクのトレーニングを受けている。

スポーツ心理学者でもあるマイクコーチは技術面ではなく、精神面でのサポートを担当しており、「イメージすること」がテニスのプレーに与える影響についてトレーニングした。一番調子のいい時を思い出す、それも20秒というポイント間に許される時間でそれをイメージすることで、ベストの精神状態を意識的に作り出すことが試合を有利に運ぶ秘訣だとマイクコーチは語る。

丸尾くんの4回戦が楽しみである。

河野(177) 週刊少年マガジン ,

シングルス決勝、古賀くんにレッドカード

2008/05/18 
[スマッシュ!]
河野

高校選抜大会、個人戦男子シングルス決勝は第1セットにまさかのレッドカードが飛び出した。第1セットは一時は16-0と、古賀大輔くんが左利きの優位性を活かして圧倒的に攻め立てたが、そこから対戦相手の東城第二高校の東翔太くんが粘りを見せていたところだった。ポイントは20-15と古賀くんのセットポイントだっただけに残念な事態になった。

古賀くんは審判に対して非紳士的な言動を繰り返したため、主審はレッドカードを提示した。なお、バドミントンのレッドカードはサッカーとは違い、即刻退場ではなく、「フォルト」を取られる。スポーツマンらしくない行為に対して出される点では同じで、イエローカードも存在する。さらにひどい場合、審判は競技委員長と協議しブラックカードが出されて「失格」となる。

今後の試合展開にどんな影響が出るのか、注目される。

河野(177) 週刊少年マガジン ,

会社社長宅で親子3人、無理心中か

2008/05/18 
[シバトラ]
河野

会社社長の小泉順也さんが自宅に放火し無理心中を図った模様。家の中には妻でデザイナーの美恵子さん、長男の順一郎くんが残されている可能性があり、安否が気遣われている。

順一郎くんは事件前日に飲酒で補導されており、これまでにも多くの補導歴があるらしい。彼を補導した高円寺署に勤務する鮎川環さんによれば、寂しくて悪さをすることで人の気を引こうとしているだけとのこと。鮎川さんが少年係に転属初日だったこともあり、自宅に泊めたこともわかっている。

順一郎くんによる放火の可能性も残っており、迅速な消火作業が望まれる。

河野(177) 週刊少年マガジン , ,

インドネシアでマグニチュード9.4の大地震が発生

2008/05/08 
[トッキュー!!]
河野

インドネシアでマグニチュード9.4の大地震が発生した模様。震源地はジャカルタ南部で、地震発生時刻は現地時間の午後で詳細は不明。

外務省経由で国際緊急救助隊の招集要請があり、海上保安庁特殊救難隊、通称「トッキュー隊」から選出された派遣メンバーが本日にも成田から現地に向かう。
現在わかっているメンバーは、高嶺嘉之さん(特殊救難隊第六隊副隊長、救急救命士)、真田甚さん(特殊救難隊六隊隊長)、嶋本進次さん(特殊救難隊第三隊隊長)、神林兵悟さん(特殊救難隊第六隊隊員)の4名。

関係者によると、神林さんは特殊救難隊第六隊副隊長の座を同僚の石井盤さんに譲り、特殊救難隊を辞める覚悟とのこと。辞表を持参したままの緊急招集だったが、そのまま国際緊急救助隊としてインドネシアに向かうのか、動向が注目される。

河野(177) 週刊少年マガジン

高校選抜大会、個人戦シングルス決勝は東くんと古賀くんに

2008/05/08 
[スマッシュ!]
河野

高校選抜大会、個人戦男子シングルスは、すでに団体戦で優勝している東城第二高校の東翔太くんが橋田裕二くんを2-0のストレートで下し、決勝に進出した。決勝の対戦相手は同じ一年生の古賀大輔くん。古賀くんも準決勝では前田進一くんを2-0のストレートで下しており、一年生同士の対戦が実現した。

また、個人戦男子ダブルスは富山帝東高校の鳥羽大和くんと上野ハルくんのペアが優勝した。富山帝東高は団体戦の雪辱を果たした。

河野(177) 週刊少年マガジン