ブックオフオンライン

記事一覧

掲載誌別記事一覧 for the ‘週刊漫画ゴラク’

第1回喰輪杯で日本の大原選手が優勝

2009/02/18 
[喰いしん坊!]
河野

台湾で行なわれている第1回喰輪杯において、日本代表の大原満太郎選手が優勝した。大原選手は見事、「大食い世界一」の称号を手に入れた。

決勝戦となる5000メートル大食耐久競走では、台湾代表の林美麗選手と激しいデッドヒートを繰り広げたが、最終的には残り0.56㎏対0.46㎏で、100グラム差で大原選手が優勝となった。

河野(177) 週刊漫画ゴラク ,

西都鉄道社長、筒井義郎氏が逮捕

2008/08/11 
[白竜-LEGEND-]
河野

現在カミムラファンドによってTOBを実施されている西都鉄道社長、筒井義郎氏が逮捕された。筒井社長は都内の愛人宅に潜伏中のところを東京地検特捜部が乗り込み、12時27分に身柄を拘束された。

西都鉄道は株主偽装による不正を行なっており、その善後策としてメインバンクを中心とする徳川委員会による再建案が出されていた。この再建案を受け入れると筒井社長の解任は確実だったこともあり、筒井社長はカミムラファンドが持ちかけたTOBについて了承していたところの逮捕だった。

一部では今回の一連の騒動のフィクサーとも目される黒須組の若頭・白川竜也(通称「白竜」)氏は「まだまだこれからだ」と語っており、今後の展開が注目される。

河野(177) 週刊漫画ゴラク

喰輪杯、第5試合の勝負食はバナナジュース

2008/08/11 
[喰いしん坊!]
河野

第1回喰輪杯(クイリンピック)、第5試合の勝負食はバナナジュースであることが発表された。

第5試合はドイツのバルマー・ラインハルト選手対イタリアのブルーノ・カルパッチョ選手の対戦となったが、両選手の前にバナナジュースの入った大ジョッキと水差しにグラス、大小のスプーンにストローが3本置かれた。

これまではトウモロコシやトマトなど、固形物の食材が勝負食として出されてきたが、初めての飲み物ということで、会場の観客は「ラッキーな食材に当たった」「運がいいな」とコメントする一方で、他の選手は「やっかいな食材だ」「これに当たらなくてラッキーだ」と正反対の感想を漏らした。

日本代表の大原満太郎選手によれば、一見楽そうな液体モノだが、液体はのどの通りはいいものの直接胃に貯まっていく重量感と満腹感がキツイとのこと。

試合が始まって数分、カルパッチョ選手が水で薄めて飲み干そうとするのに対し、ラインハルト選手はスプーンで食べ続けるという、予想外の展開。他の選手たちはこの様子を見て、ラインハルト選手の勝利を予想している。

河野(177) 週刊漫画ゴラク

西都鉄道筒井社長が襲撃される

2008/06/07 
[白竜-LEGEND-]
河野

西都鉄道社長の筒井義郎氏が都内のホテルで襲撃された。帝王ホテルで行なわれた、民事党若鷲会の結成10周年パーティーでスピーチするために出席していた筒井氏は、帰るためにエレベーターに乗ろうとしたところを黒須組の構成員に襲われた模様。
筒井氏はとっさに付き添いの3名を盾にしたためおそらく無事だと思われる。

一方、京都征和会に命を狙われている黒須組・組長の黒須勘介氏はフィリピンパブ「マニラガール」で働くアンジェリーナさんに会うために単身で出かけた。すでに京都征和会・若頭の新田氏が同パブに潜入しており、かなり危険な状況とのこと。

河野(177) 週刊漫画ゴラク , ,

喰輪杯、一回戦の対戦カードが決定

2008/06/01 
[喰いしん坊!]
河野

台湾で開催されている、第1回喰輪杯(クイリンピック)の一回戦は個人戦となり、そのその対戦カードが発表された。

第1試合 ニコライ・カバレフスキー(ロシア) vs トーマス・ヨハンセン(ノルウェー)
第2試合 ジャッキー・揚(台湾) vs 李大虎(台湾)
第3試合 チャーリー・アボット(イギリス) vs ホセ・ゴンザレス(メキシコ)
第4試合 ジェフ・ノーマン(オーストラリア) vs テオドール・ヴァンゲリス(ギリシア)
第5試合 バルマー・ラインハルト(ドイツ) vs ブルーノ・カルパッチョ(イタリア)
第6試合 ハサン・トゥラン(トルコ) vs アントニオ・マルティン(スペイン)
第7試合 カルロス・ジルベルト(ブラジル) vs ゴーミット・リー(シンガポール)
第8試合 アンドレ・ダバディ(フランス) vs 林美麗(台湾)
第9試合 ミセス・エミリー・フォスター(アメリカ) vs ソッド・ワンチャイ(タイ)
第10試合 シレシ・アレム(エチオピア) vs 大原満太郎(日本)

各試合のルールは、まずクジを引き食材の選択権を得たものが、パネルのルーレットをストップすることができる。止まったパネルに表示された食材を食べることになる。

初戦のニコライ・カバレフスキー(ロシア)とトーマス・ヨハンセン(ノルウェー)の対戦だが、アマチュアレスラーのニコライ選手の自己ベストはピロシキ81個、一方のトーマス選手は漁師で自己ベストはスモークサーモン120枚とまさに重量級のカードとなった。

各選手の以下記事も参考に。

河野(177) 週刊漫画ゴラク ,

吉岡総理、国会で「バカヤロー」の失言

2008/05/18 
[柳都物語]
河野

昭和28年6月、衆議院予算委員会で吉岡茂吉総理が、野党である社会平和党の追及に対し「バカヤロー」と怒鳴った。吉岡総理は発言直後にこれを取り消したが、社会平和党は懲罰動議を提出し可決された。さらに内閣不信任決議案も可決され、これを受けて吉岡総理は衆議院を解散することを決めた。後に「バカヤロー解散」と呼ばれることになるこの解散により、総選挙が行なわれることになった。

そんな最中、山田泰造議員に二人の妾の存在が噂されている。山田議員は気鋭の若手代議士で、全国に高速道路網を拡充することで地方の産業を活性化させ、国全体の経済を発展させる構想を持つなど、注目を集めているだけに、今回のスキャンダルの影響が心配される。

河野(177) 週刊漫画ゴラク , ,

襲撃された黒須氏の無事が確認される

2008/05/18 
[白竜-LEGEND-]
河野

ゴルフ場で襲撃された、黒須組・組長の黒須勘介氏が無事であることがわかった。黒須氏は御殿場セントラルゴルフ場でのプレー中に覆面をした男たちに襲われた。黒須氏によると、相手は二丁拳銃を持ち、至近距離から撃ってきたが、銃弾をかわし右腕を負傷しただけですんだとのこと。

すでに伝えたとおり、今回の犯行は京都に拠点を置く暴力団、京都征和会によるものであることはほぼ確実で、会長の石川秀哉氏が黒須組若頭・白川竜也(通称「白竜」)氏に面会を申し込んだことがその裏付け。

六本木にある黒須組事務所で面会した際に、石川氏は「西都鉄道の一件から手を引け」と迫ったが、白川氏は意に介さずといった様子で今後の混乱が予想される。

河野(177) 週刊漫画ゴラク , ,

「第1回全国握り寿司祭り」が大人気

2008/05/10 
[江戸前の旬]
河野

博多にある東都デパート・福岡支店で開催されている「第1回全国握り寿司祭り」が非常に好評だ。札幌の「鮨 結城」や宮城の「森鮨」、金沢の「鮨 清瀬」など全国の名店が出店する中、地元博多の「玄海」と東京の「柳寿司」が特に人気を博している。「玄海」の灘さんは包丁技を武器に目立ったパフォーマンスで来場者の目をひいており、また「柳寿司」の柳葉旬さんも江戸前寿司の特長である笹切りと魚本来の旨味を引き出す握りを出すことで味にうるさい博多のお客さんの評価を得た。

なお「第1回全国握り寿司祭り」は東都デパートの7F大催事場にて開催されている。

河野(177) 週刊漫画ゴラク

ゴルフ場で黒須組の黒須氏が撃たれる

2008/05/10 
[白竜-LEGEND-]
河野

黒須組・組長の黒須勘介氏が御殿場セントラルゴルフ場で撃たれたとの情報が入った。黒須氏は知人とゴルフしていたところ、林の中で撃たれた模様。関係者筋から入った情報によると、犯行は京都征和会によるとのこと。京都征和会は京都に拠点を置く、1800人を抱える広域暴力団で、会長の石川秀哉氏の凶悪ぶりは有名だ。今回の犯行も石川氏自らが手を下したとの噂もある。

さらに入った情報によると、今回の事件は日本最大の私鉄会社である西都鉄道の現社長の筒井義郎氏が京都征和会に依頼したとの噂もあり、その狙いは黒須組若頭・白川竜也氏、通称「白竜」の行動を抑制するためと言われている。

河野(177) 週刊漫画ゴラク

上村ファンドのTOBは不成立、上杉製紙がホワイトナイトに

2008/05/06 
[秘書のカガミ]
河野

上村ファンドによる武田製紙の買収騒動についてのその後だが、上村氏は内部留保している約三百億円を株主に配当することを要求している。関係者筋からの情報によると、すでに業界最大手のキング製紙が上村ファンドに接触しており、上村氏は武田製紙の内部留保を狙いつつも、それがうまくいかない場合は今回取得した株式をキング製紙に売却することと思われる。

武田製紙は、スーパー派遣秘書として知られる加賀見優さんのアドバイスにより、ホワイトナイトを探していたが、上杉製紙にに白羽の矢を立てた。武田社長と犬猿の仲と噂される上杉謙次社長だけに、交渉は難航が予想されたが、次に狙われるのは上杉製紙かもしれないという加賀見さんの発言により、交渉がまとまった。上杉社長と加賀見さんとは既知の関係であったことも幸いした模様。

なお、今回は第三者割当増資による提携ではなく、上杉製紙と武田製紙の合併が発表された。これは合併することで時価総額を増やす防衛策として使われている。
さらに加賀見さんは先日の情報漏洩に関する武田製紙の企業内スパイも見つけ出した。山本室長が上村ファンドに内通していたとのこと。

河野(177) 週刊漫画ゴラク