ブックオフオンライン

記事一覧

ライター別記事一覧

寸借詐欺が多発

2008/07/08 
[ピューと吹く!ジャガー]
ソウゾウドウ

決まり文句は「このオレが叶えてやるぜ」。自称シゲと名乗る男が寸借詐欺を繰り返しているようだ。

7月7日に被害にあったのはジャガージュン市さん。
このシゲと名乗る男は「七夕だから特別に1回千円で願い叶えてやるぜ」と言葉巧みに近づき、千円を騙し取った模様。

その場に居合わせた友人の酒留清彦さんの通報により、事件が発覚したが、被害者のジャガーさんは「願いが叶ったから、シゲさんは本物」と犯人を擁護する姿勢を崩していない。

ソウゾウドウ(34) 週刊少年ジャンプ

都内のスポーツクラブでインストラクターが逮捕される

2008/07/08 
[魔人探偵脳噛ネウロ]
ソウゾウドウ

警視庁は暴行・監禁容疑で、HSK(東西京)スポーツクラブのチーフインストラクター加納則馬容疑者を逮捕した。

同スポーツクラブの地下室に十数名の男女を監禁、さらに一部の男性を毎日15時間以上の強制労働に従事させていた疑い。また、監禁した男女にそれぞれ個別の「目標」を設定し、それに達しない場合は暴行を加えていた模様。

このスポーツクラブ付近においては、以前より失踪事件が多発しているという噂があり、一部で「都市伝説化」していたという。調べに対し加納容疑者は「右と左を同時に向かなきゃ」と意味不明なことを口走っており、薬物等の関与がないか、慎重に取調べを進めている。

また、今回の事件の解決には女子高生探偵、桂木弥子さんの協力があった模様。

ソウゾウドウ(34) 週刊少年ジャンプ

STOP・ザ・黒ゴリラに立ち上がったのは

2008/07/05 
[ピューと吹く!ジャガー]
ソウゾウドウ

打倒! 黒ゴリラ氏を掲げ、魂(タマ)さんを始めとする六人の小さな勇者が立ち上がった。

近所山の黒ゴリラ氏といえば、「綿王」の異名を持つ洋七さんを瞬殺し、帽子風に被ってしまうほどのおしゃれさん……、もとい暴君。誰もが恐れを抱く存在に真っ向勝負を挑んだのは、魂さんの中に眠る、伝統の総大将・身毛さんの遠縁に当たる血筋が目覚めたからであろうか?

ともかく、近所中から猛者を発掘し手腕は、受け継がれたカリスマ性の成せる技といえよう。洋七さんの弔い合戦を買って出たメンバーには正直狐のコンタロウさんや、心やさしき乳牛娘の花子さんなど、戦いには不向きともいえる方々も参加。生前の洋七さんを偲ぶ想いが、彼らの心を動かしたのかもしれない。

六人の心がひとつとなった秘技「全天然毛But丘」で一気に勝負を賭けた魂さんたちであったが、結果は無残にも惨敗。黒ゴリラ氏の無類の強さがより際立つ形となった。魂さんたちのリベンジに期待したい。

ソウゾウドウ(34) 週刊少年ジャンプ

名探偵はスポーツも万能!?

2008/07/05 
[魔人探偵脳噛ネウロ]
ソウゾウドウ

元・世界的歌手のアヤ・エイジア被告による殺人事件を始め、数々の難事件を解決したことで知られる、女子高生探偵、桂木弥子さんがHSK(東西京)スポーツクラブの一日体験に参加した。

同行した助手の男性のトレーニングマシンが次々と故障するというトラブルに見舞われながらも、桂木さんの動きは快調そのもの。
「日頃から運動不足」と謙遜しながらも、ランニングにおいては国体レベルをマーク。水泳においてもコーチが驚くほどの好タイムを記録と、事件解決に必要な知能はもちろん、体力的にも抜群な素質があることが証明された。

チーフインストラクターの加納則馬氏は桂木さんを高評価。水泳50mを27秒、ランニングマシン3kmを10分以内など、一流スポーツ選手なみの目標を設定し、桂木さんと二人三脚で取り組んでいくことを宣言した。

「最終目標は桂木さんに初の女性大統領になっていただくことです」と力強く語った加納氏。飛躍的すぎる発想のようだが、その本心は果たして?
今後の動向をあたたかく見守りたい。

ソウゾウドウ(34) 週刊少年ジャンプ