ブックオフオンライン
Home > 週刊少年マガジン > 紋白高校、新生徒会決まる

紋白高校、新生徒会決まる

2009/03/05 
[ヤンキー君とメガネちゃん]
てぬぐい

いわゆる問題児の香川くん、北見くん、一宮さんと、校内きっての優等生である鈴鹿くん、柏さん、会津くんの間で争われていた、生徒会長・副会長選挙は、最終演説会で鈴鹿くんが立候補を辞退するという衝撃の展開で、香川くんらの信任が決まった。

直前までは鈴鹿くんらの圧倒的優勢と見られていたが、香川くんの「全校生徒を班分けする」というよくわからない公約に、鈴鹿くんが共鳴。
最終演説で立候補の辞退と、香川くんの支持を表明し、これが受け入れられた。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン ,

Wikipedia情報:ヤンキー君とメガネちゃん
ヤンキー君とメガネちゃん
『ヤンキー君とメガネちゃん』(ヤンキーくんとメガネちゃん)は、吉河美希による日本の漫画作品、及びそれを原作としたテレビドラマ。2005年に『増刊マガジンワンダー』(講談社)で読み切りとして初登場し、その後『週刊少年マガジン』(同)2006年27号より3号連続で集中連載。2006年46号から2011年25号まで本連載された。略称は『ヤンメガ』。2010年4月23日からTBSでテレビドラマ化された。 弘前大学は2010年12月1日号の少年マガジンから5号連続で本作品を利用した広告を掲載、8年ぶりに志願倍率5倍以上を達成した。 あらすじ 紋白高校1年A組の品川大地は現ヤンキー。一方、同じクラスの学級委員、足立花は元ヤンキー。花はヤンキーであったことを隠し学級委員として生活しているが、ある日不良たちに絡まれた際、彼女が元ヤンキーであったことが品川に知られてしまう。やがて引きこもりの千葉星矢と出会い、2人で千葉を立ち直らせ、2人のはじめての友人となる。更に進級後には姫路凛風、和泉岳も加わり、5人で生徒会役員として学校や生徒が抱える問題にぶつかっていく。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン