ブックオフオンライン
Home > 週刊少年チャンピオン > エルシドとテンマがオネイロスに苦戦

エルシドとテンマがオネイロスに苦戦

2008/05/11 
[聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話]
河野

双子神ヒュプノス配下の神である「夢の四神」のひとり、夢神オネイロスと戦っている黄金聖闘士・山羊座(カプリコーン)のエルシドと、青銅聖闘士・天馬星座(ペガサス)のテンマが苦戦している。
オネイロスは「神託」を司る神で、4つの神の魂がひとつになっていることで、強力な攻撃力と再生力をもっている。

オネイロスは攻撃をしてもすぐに再生してしまうため、エルシドは4つの魂を見切り、聖剣にたとえられる手刀で斬ったが、オネイロスに致命的なダメージは与えられなかった。いわゆる絶体絶命的な状況だ。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

河野(177) 週刊少年チャンピオン

Wikipedia情報:聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話
『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話』(セイントセイヤ ザ ロスト キャンバス めいおうしんわ、以下『LC』)は、車田正美原作、手代木史織作画の漫画。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて2006年39号から2011年19号まで連載された。また、外伝として『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 外伝』が『週刊少年チャンピオン』および『別冊少年チャンピオン』で連載された。本項ではこの外伝についても説明する。 車田正美の代表作『聖闘士星矢』の外伝作品の一つ。原作に設定上存在した、243年前の前聖戦が舞台である。本作品のドラマ性が新たな読者を獲得することで、それを通じて『聖闘士星矢』の新たなファンも増加するという相乗効果も生み出されている。また2009年にはアニメ化され、OVAとして発売もされた。詳細は後述のアニメーションを参照。 2009年10月16日発売の『プリンセスGOLD』2009年11+12月号では、OVA発売記念としてユズリハを主人公とした外伝エピソード『聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話 ユズリハ外伝 血墨の紋』(-ちずみのもん)が掲載された。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン