ブックオフオンライン
Home > 週刊少年マガジン > ジャック・ラカン、倒れる

ジャック・ラカン、倒れる

2009/02/19 
[魔法先生ネギま!]
てぬぐい

オスティア拳闘大会決勝戦は、開始早々のジャック・ラカン選手の魔槍攻撃をしのいだナギ選手が、変身技を用いて反撃。
その攻撃速度はもはや知覚可能なレベルを超え、光の速度にまで達した。
直接打撃による連続攻撃に加え、雷撃系最上級呪文も炸裂、ジャック・ラカン選手もたまらずダウンを喫した。

同時にカゲタロウ選手も、小次郎選手の攻撃によりダウンしたため、このまま20までカウントが入れば、伝説の傭兵剣士を破り、新たな英雄が誕生することとなる。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン ,

Wikipedia情報:魔法先生ネギま!
魔法先生ネギま!
『魔法先生ネギま!』(まほうせんせいネギま!)は、赤松健の漫画作品。略称は「ネギま」。『週刊少年マガジン』2003年13号(同年2月26日発売)から2012年15号(同年3月14日発売)まで連載された。全355話。連載話数の単位は「○○時間目」。 物語は魔法使いの少年、ネギが30人(実際は31人)の女子中学生のクラスの担任となる所から始まる。序盤は「子供先生」のネギが個性的な女子生徒達に振り回される「ドタバタラブコメ」風の展開を見せていたが、話が進むにつれて本来のテーマである「父親越え」が表面化し、それに関わる者達との「バトル」路線と、従来の「ラブコメ」路線とが交互に描かれるようになる。生徒たちの中にも魔法の存在を知ることになる者や、実は前から知っていたという者が現われ、ネギは彼女たちに支えられながら、魔法使いの世界で英雄だった父の足跡を追って成長していく。 平成16年度には、第50回「小学館漫画賞」少年向け部門 最終候補となったほか、第8回「文化庁メディア芸術祭」マンガ部門でノミネートされた。
魔法先生ネギま!?
『魔法先生ネギま!』より : 『魔法先生ネギま!』(まほうせんせいネギま!)は、赤松健の漫画作品。略称は「ネギま」。『週刊少年マガジン』2003年13号(同年2月26日発売)から2012年15号(同年3月14日発売)まで連載された。全355話。連載話数の単位は「○○時間目」。 物語は魔法使いの少年、ネギが30人(実際は31人)の女子中学生のクラスの担任となる所から始まる。序盤は「子供先生」のネギが個性的な女子生徒達に振り回される「ドタバタラブコメ」風の展開を見せていたが、話が進むにつれて本来のテーマである「父親越え」が表面化し、それに関わる者達との「バトル」路線と、従来の「ラブコメ」路線とが交互に描かれるようになる。生徒たちの中にも魔法の存在を知ることになる者や、実は前から知っていたという者が現われ、ネギは彼女たちに支えられながら、魔法使いの世界で英雄だった父の足跡を追って成長していく。 平成16年度には、第50回「小学館漫画賞」少年向け部門 最終候補となったほか、第8回「文化庁メディア芸術祭」マンガ部門でノミネートされた。
魔法先生ネギま! (アニメ)
『魔法先生ネギま!』より : 『魔法先生ネギま!』(まほうせんせいネギま)は、赤松健の漫画作品『魔法先生ネギま!』を原作として、2005年1月から同年6月までテレビ東京系で放送されたアニメである。 『魔法先生ネギま!』のアニメ化は早い段階で発表されており、2004年中に行われたイベントにおいてパイロット版が上映されるなどしていた(パイロット版はCD「学園生活を快適にすごすシリーズ」にDVDで収録)。ただし、パイロット版で監督を務めていた錦織博に代わり、テレビアニメ本編では宮崎なぎさが監督となった。 放送開始後、シリーズ序盤から作画品質の低下が顕著に見られるようになる。出来の酷さは原作者という立場上悪く言えないはずの赤松健をして、自身のホームページの日記において指摘せざるを得ない状況にまでなっていた。 第1クール(13話)終了時点で宮崎が監督を降板。スターチャイルド側でも大月が本作企画より降板。以降、制作指揮は羽原信義をプロダクションディレクター(18話以降はチーフディレクター、いずれも事実上の監督職)として据え、色彩設定に代わり「色彩プラン」のスタッフを据えるという大鉈が振るわれ(色彩設定のスタッフは色彩設計に異動)、シリーズ後半に至ってようやく「本スタッフ」による制作体制がスタートした。
魔法先生ネギま!の関連商品
魔法先生ネギま!の関連商品(まほうせんせいねぎま!のかんれんしようひん)では、赤松健原作の漫画魔法先生ネギま!に関連して発売された商品について解説する。
本作品は、麻帆良学園2-Aの生徒だけでも31人の声優が演じている大規模な作品となっており、これらの声優を起用したCDが多数発売されている。CDの初回版に限り、「パクティオーカード」が特典として付属している(なお、本編では未成立なカードもある。詳細は、スターチャイルドのページを参照)。
また一部ファンからはアニメ第2期の主題歌である「1000% SPARKING!」を、前述の「ハッピー☆マテリアル」で成し遂げることが出来なかった、オリコンチャート オリコン1位にするという企画があったが、同日発売のモーニング娘。の新曲発売や、サビ以外の歌とは思えないセリフ(MC)の挿入による、曲自体の品質を疑問視する声も影響し、思うように売り上げが伸びず、ウィークリーチャートでは結局7位という結果に留まった。なお、今作品については、このほか全部で10パターン(歌っているキャラ(声優)や2番のセリフ部分が異なっている)が発表され、これらはBoxやサントラCDに収録して発売された。

魔法先生ネギま!の魔法・技
魔法先生ネギま!の魔法・技 では、「魔法先生ネギま!」 で登場する魔法・技について、詳細に解説する。
作中では現在、大きく分けて西洋魔術と東洋呪術の二系統が登場している。更に、日本の東洋呪術においては陰陽術を用いる陰陽道が一部勢力を成している。
作中における魔力とは、水や空気等、人間の周囲に存在する万物に宿るエネルギーである。呼吸をするように体内に取り込み、呪文と魔法発動体によって魔法を実行する(呪文と魔法発動体を要しない例外もある)。個人が扱える魔力の量には限界があり、魔力を大量に使用すると、精神力を消耗して疲弊(限界を超えると気絶)してしまうが、休息を取ることで回復できる。主に西洋魔術の世界で用いられるが、陰陽術でも併用される。魔力は、魔法社会の専門的な教育を受けなければ扱うことのできないものであり、一般人の手に届かない力である。

魔法先生ネギま!の登場人物
魔法先生ネギま!の登場人物(まほうせんせいネギまのとうじょうじんぶつ)では、赤松健の漫画作品『魔法先生ネギま!』およびそのアニメ版などに登場するキャラクターについて解説する。 本作品では、二つの社会にわたって多くの登場人物が存在する。一つは表の世界、すなわち我々の社会そのものである。日本に教師として赴任した主人公のネギ・スプリングフィールドは、魔法使いとしての正体を隠したままA組の31人の生徒と出会うことになる。生徒の多数は一般人であるが、ネギの正体を知ってしまうものもおり、魔法使いの世界に関わりをもつことになる。 もう一つは裏の世界、魔法使いの社会であり背景として魔法世界と呼ばれる異世界がある。麻帆良学園の教師・生徒の中にも、魔法使いが存在する。物語の中で大きな存在感を持つのが、かつてネギの父「サウザンド・マスター」に率いられ魔法世界の大戦を終結させた「紅き翼」である。ネギの生徒のなかで、とくに神楽坂明日菜とエヴァンジェリン・A・K・マクダウェルの二人は「サウザンド・マスター」との関係があり、断片的に語られる「紅き翼」の活躍と共に物語に謎を与えている。
魔法先生ネギま! (アニメ)
『魔法先生ネギま!』(まほうせんせいネギま)は、赤松健の漫画作品『魔法先生ネギま!』を原作として、2005年1月から同年6月までテレビ東京系で放送されたアニメである。 『魔法先生ネギま!』のアニメ化は早い段階で発表されており、2004年中に行われたイベントにおいてパイロット版が上映されるなどしていた(パイロット版はCD「学園生活を快適にすごすシリーズ」にDVDで収録)。ただし、パイロット版で監督を務めていた錦織博に代わり、テレビアニメ本編では宮崎なぎさが監督となった。 放送開始後、シリーズ序盤から作画品質の低下が顕著に見られるようになる。出来の酷さは原作者という立場上悪く言えないはずの赤松健をして、自身のホームページの日記において指摘せざるを得ない状況にまでなっていた。 第1クール(13話)終了時点で宮崎が監督を降板。スターチャイルド側でも大月が本作企画より降板。以降、制作指揮は羽原信義をプロダクションディレクター(18話以降はチーフディレクター、いずれも事実上の監督職)として据え、色彩設定に代わり「色彩プラン」のスタッフを据えるという大鉈が振るわれ(色彩設定のスタッフは色彩設計に異動)、シリーズ後半に至ってようやく「本スタッフ」による制作体制がスタートした。
魔法先生ネギま! 2時間目 戦う乙女たち! 麻帆良大運動会SP!
『』より :
魔法先生ネギま! 1時間目 お子ちゃま先生は魔法使い!
『』より :
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン