ブックオフオンライン
Home > 週刊ヤングジャンプ > 敗者復活戦の先鋒戦は「24連装ロシアンルーレット」

敗者復活戦の先鋒戦は「24連装ロシアンルーレット」

2008/05/09 
[LIAR GAME]
河野

ライアーゲーム事務局が主催する敗者復活戦に、女子大生の神崎直さん(18)たちが参加することがわかった。敗者復活戦は1チーム3名の団体戦で行なわれ、神崎さんのチームメイトは天才詐欺師と呼ばれる秋山深一さん(26)とフクナガユウジさん。

敗者復活戦の会場は廃校になった中学校の図書室。メインディーラーはソラリオ氏が務める。
現在わかっているルールは、事務局から貸し付けられた1億5千万を奪い合うもので、ゲーム終了後に1億円の返還が義務づけられている。つまり何もしなければ5千万円儲かる話になるが、秋山さんによると「浮かれるなよ。こういう上手い話は決まってウラがあるもの」とのこと。
団体戦ということで、先鋒、中堅、大将に別れた3人がそれぞれ戦い、先に2勝したチームの勝利。先鋒戦は「24連装ロシアンルーレット」で対戦することが発表された。
この敗者復活戦に勝利したチームは4回戦に進むことができる。

なお、神崎さんは現在4億円の借金がある。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

河野(177) 週刊ヤングジャンプ

Wikipedia情報:LIAR GAME
LIAR GAME
『LIAR GAME』(ライアーゲーム)は、甲斐谷忍による日本の漫画作品。またそれを原作としたフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ。またはそれらの作品に登場するゲームトーナメントの名称。「LIAR GAME」とは日本語訳で「嘘つきのゲーム」。 作品解説 ライアーゲーム・トーナメントで行われるゲームは、いずれも知恵や交渉力、名の通り嘘をつく力を振り絞り勝ち残るものである。運の要素が関係するゲームも多いが、純粋に運のみで勝敗が決定する事はない。 ライアーゲーム・トーナメントのルールは、いずれかのプレイヤーが自分の利益だけを考えた行動を取った場合のみ主催者側にマージンが発生するように作られている。したがって仮に全てのプレイヤーが結託すれば、誰も得しないかわりに誰も損しないという状況を達成できるが、実際には他人を本当に信頼できるのか疑心暗鬼となり、囚人のジレンマに陥りやすい。
LIAR GAME (テレビドラマ)
『LIAR GAME』(ライアーゲーム)は、甲斐谷忍の漫画作品『LIAR GAME』を原作とした戸田恵梨香と松田翔太主演のテレビドラマ。 2007年4月14日から同年6月23日まで、フジテレビ系列(テレビ大分・テレビ宮崎を除く)で、土曜日23:10 - 23:55に新設されたドラマ枠「土曜ドラマ」の第一弾として放送された。1話45分の全11話。最終回のみ、サブキャラクター側の新カットを含めた2時間半の総集編と合わせ土曜プレミアム枠で3時間スペシャル(21:00 - 23:55)で放送された。なお、テレビ大分では7月7日に、系列外のテレビ山口では、10月19日にそれぞれ最終回3時間スペシャルのみ放送した。 青森テレビでは2007年12月中旬の平日15時台(最終回は14時)及び2009年11月下旬から「ドラマストリート」として放送されていた。「シーズン2」は2010年3月2日より「ドラマストリート」枠で放送。 山梨放送では2008年4月1日の深夜から放映開始。 テレビ大分では、シーズン1をシーズン2放送開始前に2009年10月12日の平日16時55分から連日放送した。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン