ブックオフオンライン
Home > 週刊ヤングジャンプ > ヤマト建設、会社更生法の適用を申請か?

ヤマト建設、会社更生法の適用を申請か?

2009/01/23 
[新サラリーマン金太郎]
武士

日本のゼネコンの1社であるヤマト建設が会社更生法の適用を申請を来週早々に発表する、との情報が入った。

詳しい経緯は今のところ不明だが、ヤマト建設の三代目社長である黒川優作さん、四代目社長の伊郷龍蔵さん、そして現社長の大和龍平さんらがヤマト建設の創業者にして会長であった、大和守之助さんの墓参りにそろって鹿児島に現れるなど、何かしら発表な決定があることは間違いないと思われる。

ヤマト建設は、日本の最大手建築ゼネコンであり、今までにもアラブの日本への不動産投資の一手引き受け、建築関連の人材派遣業の改革など、さまざまな業績を残しており、情報が本当であれば、日本経済へのインパクトも相当のものになるだろう。

また、ヤマト建設を退社後、投資会社にてサラリーマンでありながら納税額ナンバーワン、その後アラブで投資関連の仕事をしているというスーパーサラリーマン、矢島金太郎さんが帰国したとの噂も入っている。

ヤマト建設の関わりの深い人物だけに今後の動向が注目される。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

武士(221) 週刊ヤングジャンプ ,

ブックオフオンライン