ブックオフオンライン
Home > モーニング > 川崎vsETU戦、後半開始

川崎vsETU戦、後半開始

2009/01/12 
[GIANT KILLING]
河野

川崎vsETU戦は川崎が1点をリードしたまま前半を終了。

前半はMF椿選手がサイドに流れることで、川崎の中心選手であるMF八谷選手を引きつけることを狙っていたが、この作戦は川崎のネルソン監督に見破られた模様。
ETU達海監督は「チームが椿の好不調の波に振り回されるわけにもいかない」と発言し、この日ゲームキャプテンに指名したことも含め、椿の経験を積ませる考えだったことを明かした。

後半も両チームは選手交代もなく、ETUの勝機は雨という最悪のピッチコンディションでベテラン選手がどれだけテクニックを披露できるかにかかっている。
しかし後半開始早々、八谷選手の縦パスからいきなり決定機が作り出されるなど、主力選手を欠くETUにとっては厳しい試合となりそうだ。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

河野(177) モーニング , , ,

Wikipedia情報:GIANT KILLING
GIANT KILLING
『GIANT KILLING』(ジャイアントキリング)は、ツジトモによる日本の漫画作品。原案・取材協力は綱本将也。『モーニング』(講談社)にて、2007年6号から連載されているサッカー漫画。略称は「ジャイキリ」。2010年にテレビアニメが放送された。 前作『U-31』において、ベテラン選手の苦悩と葛藤、復活を描いた原作者の綱本将也と、漫画家のツジトモにより大物喰い好きな弱小プロサッカークラブの監督を主人公に描く。タイトルの「ジャイアント・キリング」とは、「番狂わせ」「大物食い」を意味する言葉であり、スポーツ競技において、実力差がある格上の相手に対し、格下が勝利を挙げた場合に使う。 なお、ETU(East Tokyo United)以外で、この作品に出てくるクラブ名は、全て実在するクラブ名をもじったものである(例:東京ヴェルディ→東京ヴィクトリー、ガンバ大阪→大阪ガンナーズなど)。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン