ブックオフオンライン
Home > 週刊少年マガジン > 神奈川インターハイ予選、江ノ島高が湘南大附属高に逆転勝利

神奈川インターハイ予選、江ノ島高が湘南大附属高に逆転勝利

2008/04/24 
[エリアの騎士]
河野

高校総体神奈川県予選、決勝トーナメント第1回戦は、江ノ島高校が湘南大附属高校に2-1で逆転勝利した。先制したのは湘南大附属高校で、後半5分に本田くんのゴールが生まれたが、後半27分に江ノ島高校・荒木くんの同点ゴール、さらに後半31分に逢沢くんが逆転ゴールを決めた。

圧巻なのは逢沢くんのゴール。現サッカー解説者の小倉さんが現役時代に得意とし「オグ・フェイント」と呼ばれた、ヒールキックで相手の裏にボールを通すフェイントを使っての完璧なゴールだった。
実況アナウンサーはこれを「Φトリック」と名付けたが、このアナウンサーは試合終了間際の湘南大附属高校の猛攻に「しのいでくれ江ノ高イレブン!」と実況するなど、江ノ島高校への明らかな肩入れが見られ、批判の声も多い。

なお、逢沢くんのお兄さんは、U-15日本代表で数年前に交通事故で死亡した逢沢傑くん。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

河野(177) 週刊少年マガジン

Wikipedia情報:エリアの騎士
エリアの騎士
『エリアの騎士』(エリアのきし THE KNIGHT in THE AREA)は、伊賀大晃原作・月山可也作画による日本のサッカー漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中。 講談社発行の少年漫画誌『週刊少年マガジン』2006年21・22合併号より連載開始。 本作は先述のこと、サッカーを題材とした作品である。「本編」となるエピソードは、主人公である逢沢 駆(あいざわ かける)たちの高校サッカー部が全国大会、さらにはその先の世界へと目指してゆく成長物語を軸とし、その過程で関わりゆくヒロインやキーパーソンらをはじめとする様々な人々の姿を描いたフィクション作品である。 また「本編」とは別に、その前日譚に相当するエピソード「番外編」とおまけギャグ漫画の「4コマ」が存在し、「番外編」はこれまでに『週刊少年マガジン』2007年28号(第9巻収録)、2009年9号(第15巻収録)、『月刊少年ライバル』2009年8月号(第18巻収録)など、「4コマ」は単行本巻末(書き下ろし)や『マガジンSPECIAL』でそれぞれ掲載されている。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン