ブックオフオンライン
Home > モーニング > HGホールディングス、フロンティア音響を売却か

HGホールディングス、フロンティア音響を売却か

2008/11/29 
[社長島耕作]
河野

初芝五洋ホールディングスの島社長が秘密裏にトーヨー電業の森永社長と会っていることがわかった。目的はグループ企業であるフロンティア音響の売却の模様。

フロンティア音響は4期連続の大幅赤字ということで、銀行出身の取締役からは売却を求めることが上がっているという噂もあり、その売却先を求めての会談だと思われる。
元々、フロンティア音響は初芝の創業者である故・吉原初太郎元会長が個人的に資本参加して支援してきたこともあり、経営陣、とくに創業者である膳所雄之介会長の経営姿勢には甘えがあるとの指摘も多い。

島社長はこれまでに18社を企業買収に成功し、そのすべての企業を再建してきたトーヨー電業の森永社長にフロンティア音響を売却することで、同社が持つ技術の海外流出を防ぐとともに、連結対象にならない程度の株主として一定数保持したいとの意向を伝えた。

森永社長は「フロンティア音響は魅力的な企業だとは思うが、少し考えさせてほしい」と即答は避けたとのこと。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

河野(177) モーニング ,

ブックオフオンライン