ブックオフオンライン
Home > 週刊少年ジャンプ > 会議は完全に合コン化

会議は完全に合コン化

2008/11/10 
[ピューと吹く!ジャガー]
ソウゾウドウ

ガリクソンプロダクションの学園祭のステージでの催し物を決めるための会議が、完全に合コンの場と化した。

きっかけは、ふえ科のハマーさん(本名、浜渡浩満)の暴走。
演歌歌手ばりのスーツを着込み、ニセの前髪を垂らして登場したハマーさんは、アイドル科の春野咲良さんを完全ロックオン状態。
さらに、HIPHOP科のGUN-ZI(ガンジー)さん、アイドル科の日向瞬さんも春野さん狙いの模様。

ギター科の山瀬さんがゲスト候補に、タッピング演奏のスペシャリスト「押尾マーナブー」さんを挙げ、音楽談義で場が盛り上がり始めたところ、春野さんもフエ科の高幡不動さんに積極的にアプローチを開始。
声色変えて、話題に割り込んで来た春野さんに、山瀬さんも困惑気味の様子。

場の空気がおかしくなり始めた中、春野さんを巡り小競り合いまで起きる始末。
たまりかねたギター科の橘さんが一喝、これによりようやく場が収まったかと思いきや、合コンよろしく席替えを提案する意外な展開に。

まったく進展のないまま、会議は合コンへとシフト。
思惑絡む、恋の行方は?
なにより、学園祭は大丈夫なのか?
続報を待ちたい。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

ソウゾウドウ(34) 週刊少年ジャンプ ,

Wikipedia情報:ピューと吹く!ジャガー
ピューと吹く!ジャガー
『ピューと吹く!ジャガー』(ピューとふくジャガー)は、うすた京介による日本のギャグ漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2000年38号から2010年38号にかけて連載。単行本はジャンプ・コミックスで全20巻。累計発行部数は850万部を突破している。連載話数の単位は第○(○は数字)笛。 通常は『ジャンプ』の巻末に掲載され、ページ数も7ページと他の連載より少ない。連載初期はオール2色カラーで連載していたが、後に白黒化。周回・周年記念の際にはオール2色カラーとなった回もある。第15笛で巻頭カラーを飾ったのがカラー原稿例。電子書籍では全20巻フルカラー化されたバージョンも販売されている。 また、アンケート結果に掲載が左右されないという特権を持ち、新聞で言う四コマ漫画のような位置づけになっていた。 2007年『ジャンプ』26号にてガリプロダクション第2弾・第3弾企画として、DVDアニメ・実写映画化が同時発表された。実写版の主演は要潤。DVDアニメ版の製作は蛙男商会。実写版は2008年1月12日からアミューズCQNほかにて順次公開。
ピューと吹く!ジャガー 明日のジャンプ
『』より :
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン