ブックオフオンライン
Home > 週刊少年マガジン > 江ノ島高校、ベスト8に散る

江ノ島高校、ベスト8に散る

2008/11/06 
[エリアの騎士]
てぬぐい

インターハイ神奈川県予選、江ノ島高校対葉蔭学院戦は、3対3のまま後半戦も終了、PK戦での決着となった。

両校譲らず5対4で迎えた最終キッカー、江ノ島高校荒木くんのシュートを、葉蔭学院ゴールキーパー岩本くんがファインセーブ、江ノ島高校イレブンはグラウンドに崩折れた。

ラスト10分で獅子奮迅の活躍を見せた江ノ島高校の一年生フォワード、逢沢駆くんは最後のシュートを放った直後に倒れ、意識不明のまま病院へ運ばれた。
過剰な運動による、一時的な酸欠状態とのことで現在は回復しているが、そこまでのプレーをさせてしまった指導方法に問題は無かったか、再考を促したい。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン , ,

Wikipedia情報:エリアの騎士
エリアの騎士
『エリアの騎士』(エリアのきし THE KNIGHT in THE AREA)は、伊賀大晃原作・月山可也作画による日本のサッカー漫画作品。『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中。 講談社発行の少年漫画誌『週刊少年マガジン』2006年21・22合併号より連載開始。 本作は先述のこと、サッカーを題材とした作品である。「本編」となるエピソードは、主人公である逢沢 駆(あいざわ かける)たちの高校サッカー部が全国大会、さらにはその先の世界へと目指してゆく成長物語を軸とし、その過程で関わりゆくヒロインやキーパーソンらをはじめとする様々な人々の姿を描いたフィクション作品である。 また「本編」とは別に、その前日譚に相当するエピソード「番外編」とおまけギャグ漫画の「4コマ」が存在し、「番外編」はこれまでに『週刊少年マガジン』2007年28号(第9巻収録)、2009年9号(第15巻収録)、『月刊少年ライバル』2009年8月号(第18巻収録)など、「4コマ」は単行本巻末(書き下ろし)や『マガジンSPECIAL』でそれぞれ掲載されている。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン