ブックオフオンライン
Home > 週刊少年ジャンプ > 自称スーパースターのハマーさん、合コン気分で会議に参加

自称スーパースターのハマーさん、合コン気分で会議に参加

2008/11/04 
[ピューと吹く!ジャガー]
ソウゾウドウ

「きっさ おしゃれ」で行われた会議の場において、ふえ科のハマーさん(本名、浜渡浩満)が、ひとり合コン気分で大暴走を始めた。

この会議は、ガリクソンプロダクションの学園祭のステージでの催し物を決めるために、音楽系の科が合同で開いたもの。

夏場でもダウンジャケットを着込むハマーさんだが、この日はスーツで登場。会議の開催に先駆け、まずは合コンよろしく自己紹介を提案した。

この場において、トリを自ら買ったハマーさんは、自身を「ふえ科が生んだHIPHOP界のスーパースター」と名乗り、「あかさたなハマーやらわ! ハマーがやらねば誰がやる… 横ハマ縦ハマオレハマー! ハマーでぇっすYOロシク!!」とシャウトし、重苦しい空気を演出、ふえ科を完全にアウェーに追い込んだ。

さらに、ひとり勢いづくハマーさんは、アイドル科の春野咲良さんに狙いを定め、じっくりと見つめ続ける始末。

会議は無事成立するのか? そして、ハマーさんの恋の行方やいかに?

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

ソウゾウドウ(34) 週刊少年ジャンプ ,

Wikipedia情報:ピューと吹く!ジャガー
ピューと吹く!ジャガー
『ピューと吹く!ジャガー』(ピューとふくジャガー)は、うすた京介による日本のギャグ漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2000年38号から2010年38号にかけて連載。単行本はジャンプ・コミックスで全20巻。累計発行部数は850万部を突破している。連載話数の単位は第○(○は数字)笛。 通常は『ジャンプ』の巻末に掲載され、ページ数も7ページと他の連載より少ない。連載初期はオール2色カラーで連載していたが、後に白黒化。周回・周年記念の際にはオール2色カラーとなった回もある。第15笛で巻頭カラーを飾ったのがカラー原稿例。電子書籍では全20巻フルカラー化されたバージョンも販売されている。 また、アンケート結果に掲載が左右されないという特権を持ち、新聞で言う四コマ漫画のような位置づけになっていた。 2007年『ジャンプ』26号にてガリプロダクション第2弾・第3弾企画として、DVDアニメ・実写映画化が同時発表された。実写版の主演は要潤。DVDアニメ版の製作は蛙男商会。実写版は2008年1月12日からアミューズCQNほかにて順次公開。
ピューと吹く!ジャガー 明日のジャンプ
『』より :
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン