ブックオフオンライン
Home > 週刊ビッグコミックスピリッツ > 国木田さん、コンニャクでオナニー挑戦

国木田さん、コンニャクでオナニー挑戦

2008/10/23 
[セルフ]
豊

先日、同僚の女の子とデートした余韻で、自然とオナニーデビュー(道具なし)を成し遂げた国木田陽一さん(24)は、さらなる快感を追求しようと、コンニャクを使用してオナニーに挑戦したらしい。

暖めたコンニャクを半分の厚さにした上で、可能な限り横に細かい切れ目を入れ、筒状に丸めて準備万端。コンニャクの切り方や摩擦方法を色々調査した国木田さんの中での改良最終形とのこと。

さっそく、試した国木田さんは、自分の気持ち良いように出来る簡便さに感動したという。

オナニーの味を知ってしまった国木田さんは、24歳の社会人なのに、頭の中はオナニーのことでいっぱい。今後も、オナニーの追及が続きそうだ。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

(38) 週刊ビッグコミックスピリッツ

Wikipedia情報:セルフ
セルフ
『セルフサービス』より : セルフ (英: self) selfの本来の意味は自分、自身、自我、利己心などのこと。転じて以下の意味に用いられる。 セルフサービスの略称。顧客が直接商品を手にとって選べるようにした販売方法のこと。 上の用法(セルフ式ガソリンスタンドなど)より転じて、正規の職ではないのにその真似事をする知的障害者に対する蔑称。「セルフ車掌」「セルフ駅員」のように用いるが、略して「セルフ」とだけいうこともある。 Self - プログラミング言語の1つ。 self - 一部のオブジェクト指向プログラミング言語で、現在動作しているオブジェクトを指すキーワード。this (プログラミング)を参照のこと。 【sélf】 - THE RiCECOOKERSのアルバム。 セルフ (漫画) - 朔ユキ蔵による漫画。 内燃機関の始動装置の一種で、セルフスターターの略。詳しくはセルモーターを参照。キックや押しがけとの区別で用いられる。 徳島県内を中心に展開するクリーニング店のフランチャイズチェーン・セルフドライママの運営会社(株式会社セルフ、本社・FC本部:徳島市)。
セルフサービスステーション
『ガソリンスタンド』より : ガソリンスタンド(和製英語: gasoline stand、アメリカ英語: filling station, gas station、イギリス英語: petrol station)は、ガソリンや軽油などの各種エンジン用燃料を主として販売している場所。ガソリンスタンドは和製英語。高速道路のNEXCO3社ではガスステーションと呼称している。また、元売会社や販売店などでは一般的にサービスステーションと呼称することからSSとも略される。 定義 日本の法令上は、消防法にいう「取扱所」のひとつにあたる。危険物の規制に関する政令では「給油取扱所」として区分され、取扱所の位置、構造及び設備の基準につき細かく規定されている。消防法における第4類危険物であるガソリン・軽油・灯油などを取り扱うことから、営業中は甲種または乙種4類の危険物取扱者の有資格者が常駐する必要がある。 より広い意味では主にタクシーが利用するオートガス(液化石油ガス、天然ガス)ステーションやエコ・ステーション、冬季に限定的に運用される事が多い灯油販売所、バスやトラック、自動車教習所の教習車等に給油する自家使用を目的とした事業所内の給油所も含まれる。
セルフカヴァー
セルフカバー(self-cover)は、日本のポピュラー音楽の分野で使われる和製英語で、主にシンガーソングライターが過去に他人へ提供した曲を自分自身で演奏、歌唱することによって発表するもの、また広い意味では過去に自分で製作した曲を編曲し直して自らの演奏と歌唱によって発表することである。 和製英語なので英語圏では通用しない。英語圏で"self-cover"は本や雑誌など印刷物の表紙と中身が同じ素材であることを意味する。これを日本語では共紙(ともがみ)、より厳密には共紙表紙といい、中身と表紙を別に印刷する"plus cover/separate cover"と異なり安価に印刷できる利点があるため、宣伝用の薄い冊子や新聞によく用いられる。 解説 日本のシンガー・ソングライターによるセルフカバーで特に有名なものでは、SMAPがヒットさせた「世界に一つだけの花」を後に同曲のプロデュースを手掛けた槇原敬之が自身の歌唱で発表したもの、イギリスの人気グループ・ブルーが歌った「THE GIFT」を作詞・作曲した槇原敬之自身が「僕が一番欲しかったもの」として発表したものや、松本英子の「Squall」を製作者の福山雅治がリアレンジして自身で発表したものなどが挙げられる。
セルフカバー
『セルフカヴァー』より : セルフカバー(self-cover)は、日本のポピュラー音楽の分野で使われる和製英語で、主にシンガーソングライターが過去に他人へ提供した曲を自分自身で演奏、歌唱することによって発表するもの、また広い意味では過去に自分で製作した曲を編曲し直して自らの演奏と歌唱によって発表することである。 和製英語なので英語圏では通用しない。英語圏で"self-cover"は本や雑誌など印刷物の表紙と中身が同じ素材であることを意味する。これを日本語では共紙(ともがみ)、より厳密には共紙表紙といい、中身と表紙を別に印刷する"plus cover/separate cover"と異なり安価に印刷できる利点があるため、宣伝用の薄い冊子や新聞によく用いられる。 解説 日本のシンガー・ソングライターによるセルフカバーで特に有名なものでは、SMAPがヒットさせた「世界に一つだけの花」を後に同曲のプロデュースを手掛けた槇原敬之が自身の歌唱で発表したもの、イギリスの人気グループ・ブルーが歌った「THE GIFT」を作詞・作曲した槇原敬之自身が「僕が一番欲しかったもの」として発表したものや、松本英子の「Squall」を製作者の福山雅治がリアレンジして自身で発表したものなどが挙げられる。
セルフレスキュー用推進装置
セルフレスキュー用推進装置SAFER(-ようすいしんそうち、Simplified Aid for EVA Rescue : SAFER)とは、スペースシャトルや国際宇宙ステーション (ISS) の乗組員が船外活動 (EVA) を行なう時に誤って飛ばされてしまった場合でも、自分で戻れるようにするための小型・独立型の緊急用の推進装置である。不測の事態でのみ使うことを目的として、有人軌道ユニット (MMU) を小型化・簡略化したものである。
STS-88(2A)以降のISSでの船外活動ユニット (EMU) を装着する船外活動では、SAFERの装着が義務づけられている。SAFERは、ジョンソン宇宙センターにある アメリカ航空宇宙局 NASA のロボット工学部門で開発された。初めて使われたのは STS-64 で、命綱無しでの飛行テストが行なわれた。STS-88から実用装備が開始された。SAFER は重さ約34kg(76lb)であり、窒素ガスの噴射で推進力を発生させるものであり、ΔVの合計は少なくとも3m/s(10ft/s)である。

セルフタンニング
『サンレスタンニング』より : サンレスタンニング(sunless tanning)は、太陽光を浴びることなく日焼けしたような肌を作ることである。日本では自分で自分の肌を焼くことからセルフタンニングと呼ばれることも多い。 英語表記のSelf Tanner、Fake Tanなども全て同じ意味である。 サンレスタンニング剤 世界初のサンレスタンニング剤はシェリング・プラウグループが運営するコパトーン・ソーラー・リサーチ・センター(通称CSRC)で開発された。 日光浴や日焼けマシンによる日焼けには皮膚癌やシミなどのリスクがあり、白人の多いアメリカでは社会問題になっていた。そして、これらを回避するために開発されたのがサンレスタンニング剤だった。グリセリンを発酵させて得られるジヒドロキシアセトンや、小麦の糖から抽出されるエロトロースなどが肌の角質部分のたんぱく質と化学反応を起こし小麦色になる。太陽光による日焼けとは違い、メラニン色素を刺激することが無いためシミにはならない。使用後、一週間ほど再使用せずに放置すると元の肌の色に戻るが、深いレイヤーまで浸透するサンレスタンニング剤もある。
セルフヘルプグループ
『自助グループ』より : メンタルヘルス関連の自助グループ(じじょグループ、Self Help Group)とは、なんらかの障害・困難や問題、悩みを抱えた人が同様な問題を抱えている個人や家族と共に当事者同士の自発的なつながりで結びついた集団。その問題の専門家の手にグループの運営を委ねず、あくまで当事者たちが独立しているというのが特徴的である。 その役割は、このかかわりの中で自ずから問題への取り組みの姿勢や理解の仕方の上で、自己変容的な成長が期待されること、また彼らを取り巻く地域社会との関わり方、受け入れられ方にも変化が出てくることなどがある。こうした取り組みは、1930年代にアメリカのアルコホーリク(アルコール依存症者)の間でうまれ、その後、摂食障害や、麻薬、覚せい剤、仕事、ギャンブル、買い物、恋愛、食事などのさまざまな嗜癖に悩む当事者たちの間の自助組織が、さまざまなかたちで形成されてきた。
セルフヘルプ
犯罪被害者の会、交通事故遺族の会、アルコール依存症患者の会、精神障害者の会など、ある特定の困難や問題、心の傷を抱えた当事者たちが自らの現状を自らで修正、改善する意思をもって集い活動をするものである。
精神医療は治療ではないのではないか、という疑問や福祉政策に異議のあるものが自らの立場を学び活動をする。
精神障害者の福祉を自らがかえていこうとする活動と悩みを語り合うピアサポート活動などが中心となり、様々な活動を展開している。精神医療とは対になる医療のようなものであり、オルタナティブ医療ともいわれている。また、市民活動の観点からも切り出している組織も多いため、街づくり活動などを行っているグループもある。

セルフサービスソフトウェア
セルフサービスソフトウェア(Self service software)とは、作者(通常、その対象の専門家)が物理的にエンドユーザーの問い合わせや要求に対応することなく対話し、規則を遵守しつつ各種処理をタイムリーに自動化することを可能にする。
セルフサービスソフトウェアでは、開発時に考えられる質問とその応答を用意し、必要な情報をエンドユーザーから引き出すやりとりをエミュレートする。そのような対話プロセスをコード化し、エンドユーザーと対話するアプリケーションを開発(生成)する。
セルフサービスソフトウェアは意思決定支援システムやエキスパートシステムに似ている。ソフトウェアのタイプとしてはナレッジマネジメントの範疇に分類される。セルフサービスソフトウェアは、顧客対応やテクニカルサポートなどの各種問い合わせ業務に利用でき、多様な問い合わせ手段を提供できる。

セルフメディケーション
セルフメディケーション(Self-medication、自己治療)とは、市民自身にて傷病・症候を判断し、医療製品を使用すること。自分自身で健康を管理し、あるいは疾病を治療するセルフケアの一つである。 またこの語は精神医学の分野では、ストレスや不安、精神疾患や心的外傷への対処のためレクレーション薬、向精神薬、アルコール、コンフォードフードなどを摂取するといった文脈で用いられる。その形態は人それぞれであり、嗜癖が形成されると身体的・精神的問題を引き起こすこととなる。 自分の健康に責任を持ち、それを管理することによって、過剰なまでに医療機関を受診してしまうことによる手間と費用を省くことができる。 政府の側からは、それによって政府予算の重荷となりつづけている保険医療費が抑制される効果も期待されている。 医師が足りず、いわゆる「3分間診療」や、医師の過労状態などに陥ってしまっている医療機関にとっては、セルフメディケーションによって来院する人が数が適切なレベルまで減ることで、本当に医療を必要としている人に医師のマンパワーや医療資源をまわすことができる。
セルフランセ
セルフランセ(Selle Francais)は馬の品種の一つ。中間種に分類され、乗馬、馬術競技馬として優れた性質を持っている。 セルフランセは耐久力に優れ性質は温厚で素直。アングロアラブや軍用として価値を失ったアングロノルマン等を元にしてフランスで作られた。その他にサラブレッドやスタンダードブレッド等雑多な血が含まれている。成立したのが比較的最近の上、アングロノルマンや血統の怪しいアングロアラブをそのままセルフランセとして分類したため純系化が進んでおらず、体型などの性質は個体によってばらつきが大きい。ただ優秀な馬しかセルフランセとして登録できないため能力は高い。乗馬用として好んで使用され億単位の値が付くこともある。アテネオリンピック障害飛越競技で金メダルを獲得したブラジルのバロベットドロエト(en:Baloubet du Rouet)等有名な競技馬も多くいる。
セルフサービス
セルフサービス(英: self service)とは、顧客が直接商品を手にとって選び、低価格・短時間の買い物ができるようにした販売方法である。 店員の手間を省くだけのノーサービスとは区別される。 セルフサービスは、小売店などで顧客が包装された商品のパッケージを直接触れ、これを選んで購入する方法であるが、その一方でレストランなど飲食店では料理がすでに出来上がっており、これを客が選び取って配膳する方法と解される。 古く小売業では客が商店主や接客対応の係員とやり取りして購入する商品を決定、選ばれた商品を代金と引換に手渡す方法がとられていたが、商品の種類が増えるに従って選択の幅が広がり、商店側の者を介して商品を品定めすることに時間が掛かるようになり、その過程で発生した。 これにより商品を選ぶ際の時間短縮に繋がったほか、人件費を軽減させることでより安く商品を提供できるというメリットが小売店業側にも顧客側にもあったため、産業革命に伴う大量生産で物品が市場に溢れるようになった時代より次第に普及していったと考えられる。
セルフうどん
セルフうどんとは、料理の受け取り、食後の食器の返却を客自ら行うセルフサービスの業態をとるうどん店のこと。 店によって形式は少しずつ異なるが、基本は麺の「玉」の数、もしくは「大・中・小」などの量を選び、自分または店員により適宜湯掻き、具(天ぷら・きつね・とろろ昆布・天かす・揚げ玉・その他)や薬味(ねぎ・ショウガ・ゴマなど)を選び、店員に汁や調味料をかけてもらう、もしくは自分でかけて出来上がりという形式。通常は麺の数量によって価格が変化するが、店によっては玉数や量の大小に関係なく一律同価格に設定している場合もある。また、揚げ物・おにぎり・いなり寿司・飯などのサイドメニューを用意している店もある。うどん・サイドメニュー共に個々の価格は抑えてあるが、選ぶ数量によってはそれなりに高い合計額となる場合もある。 セルフ方式は、香川県の製麺所で食事するコーナーがある場合は昔から取り入れられていた。日本全国のうどん専門の飲食店で初めてセルフうどんの方式を開発して店舗を経営したのは、岡山県岡山市の「手打ちうどん名玄」である。
セルフコンシステント
セルフコンシステント(英: self-consistent)は、求めるべき解が自分自身を含むような問題、あるいはそのような問題に帰着させる解析手法のことである。得られる解が与えられる解の候補と一致しなければならないためセルフコンシステントとか、自己無撞着とか自己整合などと呼ばれる。撞着とは整合性がなく矛盾することを指し、無撞着であることは矛盾がなく整合することを意味する。多体問題を1体問題に近似させる場合、たとえば量子力学におけるハートリー=フォック方程式や、統計力学における平均場近似(分子場近似)などはセルフコンシステントな方程式を解く問題としてしばしば取り上げられ、変分問題において重要な概念である。セルフコンシステント方程式の解が厳密に求まる場合はそれほど多くないが、セルフコンシステント方程式に解候補を与え、新たな解候補を作ることによって得られる解候補の列が収束するような場合、適切な解候補を初期値として選ぶことでより良い近似解を得られる。
セルフレベリング
定義 セルフレベリングとは、ボディーが荷重の増減や路面状況により上下に変位した際に、それ以前の地上高に自らのサスペンションの緩衝装置により修正することである。 乗車人数や積載量が変化するとサスペンションのばねのたわみ量が変化し、走行時の挙動や走破性に影響を与える。これを防ぐために、車高の変化(ばねの伸び縮み)を検出し、車両を本来の高さに調整する(戻す)仕組みがセルフレベリング機構である。 この条件を更に二分すると、基準位置より高くなっている場合には「位置のエネルギー」により低くすることは容易であるが、低い場合にはエネルギー源を必要とする。 従って、セルフレベリングが出来る懸架システムは動力源を持っている必要があり、「リアクティブ・サスペンション」と呼ぶのが一般的である。 この用語はハイドロニューマチック・サスペンションで使用されることが多い。 解説 ハイドロニューマチックから引用。負荷積載時に車体が沈み姿勢変化をした際には、それを補正するためにサスペンション・シリンダー内のオイル量を増加させて、常に車高を一定に修正するセルフレベリング機構を備えている。
セルフライゲーティングブラケット
セルフライゲーティングブラケット (self-ligating bracket) とは、結紮線やエラストメトリックタイなどの替わりに、クリップ、シャッタや嵌め込み式器具などにより、アーチワイヤをアーチワイヤスロットに固定する機構(メカニクス)を持ったブラケットのことである。ローフォースローフリクションテクニックに用いられる。セルフライゲーションブラケット(self-ligation bracket)とも言う。代表的なものとして、ミニクリッピー(トミー)、クリッピーC(トミー)、クリッピーL(トミー)、デーモンシステム(オームコ)、クリアスナップ(デンツプライ三金)、クリアティSL セラミック ブラケット(3M ヘルスケア)、スマートクリップ(3M ヘルスケア)がある。 関連項目 矯正歯科 ローフォースローフリクションテクニック。
セルフジャッジ
セルフジャッジはスポーツ用語の一つ。ふたつの意味がある。 審判が存在せず、プレーヤー同士でジャッジを行うルールのこと。紳士的であることが重視される。セルフジャッジを原則とするスポーツとしてゴルフ、カーリング、アルティメットなどがある。他の競技でも、単に審判が用意できないためにセルフジャッジで行なう場合もある(テニスに多い)。 審判が存在するにもかかわらず、選手が勝手に自己の判断でファウル等の反則があったと判断し、審判の笛などを待たずにプレーを止めてしまうこと。主にサッカーの試合などでよく見られるが、実際には反則とならずに試合が続行され、ピンチを招く原因となることが多い。
セルフパロディ
『』より :
セルフ運転士
『』より :
セルフ駅員
『』より :
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン