ブックオフオンライン
Home > 週刊少年マガジン > 花形くんが練習試合で場外ホームラン

花形くんが練習試合で場外ホームラン

2008/04/17 
[新約「巨人の星」花形]
河野

紅洋高校の一年生四番バッター花形くんが青雲高校と練習試合で、第一打席に場外3ランホームランを放った。打たれた青雲高校ピッチャーの小宮くんは信じられないといった表情で肩を落とした。

花形くんはベースランニング中に、彼がライバルと認める星飛雄馬くんを指さしかなり興奮した様子で「君をベンチから引きずり出す!!!!」と挑発した。星くんは控え投手のため、この試合には登板していない。

なお、ホームランボールは球場近くの病院にいた、左門豊作くんが素手でキャッチした模様。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

河野(177) 週刊少年マガジン

Wikipedia情報:新約「巨人の星」花形
新約「巨人の星」花形
『新約「巨人の星」花形』(しんやくきょじんのほしはながた)は村上よしゆきによる日本の漫画作品。梶原一騎・川崎のぼるの原作『巨人の星』の舞台を21世紀初頭に移し、リニューアルした作品である。講談社『週刊少年マガジン』2006年36・37合併号から2011年4・5合併号まで連載された。 1966年から1971年まで連載されていた『巨人の星』のリニューアル作品。主人公を星飛雄馬から花形満に変更し、設定を現代に置き換える形で連載するというのが編集部の方針とのことである。 『巨人の星』を星飛雄馬のライバル・花形満の視点から描いた作品には2002年にWOWOWで放送されたアニメ『巨人の星【特別篇】 猛虎 花形満』が存在するが、本作はそれとは異なり21世紀初頭が舞台。『巨人の星』とは登場人物の名称こそ同じであるが、設定は異なっている。 ストーリーは原作の流れを追いながらも、花形満が主人公ということで本作オリジナルの登場人物が多く登場すると共に、展開もオリジナル色が強い(序盤の展開はほぼオリジナル、飛雄馬の登場より原作の内容を踏まえて進んでいく)。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン