ブックオフオンライン
Home > 週刊少年マガジン > 【続報】高円寺ガソリン男

【続報】高円寺ガソリン男

2008/10/16 
[シバトラ]
てぬぐい

現場のコンビニエンスストア前です。
後から現れた、こちらが正真正銘のガソリン男のようです。
突然、演説を始めました……
このまま中継いたします。

「僕は、勉強がとてもよくできました」
「ギリギリの補欠で入学したその進学校で僕は初めて大きな挫折を味わったんです」
「登校拒否になってしまったんです」
「現実の自分から逃避していた・・・」

あ、服を脱ぎました。愚か者と肌に直接大書してあります。

「あんな取り返しのつかない事件を起こしてしまった」
泣いています、ガソリン男が泣いています。

「僕は神なんかじゃない、英雄でもない」
訴えかけています、掲示板へ書き込みをした人々に対してでしょうか、涙ながらに訴えています。

「マ、マ、マネをするような人が出てくる前に...」
危ない、自分に火を・・・・・・
ま、間に合いました、確保です。ガソリン男、確保!

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン

Wikipedia情報:シバトラ
シバトラ
『[シバトラ]』は、2006年から2009年46号まで講談社『週刊少年マガジン』で連載されていた漫画作品。『サイコメトラーEIJI』、『クニミツの政』などを手がけた、安童夕馬(原作)・朝基まさし(作画)タッグの作品。2008年7月にはフジテレビ系列でテレビドラマ化された。 ストーリー 少年係新米刑事の柴田竹虎は中学生にしか見えない外見の持ち主。しかし誰よりも正義感に厚く、心から非行少年の更生を信じている。さまざまな事情から犯罪に走ってしまった、あるいは巻き込まれてしまった青少年を竹虎が全力で救っていく。 登場人物 主要登場人物 柴田 竹虎(しばた たけとら) 主人公。22歳。高円寺警察署生活安全課少年係。警察官にもかかわらず、町でカツアゲに遭ったり他の警官に補導されるほどの童顔で、ヒゲも生えず、私服だとほぼ確実に中学生に間違われる(背の高い小学生で通用するとまで言われたほど)。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン