ブックオフオンライン
Home > 週刊少年マガジン > 四瑛会病院、腹膜偽粘液腫の公開オペに成功

四瑛会病院、腹膜偽粘液腫の公開オペに成功

2008/10/16 
[ゴッドハンド輝]
てぬぐい

神戸市の四瑛会病院は、会長選挙を前に腹膜偽粘液腫の公開オペを行った。
ボールチップの電気メスを採用*し、正常な組織と偽粘液腫の間に水を注入する術式は、医学界も注目の試みだった。

手術は成功裡に終了し、患者の容態も安定しているとのこと。
今回の公開オペには、会長選挙に向けて足場を固めたい、現会長派の思惑など様々な政治的意図があるようだが、ひとまずはオペの成功に賞賛を送りたい。

*腹膜播腫治療支援機構の設立代表で現理事長の、米村豊医師が提唱した術式。従来の電気メスでは、鋭利過ぎるため偽粘液腫と共に正常な組織まで傷つけてしまうが、球状のチップを使用することで、正常組織へのダメージを最小限に抑えることにつながった。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン

Wikipedia情報:ゴッドハンド輝

ブックオフオンライン