ブックオフオンライン
Home > 週刊少年マガジン > 四瑛会病院、腹膜偽粘液腫の公開オペに成功

四瑛会病院、腹膜偽粘液腫の公開オペに成功

2008/10/16 
[ゴッドハンド輝]
てぬぐい

神戸市の四瑛会病院は、会長選挙を前に腹膜偽粘液腫の公開オペを行った。
ボールチップの電気メスを採用*し、正常な組織と偽粘液腫の間に水を注入する術式は、医学界も注目の試みだった。

手術は成功裡に終了し、患者の容態も安定しているとのこと。
今回の公開オペには、会長選挙に向けて足場を固めたい、現会長派の思惑など様々な政治的意図があるようだが、ひとまずはオペの成功に賞賛を送りたい。

*腹膜播腫治療支援機構の設立代表で現理事長の、米村豊医師が提唱した術式。従来の電気メスでは、鋭利過ぎるため偽粘液腫と共に正常な組織まで傷つけてしまうが、球状のチップを使用することで、正常組織へのダメージを最小限に抑えることにつながった。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン

Wikipedia情報:ゴッドハンド輝
ゴッドハンド輝
『ゴッドハンド輝』(ゴッドハンドてる)は、山本航暉による日本の少年漫画、およびそれを原作としたテレビドラマ。天碕莞爾が原作協力・構成監修を務めている。 「ヴァルハラ」と呼ばれる病院を舞台に、外科医・真東輝の成長を描いた医療漫画。『週刊少年マガジン』(講談社)2000年33号に読切として掲載され、2001年16号から2011年45号まで連載された。その後、番外編として2012年8号から2012年11号まで「神々の双璧」、2012年17号から2012年19号まで「神々の約束」が連載されている。 『週刊少年マガジン』の看板漫画の1つで、単行本第1巻から第58巻までの発行部数は900万部。2009年にはTBS系でテレビドラマ化された。 手術の場面で登場人物が着用するマスクが透けて描かれることが多く、手術中でも登場人物の顔全体の表情が分かるのが特徴である。 主に外科医療を題材としているが、他の医療漫画では取り上げられることが少ない麻酔科医・整形外科医・形成外科医といった医師にも焦点が当てられている。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン