ブックオフオンライン
Home > 週刊少年マガジン > 北関中央駅で転落事故

北関中央駅で転落事故

2008/10/09 
[ハンマーセッション!]
てぬぐい

北関中央駅で、男性がホームに通じる階段から転落、頭部を強打し大怪我を負った。男性は市内の私立光学園中等部教諭の、肥後山健一さん(36)と判明。

事故の直前、同校の学校裏サイト*に「体育教師Hは落」という、今回の事故をほのめかす書き込みがされており、警察は事件・事故の両面をにらみ、捜査をする方針だ。

*特定の学校の話題のみを扱う非公式のサイト、特に匿名の掲示板を指すことが多い。部外者が入れないようパスワードを設定されていたり、携帯電話からのアクセスしか出来ないようにしてあったり、学校名での検索にヒットしないよう、サイト名に特殊な記述方が使われていたりすることが多い。誹謗中傷や、いじめの温床になることも多く、社会問題となっている。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

てぬぐい(143) 週刊少年マガジン

Wikipedia情報:ハンマーセッション!
ハンマーセッション!
タイトル=ハンマーセッション!
ジャンル=少年漫画、学園漫画}}
作者=小金丸大和・八津弘幸
作画=棚橋なもしろ
出版社=講談社
掲載誌=週刊少年マガジン
開始=2006年50号
終了=2009年2・3合併号
巻数=全11巻
『ハンマーセッション!』(Hammer Session!)は、2006年50号から2009年2・3合併号まで『週刊少年マガジン』で連載されていた漫画作品。原作は小金丸大和(31話を最後に離脱、そして八津弘幸に交代)、漫画は棚橋なもしろ。また、貴矢高康事務所が原案に協力している。
連載終了後、『マガジンSPECIAL』2009年6月号に番外編「EXTRA SESSION 栄冠は誰に輝く?の巻」が掲載、そして2009年7月に、本編のその後を描いた小説版が発売された。
主人公・悠は、医者・弁護士・国会議員などの高額所得者を狙い詐欺を働く第1級詐欺師。警察に逮捕され、長期刑特別刑務所である北関東刑務所へ収容されることになったが、護送車が事故に巻き込まれたことに便乗し、同乗していたキリスト教徒 クリスチャン(本名不詳)と逃走する。2人は逃亡先の中学校(光学園中等部)で偶然放火魔(蜂須賀悟郎)を取り押さえたが、彼は翌日から同校で教鞭を取る予定の教師であった。校長は、この不祥事を隠蔽する為、主人公を蜂須賀悟郎名義の教師として雇い、荒れた学校の再建を託す。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン