ブックオフオンライン
Home > 週刊少年チャンピオン > 山田選手、プレーボール本塁打

山田選手、プレーボール本塁打

2008/10/07 
[ドカベン スーパースターズ編]

パ・リーグ最終戦となる福岡ソフトバンクホークス対東京スーパースターズ戦で、1番に座った東京・山田選手がプレーボール本塁打を放った。

2008年のパ・リーグのペナントレースは、すでに四国アイアンドッグスが一位、埼玉西武ライオンズが二位を決めている。現在ソフトバンクは三位、東京は四位で、ゲーム差は0.5。この試合で勝った方が三位となり、クライマックスシリーズ出場権を獲得する。

ソフトバンクの先発は和田投手。今季の東京は和田投手に4敗を喫しているため、土井垣監督は、スタメンを本塁打数の多い順に並べるという奇策に打って出た。

チームトップの40本を打っており、その作戦で1番に入った山田選手は、和田投手の初球を強打。打球はライトスタンドに飛び込む先制本塁打となった。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

マシュー(20) 週刊少年チャンピオン

Wikipedia情報:ドカベン スーパースターズ編

ブックオフオンライン