ブックオフオンライン
Home > 週刊少年ジャンプ > グルメ四天王に召集命令

グルメ四天王に召集命令

2008/09/29 
[トリコ]
武士

トリコさんらグルメ四天王に召集命令が下った模様。グルメ四天王とは、トップクラスの実力を持つ美食屋で、トリコさん、ココさんに加え、サニーさん、ゼブラさんの4人である。
しかもゼブラさんは服役中ということもあり、これまで4人が揃うことはほとんどなかった。

どうやら、以前にトリコさんらが「洞窟の砂浜」にて遭遇した、謎の生物の正体が「美食會」の新型「GTロボ」ということが判明、その対抗手段としてグルメ四天王が召集されたようだ。

「美食會」の詳しい内容は現在明らかになってはいないが、第8ビオトープのトロルコングを全滅させ、「虹の身」をすべて奪ったり、止めに入ったグルメ警察すら殺害してしまうなど手段を問わず食材確保をすることもあり、グルメ四天王との衝突は免れないと思われる。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

武士(221) 週刊少年ジャンプ

Wikipedia情報:トリコ
トリコ
『トリコ』は、島袋光年による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2008年25号より連載中。話数の単位は「グルメ○○」。 「食」をテーマとした異色のバトル漫画。トリコが様々な食材を求めて世界中を冒険する。  「ガララワニ」「虹の実」「フグ鯨」など、登場する食材は殆ど架空の食材であるのが特徴だが、時折語られる科学知識などは実在のものもある。 単行本は2014年6月時点で、売上累計2000万部を達成している。第2回マンガ大賞ノミネート作品。 初出は、『世紀末リーダー伝たけし!』連載中の『週刊少年ジャンプ』2002年6・7合併号に発表した同タイトルの読切作品。2007年52号に続編の読切が掲載された後、連載に至る。読切版は1作目が『グルメハンティングブック』に、2作目が短編集『トリコ外伝』に収録されている。読切と連載版では、主人公であるトリコの設定や世界観はさほど変わりはないが、小松の顔や設定が異なるなど違いも見受けられ、読切時は「美食屋」という用語はまだなく、トリコは「ハンター」と呼ばれていた。
トリコロ
『トリコロ』(tricolour-sisters+1girl nanase family's 4koma story)とは海藍の4コマ漫画の代表作である。 主に、芳文社刊「まんがタイムきらら」の創刊号(2002年7月号)から2005年5月号まで連載された。「まんがタイムきらら」においては、2002年10月号から2004年5月号まで20号にわたって連続して表紙と巻頭カラーを飾った。2004年6月にはドラマCD、同年7月にはファンブックが発売された。きらら掲載時代は同誌はもちろん「あずまんが大王」と並ぶ「萌え四コマ」そのものを代表する作品の一つでもあった。 「まんがタイムきらら」からアスキー・メディアワークス刊「月刊コミック電撃大王」に掲載誌が変更になり、同誌2006年6月号から掲載が始まった。2008年1月号より単行本作業を理由に休載したが、2009年6月号より連載を再開。しかし、その次の7月号で連載はまた終了した。8月号から同一作者による『特ダネ三面キャプターズ』の連載が開始され、本作は不定期掲載作品とされた。
トリコデルマ菌
トリコデルマ (Trichoderma) は、分生子形成をするカビ、いわゆる不完全菌のカビのひとつである。緑色の胞子を形成するので、ツチアオカビの名で呼ばれることもある。森林土壌などに普通であるが、時にキノコ栽培に被害を与える。 菌糸は素早く成長する。寒天培地上、室温ではごく薄いコロニーとして寒天を広く覆った後に、分生子形成が始まる。分生子形成の型はフィアロ型で、フィアライドという紡錘形の細胞の先端から分生子を連続して出芽する。この点ではアオカビやコウジカビと同じだが、違うのは、生じた分生子が液滴の中に出ることである。アオカビなどでは、古い分生子から前へ送られて分生子が数珠状になるが、トリコデルマの場合、形成された分生子がフィアライドの先端の液体の粒の中に次々と送り出されるので、フィアライドの先端に分生子の団子ができる。 分生子柄は往々にして集まって生じる。培地上の菌糸、あるいは気中の菌糸から立ち上がり、何度か分枝する。枝は主軸からほぼ直角に出て、また同じ点から対をなして出る。各枝の先端にはそれぞれに三つのフィアライドが、やはり互いにほぼ直角につく。
トリコミケス綱
トリコミケス綱
生物の分類 分類
界: 菌類 菌界 Fungi
門: 接合菌門 Zygomycota
トリコミケス綱 Trichomycetes
トリコミケス綱(Class Trichomycetes)は、接合菌門に含まれる菌群の一つ。現在は解体される方向で検討されており、今後はこの名は使われなくなる可能性が高い。
すべてが昆虫・多足類・等脚類などの節足動物の腸内などに生息。ただし、栄養関係が不明であり、寄生であるかどうかはわかっていない。菌体は単一の糸状か群によっては少し分枝があるものもある。いずれにせよ、その基部には付着器を持ち、これで腸壁などに固着する。無性生殖は胞子によるが、群によって大きく異なるので、それによって四つの目に分けられている。
ハルペラ目のものは菌体の先端部分が単細胞に分かれた後、各細胞の側面にやや細長い細胞が出芽するようにして胞子を形成する。これはトリコスポアと呼ばれる。トリコスポアは実際には単胞子の胞子嚢であることが確認されている。また、この胞子は一端に長い付属糸を持つ。

トリコテセン
トリコテセン類(トリコテセンるい、英: trichothecenes)は、マイコトキシン(菌類の毒素)の中の1つで、トリコテセン環を持つセスキテルペンに属する約100種のカビ系毒素の総称である。主にムギ赤かび病により生産される物質で、人や家畜に重篤な中毒を引き起こすほか、無脊椎動物、植物にも影響を及ぼす。ただし、カエンタケにも含有されているように、必ずしもカビだけが産生するわけではない。 特長 A~Fの6種に分類される。トリコテセンの生物活動を引き起こす最も重要な構造上の特徴は 12,13-エポキシ環、ヒドロキシ基、アセチル基である。一連の化合物はトリコテセン核に付く官能基により分類され、構造上の特徴から3つのグループに分けられる。このうちタイプA(T-2トキシン、HT-2トキシン、ジアセトキシスカーペノール)およびタイプB (デオキシニバレノール (DON)、ニバレノール (NIV)、3- および 15-アセチルデオキシニバレノール)が毒物質として問題となる。
トリコステーション
『Splash Candy's Trico Station』より : Splash Candy's Trico Station(スプラッシュキャンディーズトリコステーション)ラジオ関西・音泉・BEWEで放送・配信されていたSplash Candy(スプラッシュキャンディ)とTrico(トリコ)関連のラジオ番組。 パーソナリティ Splash Candy Babee(バビー) Franken(フランケン) 配信曜日など 放送:2006年1月25日~10月4日(2006年4月7日~9月29日地上波ラジオでも放送された) ラジオ関西:毎週金曜日 27:00-27:30/音泉:翌週水曜日更新 スポンサー(※):東芝EMI・Trico Project 採用されたお便りが面白かったものにはSplash Candyのサイン入りオリジナルステッカー贈呈(※)2006年7月31日から番組開始前にノンスキップCM(20秒)が導入された コーナー ふつおた普通のお便りたとえばこんなシチュエーション『例えばこんなときにあなたはどうする?』というお題を毎回出してリスナーが答えるというコーナー幸せデリバリーTrico~Splash Candy編~ラジオドラマのコーナー。
トリコの登場人物
トリコの登場人物(トリコのとうじょうじんぶつ)は、島袋光年の漫画『トリコ』に登場する架空の人物の一覧。担当声優は特記無い限りテレビアニメ版・映画版共通のもの。 主要人物 トリコ 声 - 置鮎龍太郎 / 近藤隆(ラジオドラマ、JSAT2009、JSAT2010) 本作の主人公。「美食屋四天王」の一人。人並み外れた筋肉質の肉体と身体能力を持つ大男。生まれついてのグルメ細胞持ちで、赤鬼と青鬼の二種類の悪魔を宿す。コバルトブルーの髪と顔の左側にある三本傷が特徴。 IGO(国際グルメ機構)に所属する美食屋の中でも折り紙付きの超人で、世界に存在する30万種類の食材の内、およそ6,000種類を見付け出したと言われるカリスマ的存在。 頭脳明晰かつ知識も豊富で、自分が訪れる大自然の生態系なども完全に把握している。戦闘や狩りは素手で行い、ナイフ・フォーク・釘パンチを基本とした破壊力のある技を使用する。その一方で必要以上に大量のエネルギーを消費するという弱点があったが、食林寺の修行での「食義」及び「食没」の習得後は少しのエネルギーで強力な威力を持つ技を繰り出せるようになった。
トリコロール/赤の愛
『トリコロール/赤の愛』 (Trois Couleurs: Rouge) は、1994年製作の映画。クシシュトフ・キェシロフスキ監督による「トリコロール」3部作の3作目。 1994年5月の第47回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門にて上映された後、ポーランドでは同年5月27日に、フランスでは9月14日に公開された。日本では同年11月12日からBunkamura ル・シネマにて公開された。 第20回(1994年度)セザール賞では、作品・監督・主演男優・主演女優・音楽・脚本の6部門にノミネートされ、音楽賞を受賞した。他に全米批評家協会賞・ニューヨーク映画批評家協会賞・ロサンゼルス映画批評家協会賞で、外国語映画賞を受賞した また、第67回(1994年度)アカデミー賞では、監督・脚本・撮影の3部門にノミネートされた。第52回(1994年度)ゴールデングローブ賞では外国語映画賞にノミネートされた。 「トリコロール」3部作は、それぞれの作品が「自由(青)・平等(白)・博愛(赤)」を象徴しており、最終作となる本作は、全てを包む「博愛」がテーマとなっている。
トリコロール/白の愛
『トリコロール/白の愛』 (Trois couleurs: Blanc/Trzy kolory: Biały) は、1994年製作の映画。クシシュトフ・キェシロフスキ監督による「トリコロール」3部作の2作目。 フランスでは1994年1月26日に公開された。日本では同年8月20日からBunkamura ル・シネマにて公開された。 1994年2月の第44回ベルリン国際映画祭では監督賞を受賞した。 「トリコロール」3部作は、それぞれの作品が「自由(青)・平等(白)・博愛(赤)」を象徴しており、本作は「愛の平等」をテーマとしている。3部作中で唯一、男性を主人公としており、他2作とは異なる喜劇タッチの作品となっている。 キャスト カロル - ズビグニェフ・ザマホフスキ ドミニク・ヴィダル - ジュリー・デルピー ミコワイ - ヤヌシュ・ガヨス ストーリー ポーランド人理髪師のカロル(ズビグニェフ・ザマホフスキ)は、フランス人の妻・ドミニク(ジュリー・デルピー)から性的不能を理由に離婚を付きつけられる。
トリコロール/青の愛
『トリコロール/青の愛』(Trois Couleurs: Bleu)は、1993年製作の映画。クシシュトフ・キェシロフスキ監督による「トリコロール」3部作の1作目。 フランスでは1993年9月8日に公開された。日本では1994年7月9日からBunkamura ル・シネマにて公開された。 1993年9月の第50回ヴェネツィア国際映画祭では、最高賞である金獅子賞のほか女優賞(ジュリエット・ビノシュ)と撮影賞を受賞した。第19回(1993年度)セザール賞では主演女優(ジュリエット・ビノシュ)・音楽・編集の3部門を受賞した。 また、第51回(1993年度)ゴールデングローブ賞では、主演女優賞(ドラマ部門)・作曲賞・外国語映画賞にノミネートされた。 「トリコロール」3部作は、それぞれの作品が「自由(青)・平等(白)・博愛(赤)」を象徴しており、本作は「青の愛」=「(過去の)愛からの自由」をテーマとしている。 キャスト ジュリー - ジュリエット・ビノシュ オリヴィエ - ブノワ・レジャン ジャーナリスト - エレーヌ・ヴァンサン ジュリーの母 - エマニュエル・リヴァ ストーリー 高名な作曲家の夫と幼い娘を交通事故で一度に亡くし、自らも重傷を負ったジュリーは退院後、郊外の家と家財道具一式、さらには夫が遺した未完の楽譜も処分してしまう。
トリコーン
『三角帽子』より : 三角帽子(さんかくぼうし、Tricorne,トリコーン)とは、18世紀にヨーロッパやアメリカで流行した帽子である。最盛期には、軍人のみならず、民間人もかぶっていた。両脇と後ろを折り返してあるため、上から見ると三角形に見え「3つの」を意味するtriをつけて、トリコーン(トリコーヌ)と呼ばれるようになった。女性も、馬に乗る際に用いた。 元々は、17世紀に、スペインの兵士がフランドルでかぶっていた、丸くてつばの広い帽子が進化したとも17世紀後半に、つばが巻いてあっただけなのが進化したともいわれる。また、海賊たちが、船上でかぶると、つばが邪魔になるので巻きあげて止めたともいわれている。この帽子の特徴は、実用的なところである。上向きになった部分が溝を作るため、雨が顔にじかに落ちず、肩に流れて行くようにする。雨を防ぐのに特化した道具が発明される前は、明らかに便利なものだった。いずれにしても、それまではもっとつばが広く、それ以前には、丈の高い帽子が用いられていたが、欧米の男性がかつらをつけるようになったため、かえって邪魔になり、丈の低い三角帽子が普及した。
トリコロール (サッカー)
トリコロール(Tricolore)は、アディダス社製のサッカーボールであり、1998年FIFAワールドカップフランス大会に使用された公式球である。 名称はフランスの国旗の通称に由来している。ワールドカップ公式球で最初に多色刷りされたサッカーボールであると同時に1978年から使用された古典的なタンゴデザインの最後のワールドカップ公式球である 児童労働の排除 1990年代後半、国際労働機関の調査により児童労働により生産されるサッカーボールの実態が明らかになり、国際的な問題となったことから、国際サッカー連盟は、児童労働を含む労働条件の改善を図るため、サッカーボールのライセンス制度を厳格化した。
トリコロール
トリコロール(仏: tricolore)は、フランス語で三色の意味。トリコローレ(伊: tricolore)はイタリア語で同様の意味を表す。 旗・色 三色旗。特にフランス語においてはフランスの国旗 イタリア語で単に「トリコローレ」と言った場合、イタリアの国旗を指す。 赤・青・黄の色の三原色 1998年FIFAワールドカップフランス大会の公式球。→トリコロール (サッカー) 理髪店のサインポール。 メリハリのある3色の組み合わせで構成された配色。 日刊スポーツの社旗(赤・白・青) スポーツニッポンの社旗(赤・白・青) ロッテオリオンズの球団旗(赤・白・青) 東京ヤクルトスワローズの球団旗(1970-1993年、赤・白・青緑、1994年以降、赤・白・青) 日産自動車と横浜F・マリノスのコーポレートカラー(赤・白・青)。
トリコルド
トリコルドは、3音列のこと。例えばドレミ,レミファ,ミファソなど。ギリシア語のトリ (3) コルド(弦)より。 関連項目 旋法 テトラコルド ペンタコルド。
トリコチロマニア
『』より :
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン