ブックオフオンライン
Home > Cookie > 【訃報】TRAPNESTのレンさん

【訃報】TRAPNESTのレンさん

2008/09/26 
[NANA]
あかね

人気ロックバンドTRAPNEST(通称「トラネス」)のレンさん(本名、本城蓮さん)が、交通事故のため亡くなった。

第一発見者は週刊サーチの倉田稔さんで、発見した時には既に死亡していた模様。
事故が起きた原因は、その瞬間に居合わせた人間が名乗り出ないこともあり、今のところ不明である。

婚約中のBLACK STONES(通称「ブラスト」)の大崎ナナさんにはまだこの事実を知られておらず、同バンドの高木泰士さんが頃合いを見て伝えることとなっている。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

あかね(20) Cookie

Wikipedia情報:NANA
NANA
『NANA』(ナナ)は、矢沢あいによる漫画。また、原作を基にする関連作品群(映画・アニメ・CD作品など)。第48回(平成14年度)小学館漫画賞受賞。 漫画は現在、『Cookie』(集英社)にて連載中である。 実写版映画→#映画 テレビアニメ→#テレビアニメ オムニバスCD→#イメージアルバム トリビュートCD→LOVE for NANA NANAの登場人物 漫画は当初『りぼん』の増刊号という位置づけの『Cookie』1999年Vol.1、同Vol.2に読み切りとして掲載され、『Cookie』が月刊誌として昇格新創刊されると『Cookie』2000年7月号から同誌に連載された。
NANA starring MIKA NAKASHIMA
『中島美嘉』より : 中島 美嘉(なかしま みか、1983年2月19日 - )は、日本の歌手、女優、作詞家。鹿児島県日置市出身。身長160cm、体重40kg、血液型はA型。 所属事務所はトゥループロジェクト。所属レコード会社はソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ。公式ファンクラブ名は「LOTUS」である。 1996年、中学2年生の時に鹿児島市内に転校。転校先で馴染めず、友達の通う中学校に一緒に通っていた。1998年に鹿児島市立天保山中学校卒業後、高校には進学せず、約1年間地元のファーストフード店などを中心にアルバイトをしていた。1999年、福岡県福岡市に移り住み、アパートの一室で集団生活をしながらモデルのアルバイトを始める。福岡と鹿児島を行き来することが多かった。2000年秋、モデルとして様々なオーディションにチャレンジする一方で、もうひとつの夢、歌手になることを夢見て、ソニー・レコードに1本のデモテープを送る。 2001年 デモテープを聴いて彼女の声に惹かれたソニー・レコードのスタッフによってソニー主催のボーカルオーディション「SD SINGERS REVIEW」に出場できることになり、それに見事合格する。
NANAの登場人物
NANAの登場人物(ナナのとうじょうじんぶつ)では、矢沢あい原作の漫画作品『NANA』に登場する人物を解説する。なお、記述されている年齢は、物語の舞台である2002年時点のものである(未来のシーンに登場する皐・レンを除く)。 主人公 大崎ナナ(おおさき ナナ) アニメでの声優:朴璐美/アニメでの歌唱役:土屋アンナ/PS2ゲームでの声優:皆川純子/映画1・2:中島美嘉 1981年3月5日生まれ。コミック1巻第2話では18歳。2巻から20巻まで20歳。21巻で21歳を迎えた(現在)。身長:162cm。体重:43kg。星座:魚座。血液型:A型。 本作の主人公。バンドBLACK STONES(ブラックストーンズ、ブラスト)のメインボーカリスト。二の腕に「蓮(レン)のタトゥー」を持つ。セブンスターを愛煙。2001年3月5日、20歳の誕生日に、小松奈々(通称ハチ)と上京する新幹線の中で偶然知り合い、その後ひょんなことからルームメイトになる。 母親はナナが4歳の時に蒸発し、父親が誰なのかも分からない。育ててくれた祖母・美雪も、ナナが高校を中退してまもない15歳の時に死去しており、天涯孤独である。
NANA-ナナ-
『NANA』より : 『NANA』(ナナ)は、矢沢あいによる漫画。また、原作を基にする関連作品群(映画・アニメ・CD作品など)。第48回(平成14年度)小学館漫画賞受賞。 漫画は現在、『Cookie』(集英社)にて連載中である。 実写版映画→#映画 テレビアニメ→#テレビアニメ オムニバスCD→#イメージアルバム トリビュートCD→LOVE for NANA NANAの登場人物 漫画は当初『りぼん』の増刊号という位置づけの『Cookie』1999年Vol.1、同Vol.2に読み切りとして掲載され、『Cookie』が月刊誌として昇格新創刊されると『Cookie』2000年7月号から同誌に連載された。
NANAの部屋
『NANA』より : 『NANA』(ナナ)は、矢沢あいによる漫画。また、原作を基にする関連作品群(映画・アニメ・CD作品など)。第48回(平成14年度)小学館漫画賞受賞。 漫画は現在、『Cookie』(集英社)にて連載中である。 実写版映画→#映画 テレビアニメ→#テレビアニメ オムニバスCD→#イメージアルバム トリビュートCD→LOVE for NANA NANAの登場人物 漫画は当初『りぼん』の増刊号という位置づけの『Cookie』1999年Vol.1、同Vol.2に読み切りとして掲載され、『Cookie』が月刊誌として昇格新創刊されると『Cookie』2000年7月号から同誌に連載された。
NANA (歌手)
NANA(なな)は、日本の女性歌手である。
主にアダルトゲームの主題歌を担当しており、Elements Gardenを始めとする様々なサウンドクリエーターのプロデュースの元で音楽活動をしている。彼女が担当した曲はゲームの特典音楽CDやサウンドトラック、ゲームメーカーやサウンドクリエーターによるボーカルコレクションCD等で聞くことができるものが多い。
2008年9月25日、ファーストベストアルバムを発売した。
Dreaming Continue
パソコンゲーム『ぱすてるチャイムContinue』オープニング主題歌
2005年4月27日発売(ランティス)
Ashberry
パソコンゲーム『エーデルワイス (ゲーム) エーデルワイス』オープニング主題歌
2006年9月29日発売(インディーズ 自主制作)
2008年9月25日発売(Mellow Head)

NANA (チェッカーズ)
Name NANA
Artist チェッカーズ
Album GO (チェッカーズ) GO
Released 1986年10月5日1988年4月29日(再発)
Recorded -
Genre J-POP
Length 分秒
Label ポニーキャニオン
Chart position *2位 (オリコンチャート オリコン)
1位 (ザ・ベストテン)
Last single Song for U.S.A. (1986年)
This single NANA (1986年)
Next single I Love you, SAYONARA(1987年)
NANA(ナナ)は、日本のロックバンド、チェッカーズの12枚目のシングル。1986年10月5日発売。発売元はポニーキャニオン。
チェッカーズ初の、メンバーオリジナルのシングル。
当初シングルとしてスタッフが用意していたのは「しみるのプリーズ」という、「ジュリアに傷心」に似た歌謡曲だったらしい。しかしメンバーが「もうこれは出来ない」とスタッフに反発し、オリジナルシングル「NANA」がリリースされる事となった。

NANANINE
NANANINE(ナナナイン)は福岡県出身のロックバンドである。1999年8月結成。2002年ワーナーミュージック・ジャパンよりメジャーデビューしたが、本人達の申し出により2003年契約を解消。以後インディーズ、メジャー、自身のレーベルなどリリースごとに発売元を変えている。2006年6月1日をもって活動休止。現在の活動はブログなどで公開されている。 メンバー 川関浩司(かわせきひろし、1980年2月4日 - )ボーカル・ギターソロやユニットで活動していたが、2009年7月に音楽活動を停止。大野憲太郎(おおのけんたろう、1979年12月8日 - )ギター・コーラス活動停止後、音楽活動を休止していたが、2010年よりブログとツイッター開始。朱雀祐輝(すじゃくゆうき、1979年9月20日 - )ベース・コーラス2009年「MIM」結成。2011年に「THE ANDS」を結成し2012年末まで参加。 2011年頃より「UNDER THE COUNTER」に加入。瀬崎順治(せざきじゅんじ、1979年5月6日 - )ドラム2009年「MIM」結成。
NANA (曲)
「NANA」(ナナ)とは、日本のロックバンド、チェッカーズの楽曲で、11枚目のシングル。1986年10月15日発売(発売元はキャニオンレコード)。 解説 チェッカーズ初の、メンバーオリジナルのシングル。当初シングルとしてスタッフが用意していたのは「しみるのプリーズ」という、「ジュリアに傷心」に似た歌謡曲だったらしい。しかしメンバーが「もうこれは出来ない」とスタッフに反発し、オリジナルシングル「NANA」がリリースされる事となった。 タイトルの由来はフミヤ曰く「水系と演歌系の名前の中間がいいと思って『NANA』になった」。また、「NANAの涙」や「NANAの言い訳」といったタイトルも考えられていた。 「濡れてくれ」「やろうぜ」といった歌詞が性行為を連想させるとして、NHKで放送禁止になった。その為、出演していた歌番組では急遽B面曲を演奏(演奏したふりをした)。『紅白歌合戦』では「Song for U.S.A.」を歌っている。歌詞は当初は「やろうぜ」ではなく「寝ようぜ」だったが、過激すぎるという理由で変更になった。
NANA2
『』より :
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン