ブックオフオンライン
Home > 週刊少年ジャンプ > 世間を騒がす「海のぬし」、その意外な正体とは

世間を騒がす「海のぬし」、その意外な正体とは

2008/09/23 
[魔人探偵脳噛ネウロ]
ソウゾウドウ

静かな海岸を騒がしていた「海のぬし」の正体が判明した。
その正体は、19年前に豪華客船カジノ現金強奪犯として指名手配されていた亀田夫妻。
潜伏場所として人目に触れにくい入り江を選び、海のぬしを装っては近付く人々より現金と自らを守ってきたようだ。

時効まで1年と迫ったふたりの逮捕劇の裏には、またもや女子高生探偵、桂木弥子さんの協力があった模様。
非番の刑事数名と現場付近で釣りを楽しんでいたところ、偶然にも亀田夫妻を発見、即刻逮捕へと繋がったようだ。
また未確認ながら、今回の事件で逮捕に関わった刑事のひとりが現在行方不明との情報も飛び込んできた。
他の事件との関連性含めて、今後の動向を慎重に見守りたい。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

ソウゾウドウ(34) 週刊少年ジャンプ

Wikipedia情報:魔人探偵脳噛ネウロ
魔人探偵脳噛ネウロ
『魔人探偵脳噛ネウロ』(まじんたんてい のうがみネウロ)は、松井優征による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2005年12号から2009年21号まで連載された。本作のプロトタイプとして『赤マルジャンプ』2004年夏号と『週刊少年ジャンプ』2004年41号に掲載された2つの同タイトルの読切がある。 物語は、『謎』を食糧とする魔人・脳噛ネウロが、「謎」を求めて地上を訪れるところからスタートする。人間界で目立たず生活する為に桂木弥子を探偵役に仕立て上げ、影でその事件の「謎」を「喰べる」ことを目的とする。主役のネウロと弥子は共通して食に対するこだわりを持ち、本作には「グルメ」「食事」といったテーマが根底に流れている。 作者自身が本作のジャンルは「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」であると1巻のコメントに書いている通り、事件解決における推理は往来の探偵もののような体裁をとっているが、その実はほとんど読者にヒントを与えず、魔人であるネウロは「魔界777ツ能力(どうぐ)」という特殊能力で捜査を行えるため、かなり強引に推理が進められる。
魔人探偵脳噛ネウロの犯罪者
魔人探偵脳噛ネウロの犯罪者(まじんたんていのうがみネウロのはんざいしゃ)では、松井優征の漫画作品『魔人探偵脳噛ネウロ』および、その派生作品の登場人物の内、犯罪行為に深く関わっている者達について解説する。 「謎」が解き明かされた瞬間、性格や(時には)姿までが豹変して、狂った本性(いわゆるサイコパス)を見せる犯罪者(犯人)達は、本誌では人気投票とは別に「"犯"人気投票」なるものまで行われている。ここでは、「"犯"人気投票」にエントリーされた犯人達と、その後の事件の犯人達を掲載するが、厳密には犯人ではない者も含まれている。「推理漫画ではない」ことを強調するためなのか、コミックスの目次(ドラマCDではブックレット)の「まじんたんていのうがみねうろ」の文字がたくさん並んでいる部分には、よく見ると犯人の名前が隠されているというギミックがある。 声の項は特記ない限りアニメ版のキャストとする。 事件の犯人 毒殺女(どくさつおんな) 原作でネウロが最初に謎を喰った事件の犯人。本名は不明。愛人の下呂 光(げろ ひかる)に裏切られた恨みから、下呂を毒殺する。
魔人探偵脳噛ネウロの登場人物
魔人探偵脳噛ネウロの登場人物(まじんたんてい のうがみネウロのとうじょうじんぶつ)は、松井優征の漫画作品『魔人探偵脳噛ネウロ』および、その派生作品に登場する架空の人物の一覧。 登場人物の内、犯罪行為に深く関わっている者達は魔人探偵脳噛ネウロの犯罪者において別途解説する。 声優の表示はアニメ版 / ドラマCD版の順とする。1人しか記載されていない場合は特記ない限りドラマCD版の声優。 桂木弥子魔界探偵事務所 脳噛 ネウロ(のうがみ ネウロ) 声 - 子安武人 / 同左 本作のキーキャラクター。詳細は脳噛ネウロの項目を参照。 『謎』を栄養源とする突然変異種の魔人。魔界の『謎』を喰い尽くし、自らの脳髄の空腹を永遠に満たすことのできる『究極の謎』を求めて地上に降り立った。地上に来てまもなく弥子と出会い、彼女を隠れ蓑に選んで『謎』を探し始める。 桂木 弥子(かつらぎ やこ) 声 - 植田佳奈 / 同左 3月10日生まれ、16歳→19歳。身長159cm→161cm(推定)、体重43kg。座右の銘は「まず白米ありき」。 本作のもう一人の主人公兼ヒロイン。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン