ブックオフオンライン
Home > 週刊少年チャンピオン > 根元選手、三打席連続本塁打ならず

根元選手、三打席連続本塁打ならず

2008/09/19 
[ドカベン スーパースターズ編]

6月27日の東京スーパースターズ対千葉ロッテマリーンズ戦で、8回に根元選手がピッチャーゴロに倒れ、三打席連続本塁打はならなかった。

8回表1死で根元選手を迎え、山田選手は初球にインコースにボールになるストレートを要求。しかし里中投手の投球はど真ん中に入り、根元選手はこれを強打したが、バットが折られ、ボテボテのピッチャーゴロとなった。

実は、ど真ん中に行ったのはコントロールミスではなく、全力で投げて打ち取るという里中投手の意地であった。里中投手は次の西岡選手も抑えて三者凡退。8回裏、9回表は両軍無得点で、試合はロッテがリードのまま9回裏に入った。

中西投手は、先頭のサル選手を追い込むものの、3球目の投球がワンバウンドの死球となった。一打逆転の場面で、続く岩鬼選手は土井垣監督のサインを確認したが、これに岩鬼選手は激しく動揺している。サインの内容が気になるところだ。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

マシュー(20) 週刊少年チャンピオン

Wikipedia情報:ドカベン スーパースターズ編

ブックオフオンライン