ブックオフオンライン
Home > 週刊少年チャンピオン > 山田選手、変化球攻めに凡退

山田選手、変化球攻めに凡退

2008/09/19 
[ドカベン スーパースターズ編]

6月27日の東京スーパースターズ対千葉ロッテマリーンズ戦で、東京の山田選手が、中西投手の前にライトフライに終わった。

7回裏、1死ランナーなしの場面で迎えた中西投手と山田選手の対決。すべて変化球を投じる中西投手に対して、山田選手も粘った。ロッテの小宮山投手曰く、中西投手は、5回まで投げた唐川投手を勝利投手にするため、プライドを捨てて打ち取ることに徹しているとのこと。

根負けした山田選手は、13球目のフォークを強打したが、この打球を、ライト大松選手がフェンスにぶつかりながらも好捕。しかしこれにより、大松選手は肩を痛め、早川選手との交代を余儀なくされた。中西投手は次の星王選手を三振に取り、この回を三者凡退に抑えた。

そして8回表、ここまで二打席連続本塁打を放っている根元選手と、里中投手の注目の対決を迎えている。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

マシュー(20) 週刊少年チャンピオン

Wikipedia情報:ドカベン スーパースターズ編
ドカベン スーパースターズ編
『ドカベン (スーパースターズ編)』より : 『ドカベン スーパースターズ編』は、水島新司の野球漫画。『週刊少年チャンピオン』にて2004年6号から2012年17号まで連載された。 『ドカベン』『大甲子園』および『ドカベン プロ野球編』の続編である。 『ドカベン プロ野球編』終盤においてFA宣言した「山田世代」の選手たちが、2004年、新しくパ・リーグに創設された2球団「東京スーパースターズ」と「四国アイアンドッグス」とに相分かれる。 スーパースターズは東京ドームを本拠地とし、監督は土井垣将。山田太郎・岩鬼正美ら明訓五人衆が入団する。一方アイアンドッグスは本拠地を松山坊っちゃんスタジアムに置き、犬飼小次郎が監督となる。不知火守・土門剛介ら高校時代のライバル達が入団する。 山岡・緒方・足利・国定・木下(わびすけ)・フォアマン・賀間・隼などの、かつてのチームメイトやライバルたちもプロ野球に参戦、熱戦を繰り広げる。 さらに、2005年には『一球さん』の真田一球と呉九郎が東北楽天ゴールデンイーグルスに、元東海高校の雲竜大五郎が四国アイアンドッグスに、2006年には、元弁慶高校の義経光が東京スーパースターズにそれぞれ入団した。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン