ブックオフオンライン
Home > 週刊少年マガジン > 真東輝医師、カバーリング法で気胸手術に成功

真東輝医師、カバーリング法で気胸手術に成功

2008/04/17 
[ゴッドハンド輝]
河野

四瑛会病院に勤める真東輝医師は、気胸の再発で苦しむ和久井有彩さんの手術にカバーリング法を実施し、これに成功した。同法は四瑛会病院では初とのこと。
真東医師は、肺の表面にセルロース素材のメッシュを貼ることで、それが一ヶ月程度で吸収され、肺の表面が厚くなり再発を防ぐと説明した。

セルロースはナタ・デ・ココに使われていることで有名な食物繊維で、近年では有機ELディスプレイのパネルとして使うアイディアが注目されている。

ちなみに真東輝医師は胸腔鏡で折り鶴を作れるほどの腕前で、伝説のゴッドハンド真東光介さんのひとり息子。一度も患者の死に立ち会ったことがないという絶対的「天運」を持つと言われている。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

河野(177) 週刊少年マガジン

Wikipedia情報:ゴッドハンド輝
ゴッドハンド輝
『ゴッドハンド輝』(ゴッドハンドてる)は、山本航暉による日本の少年漫画、およびそれを原作としたテレビドラマ。天碕莞爾が原作協力・構成監修を務めている。 「ヴァルハラ」と呼ばれる病院を舞台に、外科医・真東輝の成長を描いた医療漫画。『週刊少年マガジン』(講談社)2000年33号に読切として掲載され、2001年16号から2011年45号まで連載された。その後、番外編として2012年8号から2012年11号まで「神々の双璧」、2012年17号から2012年19号まで「神々の約束」が連載されている。 『週刊少年マガジン』の看板漫画の1つで、単行本第1巻から第58巻までの発行部数は900万部。2009年にはTBS系でテレビドラマ化された。 手術の場面で登場人物が着用するマスクが透けて描かれることが多く、手術中でも登場人物の顔全体の表情が分かるのが特徴である。 主に外科医療を題材としているが、他の医療漫画では取り上げられることが少ない麻酔科医・整形外科医・形成外科医といった医師にも焦点が当てられている。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン