ブックオフオンライン
Home > 週刊少年マガジン > 真東輝医師、カバーリング法で気胸手術に成功

真東輝医師、カバーリング法で気胸手術に成功

2008/04/17 
[ゴッドハンド輝]
河野

四瑛会病院に勤める真東輝医師は、気胸の再発で苦しむ和久井有彩さんの手術にカバーリング法を実施し、これに成功した。同法は四瑛会病院では初とのこと。
真東医師は、肺の表面にセルロース素材のメッシュを貼ることで、それが一ヶ月程度で吸収され、肺の表面が厚くなり再発を防ぐと説明した。

セルロースはナタ・デ・ココに使われていることで有名な食物繊維で、近年では有機ELディスプレイのパネルとして使うアイディアが注目されている。

ちなみに真東輝医師は胸腔鏡で折り鶴を作れるほどの腕前で、伝説のゴッドハンド真東光介さんのひとり息子。一度も患者の死に立ち会ったことがないという絶対的「天運」を持つと言われている。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

河野(177) 週刊少年マガジン

Wikipedia情報:ゴッドハンド輝

ブックオフオンライン