ブックオフオンライン
Home > 週刊少年ジャンプ > サイコーとシュージンの「平成まんが道」

サイコーとシュージンの「平成まんが道」

2008/09/03 
[バクマン。]
ソウゾウドウ

真城最高さんの亡くなった叔父に当たる、真城信弘さん(ペンネーム「川口たろう」)の仕事場で、最高さんと高木秋人さんがふたりの漫画作品を18歳までにアニメ化することを誓った。

秋人さんは自分の好みを問わず、ヒット中の漫画や小説を熟読して研究中。
現在の『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画「NARUTO」「ONE PIECE」「BLEACH」「銀魂」等に「刀」が登場すること、さらに「現実世界でないバトルもの」という共通点を発見、こういった研究成果から、自身のヒット作を生み出す算段だ。
また、信弘さんのネーム原稿を持ち帰って参考資料とするなど、やる気も充分、夢の実現に向けて一歩踏み出したようだ。

対して最高さんも、信弘さんの遺した膨大な数の原稿を前に、命を懸けて漫画作りに取り組むことを決意。
このコンビが近い将来、漫画界をリードする存在となることを期待したい。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

ソウゾウドウ(34) 週刊少年ジャンプ

Wikipedia情報:バクマン。
バクマン。
『バクマン。』は、原作・大場つぐみ、作画・小畑健による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2008年37・38合併号から2012年21・22合併号まで連載された。単行本は全20巻。その内容から様々な世代に支持された。 高い画力を持った真城最高と文才に長けた秀才である高木秋人を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のり・その活動を描く。物語は連載開始時と同じ2008年から始まるが、話の進行によって現実世界を追い越す様になる。この事に関して大場は単行本16巻のコメントで「常に現代ぐらいに思って読んで頂けると助かります」と述べている。最終話時点で劇中年月は2018年9月となっている。 『週刊少年ジャンプ』(以下『WJ』)2008年37・38合併号より連載を開始。大場・小畑タッグでの作品は前作『DEATH NOTE』から2年ぶりとなる。連載開始号の巻末コメントで大場は「比較的地味な内容になると思う」と記している。タイトルは小畑の発案で、「漫画の『マン』を入れたかった」との事。連載開始前の仮タイトルとして『ガチマン』とする案もあった。
バクマン。の登場人物
バクマン。の登場人物(バクマンのとうじょうじんぶつ)では、原作・大場つぐみ、作画・小畑健の漫画『バクマン。』に登場する人物について述べる。生年月日・出身地などのデータはキャラクターブック『キャラマン。』より。アニメの担当声優は特筆なき場合テレビアニメ版の物である。なおこの項目では台詞の引用の場合を除き『週刊少年ジャンプ』は『WJ』と省略する。 主要人物 亜城木 夢叶 「亜城木 夢叶」(あしろぎ むと)は、漫画家としてのサイコー・シュージンの共同ペンネーム。命名者は香耶で、「亜豆と真城と高木の夢を叶える」という意味が込められている。結成当初ネーム作成の期限を守れなかったシュージンに対して、サイコーがコンビを解消した時が一ヶ月間だけだがあった。その時の漫画家名は「亜城夢叶」(あしろむと)。 真城 最高(ましろ もりたか) 声 - 阿部敦 / 福山潤(ラジオドラマ)、演 - 佐藤健 誕生日:1994年2月18日、出身地:埼玉県、身長:171cm、体重:58kg、血液型:B型。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン