ブックオフオンライン
Home > 週刊少年ジャンプ > 日暮巡査、リストラされる

日暮巡査、リストラされる

2008/08/25 
[こちら葛飾区亀有公園前派出所]
武士

4年に一度、夏季オリンピックが行われる年にしか目覚めない警察官、日暮熟睡男さん。今までは4年に一度の勤務とはいえ、予知能力や念写能力、瞬間移動能力を使って行方不明者の捜索など迷宮入りとなった事件を解決するため、クビにならずにすんでいたようだが、「超能力はうさんくさく、4年分の給料がもったいない」という理由から、とうとう警視庁をリストラされてしまったようだ。

そのため、同僚の両津勘吉さんの勧めでホストに転職。持ち前の超能力と女性と話すことが得意、ということもあり、人気は上々のようだ。

最終的には両津さんの説得により、寝ている間は給料なしということで、なんとか警察官として仕事は繋がったようだが、次に日暮さんが目覚めるのは2012年、4年後の状況はどうなっているのか、まだまだ安心はできないだろう。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

武士(221) 週刊少年ジャンプ

Wikipedia情報:こちら葛飾区亀有公園前派出所

ブックオフオンライン