ブックオフオンライン
Home > 週刊ビッグコミックスピリッツ > 料理対決はコヨーテ・伴チームの勝利

料理対決はコヨーテ・伴チームの勝利

2008/08/24 
[バンビーノ]
豊

NYマフィアの代理戦争として行われた料理対決だが、コヨーテ・伴チームの勝利が決定した。

勝負の決め手となったのは最終料理。先行のロレンツォ兄弟はウニのパスタを披露。手打ちパスタのひとつひとつにコクのあるシチリア産のウニがしっかりと絡まり、まさにシチリア料理の王道の味。審査員達に好評だった。

次に伴さんが料理した「ムール貝とフレッシュトマトのリゾット」。なんと昆布出汁とNY産のトマトを使用。「実にうまい」と審査員達は絶賛。「俺がイタリア料理ば教わったのは日本のイタリア料理に魅せられた人たちから。俺は、その料理ば皿にうまくして伝えていきたいて思うちょります! こィが日本人の俺がNYで作るシチリア料理――イタリアンですたい!」と言い切った。

審査員からは「シチリア料理は元来、他の食文化をとり入れて発展してきた。お前さんのその精神がシチリア料理た!」との評価を受け、勝利が決まった。

当初は、負けた方が血を見るのでは? と不穏な噂があったこの対決。最終的には死者を出すことなく、無事対決が終了した。

※このニュースはフィクションです。あくまでもマンガ内で起こったニュースを取り上げていますのでご注意ください。

(38) 週刊ビッグコミックスピリッツ

Wikipedia情報:バンビーノ
バンビーノ
バンビーノ(Bambino)はイタリア語で「男の子」「少年」を意味する。「女の子」「少女」の場合は、バンビーナ(Bambina)である。 アメリカ合衆国のプロ野球選手、ベーブ・ルースの愛称。関連項目としてバンビーノの呪い。 バンビ〜ノ! - せきやてつじの料理漫画、及びそれを原作としたテレビドラマ。 バンビーノ (お笑い) - よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪本社所属のお笑いコンビ。 BAMBINO 〜バンビーノ〜 - BREAKERZの曲。シングル「Everlasting Luv/BAMBINO 〜バンビーノ〜」に収録。 バンビーノ・キャット - ネコの種類の一つ。
バンビーノの呪い
『ボストン・レッドソックス』より : ボストン・レッドソックス(英語: Boston Red Sox、略称:BOS)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)アメリカンリーグ東地区所属のプロ野球チーム。本拠地はマサチューセッツ州ボストンにあるフェンウェイ・パーク。 ユニフォームカラーは紺・赤で、ロゴデザインは赤い靴下1足である。ワールドシリーズで8回の優勝、アメリカンリーグで13回の優勝を誇る。典型的なビッグボール派のチームで、伝統的に長打力を前面に押し出した野球を志向する。 ア・リーグ屈指の名門チームだが、ベーブ・ルースに呪いをかけられたようだとして、いつしかベーブ・ルースの愛称「バンビーノ」から「バンビーノの呪い」 (w:Curse of the Bambino) と呼ばれるようになった。86年もの長きに及んだこの「呪い」も2004年のワールドシリーズ制覇により解かれることとなった。2005年シーズン開幕戦、ヤンキースタジアムで「バンビーノの呪いは解けたのではなく、86年に一度しか優勝できなくなるものだ」と皮肉り、ヤンキースファンによって“2004+86=2090”(次の優勝は2090年以後だ)と書かれたプラカードが見受けられた。
バンビーノ (お笑い)
バンビーノは、日本のお笑いコンビ。吉本興業大阪本社(大阪吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属。 2008年3月結成。大阪NSC30期生。よしもと漫才劇場に出演中。 出会いはNSC入学の初日。藤田が石山を見付け、石山のことを「ハンサムだから売れそう」と思って、藤田から誘う形で結成。しかし石山が演技を秒単位で「早い・遅い」と細かく指示するのに藤田が嫌気を差し、結成約半年で解散状態に陥る。コンビを続けて行こうという思いが再燃したのはNSC卒業公演の時で、自信の有ったネタを講師に酷評され、見返してやるという思いからコンビ解散の考えは無くなっていったという。 主にリズムネタを得意としている。キングオブコント2014では決勝に進出。コンビ名の由来はせきやてつじの漫画「バンビ〜ノ!」。 初期のネタに『全日本炊飯器パカパカバトル選手権決勝』、後述の歌と踊りによる狩猟ネタ『ダンシングフィッソン族』が代表的となっている。ネタは主に、石山が体験したこと、夢で見たことがきっかけで出来、石山が描くイメージを膨らませていくという。
バンビーノ!
『バンビ〜ノ!』は、せきやてつじによる日本の料理漫画、またそれを原作とした連続テレビドラマ。『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて、2005年(平成17年)2号から連載を開始し、第1部として2009年(平成21年)13号まで連載された。その後、同年19号から2013年(平成25年)3号まで第2部『バンビ〜ノ!SECONDO』が連載された。単行本は小学館ビッグコミックスから第1部が全15巻、第2部が全13巻で刊行されている。 タイトルの「バンビーノ」は、イタリア語で男の子(単数形)の意味である。 第53回(平成19年度)小学館漫画賞一般向け部門を受賞した。 ストーリー 福岡在住の大学生・伴省吾は、「最高のイタリア料理人になる」と大学を休学して上京。しかし、腕に自信を持っていたものの料理をナメてかかっていたことを思い知らされ、次々と試練が訪れる……。本作品は試練に耐えて成長する料理人・伴省吾とそれを取り巻く人物たちの物語である。 料理漫画としては、戦場のような厨房の忙しさや人間関係の描写が多く、職業人としての伴の成長を重点的に描いている。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)

ブックオフオンライン